楽しみにしていたお誕生日のお祝いで、私の笑顔が引きつっている理由。

 

工藤聖子(さとこ)です。

今週末、
40才になった私のために、
母がご飯を奢ってくれるというので、
家族でお祝いのランチをしました。

前回の記事はこちら
『40才になりました♡』

(これまで年齢を書いてこなかったから、
「え?まだ40才なの??」
と反応が多かった。。。笑)

 

お祝いには、
お気に入りのレストランまで、
2時間かけて車で行って、

私はそこで、
家族の記念写真を撮ることが、
めっちゃ楽しみだったのに、

実際は、
私の顔が、めっちゃ引きつっています↓

なぜでしょう??

 

 

私のお誕生日のお祝いであることが、
お店の人にきちんと伝わらず、
なんと、母の誕生日だと思って、
母が頼んだデザートに、

「ママ、おめでとう!!」

とメッセージが書かれて、
運ばれてきてしまったのです。

 

がーーーーん!!!

 

↓拡大写真

見える??

 

ほんとはね、ほんとはね、
私が頼んだデザートは、
イチゴが乗った、
可愛いピンクのマカロンのデザートなの。

 

そこに、
「おめでとう!」
って書いたものを、
食べることを、
とってもとっても楽しみにしてたの。

それなのに。
それなのに。

なんで、
茶色いキャロットケーキに、
おめでとうなのーーー!?

母の誕生日じゃないから〜!!!

 

↓更に拡大

 

どおりで、
夫がお店の人に、
「ママ、おめでとう!」
って書いてください、
って言ったら、

「???
“まま”は、
カタカナでいいですか???」

と腑に落ちない様子で、
質問をされたわけだ。。。

 

 

ここでね、
私が一番最初に湧いてきた感情は、
夫への怒り。

私が前日お店に予約の電話をして、
お誕生日のお祝いであることは伝えたんだけど、
プレートに書くメッセージまで、
私が言うのもなんだなと思い、
お店に行ってから、
メッセージは伝えると言ってあったんです。

(この時点で、お店の人、
私の誕生日ではないと思ってるよね。)

 

そのことは、夫にも話してあった。

 

だからね、
夫には気を遣って、
お店の人に、
メッセージをささっと伝えてほしかった。

 

だけど、うちの夫、
そういうこと、
まーったく気が利かないので、
何も動いてくれなかった。

それが結果的に、
母が注文したキャロットケーキに、
「ママ、おめでとう!」
になっちゃった。

しかも、
お店の人が気づいて、
「すみません。
作り直しますね。」
と言ってくれたのに、

夫が真っ先に、
「いえ、大丈夫です!」
って言っちゃったんです。

「お店の人に悪い。」
と思ったって。

 

「大丈夫じゃねーよ!
せっかく楽しみにしてたのに、
そこはやってもらってよ!!」

と更に怒りがフツフツ。

そんな気持ちが渦巻いて、
デザートが運ばれてきた直後の撮影だったので、
この引きつった笑顔となったわけです。

 

でね。

昔の私だったら、

「私の誕生日をきちんと祝ってくれなかった!」

「気を遣って、
予めメッセージをお店の人に伝えてほしかった!」

「お店の人のやり直しますか?にも、
はいお願いします!
って言ってほしかった!」

って、
夫を責めて、
ずーっとプリプリ怒っていたと思うんです。

 

だけど、
ふてくされながら、
デザートを食べてるうちに、
心の整理ができました。

 

みんな、
私の誕生日を祝わない、
って言ってるわけじゃない。

母だって、
こうしてランチを奢ってくれてるし、

夫だって、
遠くまで車を運転して、
ここまで連れてきてくれてる。

 

愛は確かにここにある。

 

たまたま、
ハプニングが起きて、
“私の思い描く通り”
にならなかっただけ。

 

夫が悪いんではなくて、
(気は効かないけど・・・笑)

夫を責めてるんじゃなくて、

単純に、
悲しかった。

本当に、
悲しくて、
ピンクのデザートが食べられなくて、
ションボリ
しちゃった。

誰が悪いわけでもない。

 

こうやって、
すぐに気持ちの整理ができて、
自分の「悲しかった」という気持ちも、
大事にできたので、

「ごめんね、ごめんね。」
「ママ、めっちゃ怒ってる・・・」
という夫に、

「怒ってるんじゃないの。
パパが悪いって、
責めてるわけでもないの。
ただ、悲しかっただけ。」

そう伝えることができました。

しょげてる私を見て、
息子が、
「ママ、ドンマイ。
今日、俺のお尻30分触らせてあげるよ。」
と言ってくれたしね(笑)

