あのトランプ大統領がワクチンと自閉症の関係性を指摘している!

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町

工藤さとこです。

 

最近、小さな子供がうつワクチンが

どんどん増えていますね。。。

 

先日フェイスブックで、
「ワクチンは6本同時接種しても大丈夫!」
と推奨しているという投稿を見てビックリしました><

(増えることによって
「本当に良いのだろうか・・・」と、
疑問を持ち始めるお母さんが増えていることもまた事実ですが。)

このブログの読者さんなら、
6本同時接種なんてことはしないと思いますが、

もし家族の反対にあい、
ワクチンをせざるを得ないのなら、

 

なるべくお子さんが大きくなってからすること、
なるべく単体でうつこと、
をおすすめします。

 

そして自分や誰かを責めないこと!

これ、大事!!

 

ところで、
何かと話題のアメリカの新大統領・トランプさんが、
ワクチンと自閉症の関係性について言及してるって、
ご存じですか?

 

 

周りのお子さんが、
ワクチン接種後に、
自閉症になっていくのを見て、
そう感じているそうです。

 

詳しくは岩澤一千乃さんのブログをご覧ください↓

 

日本のマスコミは、
何かと利権が絡んでいるのでしょう。

 

トランプ大統領については
批判的な報道が多いようですが、

私は、「世界がわかっていくかも!」
と期待しています。

 

世界一の大国アメリカの大統領が、
ワクチンについて発言できるとなると、
日本もこういう話題がタブー視されない時代も、
近いのではないかと思うのです。

そもそも豊洲の揮発する有害物質でそんなに騒ぐなら、
体に直接いれるワクチンの方が、
よっぽど取り上げて問題視したほうがいいだろ!

と一人で突っ込んでいます。

 

 

ホメオパシー的にも、
ワクチンをうつことによって、
自閉症や発達障害が起こるということは、
事実として捉えています。

 

なぜなら、
自閉症や発達障害の子供たちに、
ワクチンから作ったレメディーを飲ませていくと、
症状が改善していくからです。

ホメオパシーは“同種療法”です。

 

その症状を引き起こしているものを
レメディーにして体に与えると、

体が、
「あれ!こんな異物、体に入れてるわー!
大変だ―!それ、押し出せー!」
と反応し、

熱や汗や鼻血や湿疹などで、
排泄し始めます。

そうやって、
ワクチンに含まれる水銀やアルミナ、
ホルムアルデヒドなどの有害物質を、
体が排泄していくと、
自閉症や発達障害の子の症状が改善していくのです。

 

お母さんともコミュニケーションを取れなかった子が、
コミュニケーションを取れるようになったり、

 

言葉がなかなか出なかった子が、
少しずつ話せるようになったり、

 

何を考えているのかわからないっといった子が、
感情を表現するようになったり。

 

落ち着きのなかった子が、
教室でちゃんと座っていられたり、
計算ができるようになったり。

 

とっても嬉しいですよね^^

ワクチンと自閉症や発達障害との関係性については、
なぜそのような症状が起きるのか、
どうすれば解決できるのか、
具体的に詳しく書かれている、
メール講座があります。

 

仙台でご活躍の、
三森弥生(みつもりやよい)ホメオパスが配信しています。

 

image

 

今回、内容をリニューアルするのに、
私もお手伝いさせていただきました。

ぜひ読んでみてくださいね!

 

そして周りにお困りの方がいたら、
ぜひ教えてあげてください!!

【今すぐ登録して読みたいという方はこちらからどうぞ】

 

登録は簡単・無料だよ!

メール講座の詳細を知りたいという方は、

こちらをご覧ください↓

 

『発達障害と付き合っていく、ヒントが見つかるメール講座』

 

そしてそして、

・ワクチンの効果はあるの?

・ワクチンってそもそもどういう原理で予防するものなの?

・ワクチンの副作用ってどんなもの?

などワクチンについて知るメール講座は、

私も配信しております!

 

ぜひ合わせてお読みください★↓↓

 

工藤聖子がお届けする↓

『予防接種に疑問を感じる?
ワクチンの効果と副作用を知って決断するための8つのステップ』

 

登録は簡単・無料だよ!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。