菊田先生マテリアメディカの授業で紹介していただきました

日本ホメオパシーセンター船橋海神

オメオパティアの

工藤聖子です。

 

本日,2014年7月6日(日),

CHhom(ホメオパシーの学校・私の母校)にて,

1,2,3年生向けの菊田先生のマテリアメディカ(レメディーが起こす症状について)の授業が,

行われました。

その授業の中のラストックス(レメディー)のパートで,

私が昨年コングレスで発表した,

『難治性疾患である掌蹠膿疱症が1年で改善したケース』
を,

ラストックスが有効だったケースとして,紹介してくださいました。

 

ケースに合わせ,4年間で学んだ経験についてまとめたスピーチ部分も,

菊田先生が読み上げてくださったようです。

発表後,一番最初に「すごく良かった!感動して泣いた!」と声をかけてくれたのが,

菊田先生でした^^

これは私が学生のときにとったケースです。

なんの医学的知識もなかった私でも,

ホメオパシーと3次元処方を用いて,

このように難しい病気に挑むことができました。

私の発表が,今ホメオパシーを勉強中の学生のみなさんの,

なんらかの励みになれば,嬉しい限りです。

コングレスの様子はこちら

最後のスピーチ部分はこちらに掲載しています☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。