 

こんな風に、
何か思う通りに行かないことが起きた時、
今までだったら、
その結果と、
自分の想いと、
夫の行動を結びつけて、
夫を怒っていたよね。

「あなたのせいでこうなった!」
と。

思い通りにいかない=夫のせい=怒り

という構図。

“悲しい”はすっ飛ばす。

でも今は、
思い通りにいかない=悲しい
というシンプルな構図。

だから、
誰かのせいにしたり、
余計に腹が立ったり、
いつまでも根に持つこともない。

もしここで、
「大丈夫!
気にしてないから!
お祝いしてくれてありがとう!」
とやったとしても、

「悲しい」という気持ちを、
しっかり感じていないから、
それは未解決の感情=インナーチャイルド、
となったはず。

 

そうすると、
何かのきっかけで、
「あの時祝ってくれなかったでしょー!」
って思い出したりするよね。

言われた方は、
「え?何年前の話???」
って感じです。

 

だけど、
インナーチャイルド癒しを、
しっかり続けてきた40才の私は、
母や夫の愛はしっかり受け取ることができるし、

想い通りにならなかった結果に対しては、
「悲しかった」という自分の想いを、
大事にすることができました。

 

成長したな、と思います。

(いや、以前が、
かなり子どもだった。。。)

 

でもね。

ちゃんと愛されているのに、
ちゃんと大事にされているのに、
「私の思い通りの愛を与えてくれない!」
「私は大事にされなかった!」
と怒っている人、
結構いますからね。

自分では、
サラサラ気づいてないけど。

お気をつけください!

 

先日、クライアントさんが、

「夫も、息子も、
自分たちのやりたい放題、
自由に生きてるんです。

だから、私、
あなたたちはダメだと、
怒って、責めてしまうんです。

だけど、本当は、
私も自由に生きたい!
羨ましい!と、
思ってるんです。」

と教えてくれました。

 

偉いですよね。
自分の本当の気持ちに気づいてる。

「私は本当は羨ましい!」
と思っているって、
なかなか気づけないものです。

旦那さんに、
「なんでそんなに怒ってるの?」って聞かれたら、
「羨ましいから!」
って伝えられたら、
関係もこじれないですよね。

「あなたが悪いからだよ!」
「あなたが間違っているんだよ!」じゃ、
夫婦仲もうまくいかない。

 

 

ついでにね。

ホメオパシーのことを、
やたらと批判してくるお医者さんとかいますが、
自分の本音に気づけたらいいですよね。

「みんな、ホメオパシーの方がいいって言わないで!
ホメオパシー使わないで!
薬の方がいいって言ってよ!
俺、一生懸命頑張ってるんだから!」

って。

心が揺れ動いて、
誰かや何かを批判したくなるその背景には、
必ずインチャがありますからね。

 

そうしたら私は、
「大丈夫だよ。
ホメオパシーにも良いところがあるけど、
薬にも良いところがあるよ。
お薬も大事だよ。
人の命を救えるのは、
やっぱり西洋医学だよ。
毎日頑張ってくれてありがとう!
あなたたちのおかげで今の幸せがあるよ。」
って伝えたい。

 

相手をけなしたり、
こっちが正しいと、
主張する必要なんてない。

どっちも素晴らしいんだから。

 

インナーチャイルドを癒して、
霊性を上げていくと、
物事を見る視点が上がっていくので、

自分の本当の気持ちに気がついて、
その気持ちを大事にすることが、
できるようになります。

相手の思いも、
受け止められるようになる。

そうすると、
やたらと誰かを責めなくても良くなるし、
家族や職場の人間関係も、
うまくいくようになりますよね。

 

とっても大事でしょ??

インナーチャイルドについては、
4月にオンラインの講座が決まりました!

今回はインナーチャイルドに特化した、
お話をします。

最近、
「インチャをしっかりやりたい。」
「私の症状はインチャが関係しているんじゃないか?」
とおっしゃる方が増えてきました。

そんな風に思ってる方には、
ぜひ参加してくださいね。

4月24日@オンライン
『ママと子どものための初めてのインナーチャイルドお話会』

募集も始まっています!

お申し込みお待ちしています!

オンラインだとこんな感じ↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。