今、イタリア語を再び勉強しています!

工藤聖子(さとこ)です。
今、私は、
イタリア語の再勉強をしています。

私は21歳の時に、
イタリアのローマに語学留学していました。

そして、大学卒業後は、
地元・札幌でイタリア語教室を開いていて、
自分で言うのもなんですが、
かなり話せたんですよねー(笑)
↓留学時代の写真みっけた。
頭がプリン・・・
image

でも、ここ12年ほど、
イタリア語を話す機会がほとんどなくて、
忘れてしまいました。

イタリア語には、
いわゆる、“敬語”と“タメグチ”があります。
英語と違うところですね。
私は、“タメグチ”は得意なんですが、
“敬語”の使い方、
フォーマルな場面でのイタリア語には、
慣れていないんです。。。
↓夏にはよく友達と海に行っていました。
image
そして、
仕事の場面では、
当然、イタリア語の敬語が必要とされます。
そのイタリア語の敬語を学ぶため、
イタリア人の先生に、
個人レッスンを受けているのです。

もちろん、本やネットで、
イタリア語の敬語を学ぶことはできます。

しかし!!

実際にイタリア人から習ってみると、
やっぱり断然違います!!

私がイタリア語を使いたい、
実際のシチュエーションに合わせて、

「この場面ではこう言うといいよ。」

「この場面でその表現はおかしいよ。」

「待って!
こんなシチュエーションも考えられるよね。」

「ここに手振り身振りをつけるといいね。」

と教えてくれます。

実際の場面を想定して、
さらに私自身が使える言葉に置き換えて、
イタリア語を教わる事は、

とても役立ちます。

本当に、イタリア人の先生から直接、
イタリア語を学んぶことを選んで良かった!
と心から思っています。

image

これは、
ホメオパシーでも同じことですね。

本やネットには、
ホメオパシーのレメディーに関する情報は、

溢れています。

いつでも、どこでも、
レメディーの情報は、
簡単に手に入れることができる時代です。

しかし、
実際に何か症状が起きた時、
トラブルがあった時に、
レメディーを使うのは、
多くの人が感じるように、
難しいのです。

それは、
ホメオパシーの理論や、
レメディの特徴、
症状別のレメディーの使い方という、
“一般な情報”を、

自分自身の状況に合わせて、
“自分自身の情報”に置き替えなければ、
レメディーは働いてくれないからですね。

だからこそ、
ホメオパシーのセルフケアを身につけたいときは、
ホメオパスに直接質問しながら、
自分自身の情報に置きかえてもらって、
実際にアドバイスを受けながら、
レメディーの使い方を覚えて欲しいのです。

現在募集中の、
フルサポート講座のFacebookのコミュニティーでは、
それが可能になります!

それは、
ホメオパスなどスタッフたちが、
受講者さんの症状のみならず、
状況、環境、生きてきた歴史を総合的に判断して、
アドバイスするからなんです。

Facebookのコミュニティーは、
少数の方だけに対応するよう、
人数を限定しています。

そうすることによって、
参加者さんの情報をこまめに拾い、
担当のホメオパスたちで共有することで、
お一人お一人に合った、
1番良いホメオパシー的対処法を、
お伝えしていきますよ!

ほんと、
これまで開催してきた講座の、
コミュニティーを見ていても、
ホメオパスたちの対応は、

『神業だな』

と思います!!

受講者さんの満足度が、
とても高いです!!


↑コミュニティーを担当する田中ホメオパス
まあ、
クックパッドを見ながら、
料理を作るのと、

プロから、
料理を教わるのとでは、

料理の腕は、
断然違うものとなるでしょ?

それと同じことですね~

ネットで情報を拾って、
レメディーを選ぶのと、

ホメオパスに質問しながら、
レメディーを選ぶのとは、
ヤッパリ全然違いますよ!!!

ところで・・・

私はなぜ今、
イタリア語を勉強しているのでしょう??

長くなったので、
続きはこちらの記事で↓
『自宅にいながらゼロから学べる
元気もHappyも手に入れる!
ホメオパシー・フルサポート講座』
講座の申し込み締め切りは、
7月12日(木)までです。

Paypalというシステムを使った、
クレジットカード払いもできます!

『自宅にいながらゼロから学べる

元気もHappyも手に入れる!

ホメオパシー・フルサポート講座』

image

【詳細はこちらをクリック】

受講者さんの感想は、
こちらをご覧ください!

 


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。