「子どもが学校に行きません・・・」上手くいかないことほど、学ぶことが多い。

 

工藤聖子(さとこ)です。

 

今朝、目が覚めた途端、
この言葉が浮かんだので、
自分の記録用にも、
ここに書いておきたいと思います。

 

「上手くいかないことほど、
学ぶことが多い」

 

これって、
その通りだと思うんですよね。

体がピンピン動いていて、
健康になんの心配もない時よりも、

病気になった時の方が、
自分の体に向き合ったり、
これまでの生き方を見直したりして、
学ぶことはとても多いです。

 

子供が学校が好きで、
なんの問題もなく、
元気に通ってくれる時より、

学校が嫌で、
行きたくなーい!!
と不登校になる方が、

よっぽど親は子供に向き合うし、
その子供をありのままで受け入れる必要があるし、
そこには、たくさん学びが詰まっていると思います。

 

だから、
そうやって悩んでいる方の、
サポートができる私の仕事は、
とてもやりがいがあるし、

そうやって問題に真剣に向き合っているクライアントさんが、
私はとても好きです♡

 

 

 

私も、
子育てがうまくできなかったから、
その中で学んだことが多いし、

夫婦仲も全然うまくできなかったから、
その中で学んで、
今は家族仲良しです。

 

元々、“できる”方ではないから、
ものすごく遠回りして、
紆余曲折を経て、
ようやく学んぶタイプなんですよね。

 

 

ここ、1、2年は、
仕事で上手くいかないことが多いですが、

トントンとうまくいって、
調子に乗ってた頃の私よりは、
今の私の方が、
まだいくらかマシだと思います(笑)

 

 

今、日本のホメオパシーは、
どんどんと進化を遂げて、
『ZENホメオパシー』として、
世界の注目を集めていますが、

それも、
レメディーで6割の人が治っても、
4割の人が治らなかったから、

食べ物や身の回りのものを、
自然なものに変えようと、
農業もやるようになったし、

それでも、
まだ2割の人が治らないから、
インナーチャイルドを癒さなきゃとなったし、

それでもまだ、
1割の人を救うことができないから、
信仰心の大事さを伝えるようになった。

常に、
「上手くいかない」ところに焦点を当ててきたからこそ、
発展したのが今の『ZENホメオパシー』だと思います。

 

(まあ、そうやって、
進化を遂げるたびに、
残念ながら離れていく人も、
たくさんいるんだけど。。。)

 

 

 

上手くいかないとさ、
もう嫌になって、
誰かのせいにしたり、
途中で投げ出しなくなったりしますよね??

 

だけど、
その”上手くいかない時”こそ、
とても大事な時なんだなーと、

降りてきた言葉から、
自分に言い聞かせた今朝でした。

 

(目覚めに、
言葉が降ってくることがある・笑)

 

何かことを上手く運ぶよりも、
上手くいかない中で学ぶことの方が、
人生においては大事なのかもしれません。

 

 

「うまくいかないこと」に焦点を当てて、
進化を遂げたZENホメオパシーを、
体感できる学術大会が、
12月20日、21日に、
東京世田谷であります。

 

どうぞご参加くださいね。

『オメオパティア』で、
お得なチケット販売してます↓

【詳細・申し込みはこちら】

 

としっかり宣伝に持っていく、
工藤でした^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京千駄ヶ谷・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。