3年かけて重度のアトピー性皮膚炎を克服したSちゃん、相談会を卒業しました!

工藤聖子(さとこ)です。

 

今日は、
3年かけて重度のアトピー性皮膚炎を、
克服したSちゃんのケースを、
ご紹介したいと思います。

Sちゃんのことは、
昨年の1月に発売された、
私の著書、

『すべてのアトピーチャイルドの輝(ひかり)』の、
第3章でもご紹介させていただいています。

1歳だったSちゃんとお母さんのEさんが、
初めて私の健康相談会を受けに来てくださったのは、
2015年6月。

今から3年前のことです。

お母さん自身が、
アトピーを経験されていて、
もう重々、

「ステロイドは症状を抑えているにすぎず、
根本的に治してはいない!」

と感じていらっしゃいました。

なので、
好転反応もよく理解され、
健康相談会をスタートされました。

始めの頃の湿疹は、
腕や足のみでしたが、

レメディーを取りはじめると、
案の定、湿疹はより一層出始め、
顔にも出てきました。

当時の写真です↓

一時は、
相談会の用のレメディー・シイピアを、
一口とっただけで、

痒みで夜中中泣き叫び、
Sちゃんもお母さんも、
一睡もできない、
ということもありました。

Eさん、
本当に大変でしたね。

その好転反応を乗り越えて、
1年2か月後には、
まず顔がきれいになります。

 

アトピーなど、
皮膚症状の治癒の方向性のひとつが、
『上から下へ』です。

特にお子さんは、
顔、腕、足と、
上から下に症状が、
改善していきます。

この頃、
体が小さかったSちゃんは、
体が一段と大きくなり、

さらに、
なかなか伸びなかった髪が、
一気に伸びるようになって、
すっかり女の子らしくなりました。

さらに、
言葉も増え、
おしゃべりが上手になりました。

これまでは、
Sちゃんのエネルギーは、
湿疹を治す方向に動いていて、

成長には、
エネルギーを使う余裕がなかったのですが、

湿疹が一段落ついたことで、
体、髪、言葉の成長に、
エネルギーを使えるようになったのですね。

しかし、
顔はきれいになったものの、
足の湿疹がきれいになるまでには、
かなりの時間がかかりました。

image

足からは膿がでるため、
常にガーゼを巻いて、
保護していました。

image

{D71050CA-72CE-4860-A543-856777C8ECEC}

 

 

こうしないと、
服が張り付いて、
脱ぐ時にとても痛いのです。

それでも、
Sちゃんのお母さんは、
根気強く、
Sちゃんの“痒い”に寄り添い、

夜も寝ずに、
「掻いて!」に、
付き合ってあげました。

そして、
2018年3月。

アトピーを克服したSちゃんは、
他県への引っ越しもあり、
相談会を卒業することになりました。

{F4E90FE8-C279-4ADA-A4FC-C0B46197242F}

 

 

 

お顔も、
足も、
とてもきれいなお肌になりました^^

Sちゃん、Eさん、
本当におめでとうございます!!

実はSちゃんのアトピーの改善は、
長く時間がかかった方です。

私はアトピーのお子さんを、
何人もみてきましたが、

それらの子をみていると、
お母さん、お父さんが、
薬をどれだけ使ってきたか?
が好転反応の長さや程度に、
大きく影響しているように思います。

親が薬をとってきた分、
その負荷がお子さんにいっていて、
お子さんの好転反応が、
大きく、長くなるのです。

しかし、
お母さん自身が、
アトピーを患い、
ステロイドを使った経験があったからこそ、

3年の好転反応という、
長い月日を、
乗り越えてこれたのだと思います。

ホメオパシーを正しく理解し、
好転反応があることを受け止めていても、

実際に好転反応があると、
「やっぱり、辛そうな子供をみていられない・・・」
と途中でやめてしまう方も、
少なからずいます。

痒みで眠れない日が続くし、
家族が理解してくれない場合、
それも仕方のないことです。

また、心の準備、
環境が整えば、
ぜひTRYしてみてください。

 

 

 

しかし、
Sちゃんのお母さんは、
並々ならぬ、
強い意志と忍耐強さをお持ちでした。

それは、
母親に厳しく育てられたため、
お母さん自身のインナーチャイルドが、
手伝ってくれたことはとても大きかったです。

母親からの厳しい教育があったからこそ、
強い意志と忍耐力を培ってこれたのです。

このEさんのインナーチャイルドが、
Sちゃんの好転反応を乗り越えることを
大いに手伝ってくれました。

だからね、
母親の厳しい教育も、
Eさんの人生には、
大切な要素だったし、

お母さんのアトピーの経験も、
「決して薬では治らない」
という確信を与えてくれる経験だったし、

Sちゃんの好転反応も、
母子の絆を強くし、
「Sちゃんには、
自分で治す力があるんだ!」
そう信じることができる、
大切な過程でした。

こう考えると、
人生のどんなマイナスと思える出来事も、
すべて必要だったし、

無駄なことなど、
なにひとつないとわかりますよね。

 

そしてお母さんのEさんが、
Sちゃんと一緒に相談会にかかってくれたことが、
Sちゃんの改善に大きく影響していました。

皮膚は、
体を保護するものであり、
子供を保護するのは、
お母さん。

お母さん自身が変わらなければ、
お子さんの皮膚も改善していかないのです。

今回、
ケースを紹介させてほしいと、
Sちゃんのお母さんにお伝えしたとき、
お母さんは、
すぐにこう答えてくれました。

「好転反応がひどかったとき、
何度もくじけそうになりました。

だけど、私たちの経験が、
いつかきっと、
誰かの役に立つんだ!

そう信じて、
乗り越えてきました。」

そう、快諾してくださいました。

本当にありがとうございます!

SちゃんとEさんの、
これまでの経験に、
勇気づけられる方も、
多いはずです!!

私の経験からも、
クライアントさんをみていても、

・ステロイドは、
湿疹を抑えているにすぎない。

・湿疹は出しきったときに治る。

ということは、
私は真実だと思っています。

しかし、
それは一般の病院での基本方針ではないし、

湿疹を出しっぱなしにしていると、
お医者さんに怒られてしまうし、

家族や周囲からも、
ひどく批判されることもあるでしょう。

でも、
繰り返しステロイド塗っても、
よくならないとわかってきたなら、

ひどくなる一方の、
アトピーで悩んでいるなら、

一縷の望みをもって、
ぜひ私たちホメオパスに、
ご相談いただければと思っています。

私たちホメオパスも、

そして、
SちゃんとEさんのように、
お子さんのアトピーを乗り越えてきた、

うちのクライアントさんたちも、
み~んな応援していますよ♪

田中ホメオパスの健康相談会は、
大変ご好評いただいており、
4月は残り枠がわずかです。

5月の空き枠も、
UPしていますので、
この機会にぜひお申込みくださいね。

【ホメオパシー健康相談会】

 

【4月・5月の空き状況】

Sちゃんのみならず、
たくさんのアトピーや、
湿疹の改善ケースを写真とともに、
紹介している私の著書、

『すべてのアトピーチャイルドの輝』(展望社)

には、

私の幼い頃からの、
アトピーや鼻炎が、
どのように治っていったのかも、
詳しく書いています。
ぜひお読みください!

 

【再販中!工藤初著書『すべてのアトピーチャイルドの輝』】

 

 

こちらは無料のメールセミナーです↓

3700名以上の方にご登録いただいています!

 

『ステロイドを減らしたい!
アトピー肌の原因と対策がわかる7つのお話』

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。