私が初めてコングレスで発表した経緯

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・船橋海神

オメオパティアの工藤聖子です。

 

私は2年前、

所属する日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)が、

毎年行っている、

 

学術大会・コングレスで、

あるケースを壇上発表する機会をいただきました。

 

発表したケースは、

学生時代にとったものです。

 

この発表はホメオパスや学生でも、

誰でもケース(演題)を応募することができ、

審査を通過すると、

壇上で発表する機会を与えられるのです。

 

今日はちょっとその経緯について、

書こうかなと思います。

 

ちょうど2年ほど前。

 

寅子先生の講演会か、

ホメオパス向けの強化学習か、

何かに参加した際、

 

菅野事務局長が、

最後のお知らせで、

 

「コングレスの学術発表の締め切りは、

一応過ぎているのですが、

まだ受付けています。

 

今日タイトルだけでも提出していただいて、

中身は後から送ってもらってもいいので、

ぜひみなさん提出してください。」

 

というアナウンスがありました。

 

私は、

 

「あ、ケースが足りないんだな~

ポスター発表でも、

ひとつでも多くのケースがあったほうが、

いいよな。」と思い、

 

その場で、

申し込み用紙に、

「難治性疾患である、

掌蹠膿疱症が1年で改善したケース」

と書き、

 

卒業時に提出したケースを、

少し手直しして、

後日メールの添付で送りました。

 

本当に軽い気持ちで・・・

 

 

それから数週間経ったある日。

 

コングレス事務局(由利先生)から、

「壇上でケースを発表してください」

とお電話をいただきました。

 

もうね、本当にビックリしました!

 

だって、

壇上発表なんて、

◯◯先生や◯◯先生がするもので、

 

私のような卒業したてのホメオパスが、

そんな機会をいただけるなんて、

思ってもみなかったのだから。

 

それからはもう大変でした。

 

毎日毎日興奮して眠れなくて(笑)

 

途中から、

「あ、これインチャが騒いでるんだな。

インチャ癒やししなきゃ!」

と思って、

 

原稿放り投げて、

インチャに向き合ったり><

 

↑ 2年前のコングレスの様子

 

 

でもね、

結果的に2年前のコングレスでの発表は、

今の私のお仕事に多大な貢献をしてくれていると、

日々実感しています。

 

んで、何が言いたいのかと言うと、

 

ケース提出の一次締め切りは過ぎているけど、

今ならまだ間に合うそうです!

 

ホメオパシーのために、

JPHMAのために、

そして何より自分自身のために、

ケース提出するといいと思うよ~

 

学生さんでも誰でも、

チャンスは無限にあるのですよ!

 

これ、学術演題申込要領です

 

 

え?

 

提出するケースがない!?

 

それなら、こちらの勉強会に出て、

 

クライアントさんをどんどん見て、

 

来年のコングレスに備えましょう^^

 

 

つまりは宣伝でした(笑)

でももう一度書きますが、

私がコングレスで発表したのは、
学生の時のケースです。
 
学生の時から活動しておくと、
ホメオパスになった時、
全然違いますよ!
 
学生さんもお待ちしています^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

オメオパティアの最新情報!

9月20日(日) 大阪
『さまざまな症例からみる
アトピーとココロ』

10月31日11月1日(土・日) 東京・赤坂
おくけいこホメオパス『キッズキットセミナー

 

大好評配信中!無料のメールセミナー

 

オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

【ホメオパシーでの改善例 】

【メニュー一覧】

【アクセス】

お問合せ・お申込はこちらをクリック

~オーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ ★

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。