「ホメオパシックドクターになったの!?おめでとう!」

ハワイ滞在2日目のこと。

1日目に空港に迎えに来てくれた、
お友達・ジーノ君が、
2日目はホールフーズという、
オーガニックスーパーに連れて行ってくれました。

先日も書いたけど、
そのホールフーズには、
ホメオパシーコーナーがあって、
レメディーがたくさん置いてあります。

「私、レメディーが見たいの。
ホメオパスになったから。」
と伝えると、

ジーノに、
「え?
ホメオパシックドクターになったの?
すごい!おめでとう!
早く教えてほしかったー。」

と言われました。

「あ、そうか。海外ではこういう反応なんだ。」

と心底思った私。

日本ではまずホメオパシーを誰も知らない。
ほとんどの人は「怪しい」と思っている状況の中、

たくさんの時間と投資をして取得した
“ホメオパス”という職業に、
自信も誇りも持てない、

ましてホメオパスであることを、
人前では言えないという人が多いのです。

そして私もそういう気持ちが、
どこかにあるんだな。

「おめでとう!」
「早く言ってほしかった!」

そんなふうに言ってもらえるなんて、
そして“ドクター”という認識があるなんて、
想像もしていませんでした。

ちなみにジーノは、

「西洋医学は、応急処置は得意だけど、
東洋医学は根本的解決にアプローチするよね。」

とサラっと言ってました。

そっか、そんな認識もあるんだな~!

西洋医学一辺倒の日本で、
ホメオパスはとっても肩身が狭いけど、

でも、それでも、
ホメオパスという仕事に誇りをもって、
仕事をしていっていいんだ!

と思えたのでした。

ありがとう、ジーノ!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。