「最近何か変わったことはありませんでしたか?」38度後半の熱でダウンしていました

工藤聖子です。

 

何日ぶりだろう・・・

ブログを更新するのは・・・

色々お伝えしたいこともあったのですが、

先週から週末にかけて、

38度後半の熱と頭痛で、
ずーっと寝ていました・・・

 

今もダラダラと微熱と、

超あおっぱなは続いております><

 

 

ホメオパシー的には、
“良かったね!おめでとう!”
と言うべきなんですが、
自分の症状となると辛いですね(汗)

レメディーを取っても取っても、
あまりヒットせず、

 

(いや、レメディーを色々とっていたからこそ、
体からも心からも、
あらゆるものが排泄されたのかもしれませんが。)

熱は全く下がらず、
頭痛で起き上がれず・・・

(何名かの方に、
相談会の延期をお願いしました。
すみませんでした。)

インフルかな?とか、
また副鼻腔炎になっちゃったかな?とか、
色々色々レメディーを取ってみるけど、
何もきかなくて。

だけど、
友人のホメオパスにある指摘を受けて、
感情に目を向け始めてから、
事態は好転していきました。

それは、
感情、とくに“恐怖”の解放です。

 

最近、
なかなか人生で味わうことのない、
ある種の恐怖を感じた出来事があったのですが、

 

昔からのクセで、
「怖いと思ってはいけない。」
「動揺してはいけない。」
「弱くてはいけない。」
と、無意識に恐怖を感じないフリをしていたのです。

だから、
「怖いよ~。怖かったよ~。
怖いと思ってもいいんだよ。
弱くてもいいんだよ。」
自分に話しかけ、

さらに、
まだまだあった悲しみや怒りも、
開放していきました。

それから熱は、
徐々に下がっていきました。

 

よく、ホメオパスとクライアントさんの間でされる、
こんな会話があります。

 

=================

 

クライアント:

「子供の咳が止まらなくて。
レメディーを色々あげたけど、よくなりません。
何か良いレメディーはありますか?」

ホメオパス:

「最近、何か変わったことはありませんでしたか?」

 

クライアント:
「あ、そういえば、
私が子供を強く叱っちゃって、
それから咳が出たかもしれません。」

 

ホメオパス:
「じゃあ、
そのとき言えなかったことが咳になっていますから、
この子がどう感じ、何を言いたかったか、
きいてあげてくださいね。」

 

==================

 

体は本当に正直で、
感じ切れなかった感情を、
如実に体に落とし、
そして症状としてサインを送ったりします。

だから、
咳や熱のレメディーだけとっていても、
きかないことがあるのです。

そんなときは、
「最近、何か変わったことはなかったかな?」

「置き去りにしてきた感情はなかったかな?」

それを考えてみてくださいね。

 

私も今回、
「最近、変わったことはなかったかな?」
を考えることが盲点でした・・・

 

いくらホメオパスといえど、
第3者の客観的な立場から、
意見をもらうってとっても大事ですね~

 

 

3月25日(土)の、
『行って、聞いて、話してスッキリ!
アトピーとホメオパシーがわかる1dayイベント』は、

私を含め、
4名のホメオパスが、
みなさんのお悩みに、
客観的な立場から、
具体的なアドバイスをさせていただきます♪

前回参加された方で、
私のミニコンサルを受けることによって、
自分がどこにつまずき悩んでいたのかが明確になり、
人生での大きな決断をされた方もいらっしゃいます^^

仙台三森(みつもり)ホメオパスの、
『初めてのホメオパシー』と

私の
『アトピーはどうすればよくなるの?』
のミニセミナーもあります!

この内容で、
この価格は、
はっきり言ってメチャクチャお得ですよん!

 

image

(↑前回の様子)

今日メルマガからの優先予約の受付を開始していて、
ブログからの受付は来週7日より行います。

お申し込み、お待ちしています♡

 

 

【3月25日のイベントの詳細はこちら】

 

 

【第1回開催の写真と感想はこちら】

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。