おばあちゃんの膝に針が刺さり足が悪くなってしまったのは、私のせいだと思っていました。

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町
工藤聖子です。

私はこの1か月の間に、
沖縄→札幌→鳥取→札幌と移動続きだったのですが、

その移動のうち、
一回の札幌行きは、
私の最愛の祖母の一周忌で、
地元の札幌に帰っていました。

生後すぐに働いた母に変わって、
私を我が子のように育ててくれたおばあちゃん。

 

(多分札幌・ひのまる公園で遊んでいる5歳くらいの私↓)

{4A81A4F4-D7C8-4B88-BD12-6734202F0BE9:01}

産湯につけ、
ミルクをあげ、
寝かしつけ、
毎晩の食事を作り、

少し大きくなると、
私はおばあちゃんちに毎週末泊まりに行き、
多くの時間を一緒に過ごし、

嫁入り前は、
お料理を教えてくれた、
私の最愛のおばあちゃんは、

昨年の4月に末期ガンで亡くなった父が、
母であるおばあちゃんを迎えに来たようで、
その3か月後の7月に94歳で亡くなりました。

 

本当に暖かくて優しくて、

大好きなおばあちゃんでした♪

 

image

そのおばあちゃん、
実は足が悪くて、

「おばあちゃんは、
内臓はしっかりしていて、
どこも悪いところはないんだよ。
足だけが悪いの。」

といつも言っていました。

そのおばあちゃんの足が悪くなったきっかけは、
針が膝に刺さり、針の先が折れて、
膝に入ってしまったことなんです。

私がまだ赤ちゃんの頃、
おばあちゃんは私をソファに寝せて、
その場で趣味の刺繍をしていました。

そして、そのやりかけの刺繍をソファの下に置き、
少しの間キッチンで洗いものをしていたそうです。

そのとき。

赤ちゃんだった私がソファーから落ちそうになり、
おばあちゃんは慌てて、
私のところに駆けつけたとき、

その刺繍の針が、
膝に刺さり、
その先が折れて、
膝の中に入ってしまったのです。

おばあちゃんは手術を受け、
針の先は取ったものの、
そこから足が悪くなってしまいました。

 

 

 

(おそらくこれくらい小さかったときではないかな?実際の私ね。)

{3C83CAD5-2893-4352-8D3E-305014CA1BD4:01}

 

その話を、
私が何歳のときに聞いたのかは覚えていませんが、

「おばあちゃんの足が悪くなったのは、
私のせいなんだ。」

と私は長く罪悪感を抱えていました。

そしてとうとう、
おばあちゃんが生きている間には、
そのことを口に出すことはできませんでした。

しかし、
おばあちゃんが亡くなったあと、
私はひとつ気が付いたことがありました。

それは、
もし、あのとき。

おばあちゃんが私を助けることができなくて、
私がソファーから落ちて、
小さい私の身体に針が刺さって、
なにか大きな問題になっていたら・・・

おばあちゃんは、
どれだけ自分を責めたでしょう・・・

「私が預かった、
小さな孫に、
私が傷を負わせてしまった・・・」

そう激しく後悔し、
自分を責めたはずです。

人は自分を責めて責めて責め抜いたとき、
病気になってしまいます。

この事件は、
私とおばあちゃんを強い絆でつなぐための、
なんらかのお知らせであり、

針が刺さったのは、
私ではなくて良かったのではないか?

そう思えるようになり、
長く抱えた私の罪悪感は、
ようやく手放すことができました。

私とおばあちゃんは、
3月5日と、
誕生日も一緒だったしね。

 

 

 

 

(↓このソファーから落ちそうになったのだと思います。

むかしっから絵は下手だね笑)

{61F4B0FF-B22C-4CF8-B968-321912B54D42:01}

クライアントさんの話をきいていても、
「私がああしなかったから・・・」
「私があのときああしていたら・・・」

と誰かの死や病気を、
自分のせいにしている方はとても多いです。

私のこの経験と気づきが、
そういう人の感情の解放につながればいいなと思って、
今回お伝えしました。

そしてもうひとつ。

おばあちゃんは、
老後の楽しみをさておいて、
私の面倒をみてくれました。

祖父が退職し、
「ようやくこれから自分の時間ができる!」
というときに、
私の面倒をみることになったのだそうです。

だから私は、
「おばあちゃんに、
たくさんお世話してもらったから、
恩返ししなくてはいけない!」

そう強い責任感というか、
負い目を感じていました。

だけど、
これも、
おばあちゃんが亡くなったあとに、
気が付いたのですが、

おばあちゃんは、
私の面倒をみてくれたけど、

おばあちゃんは、
私を育てることで、
私から喜びを得ていたのだと。

私はいつも、
「おばあちゃんに恩返しをしなくてはいけない。」
と思っていたけれど、

私は私で存在していただけで、
おばあちゃんに喜びを与えていたんだなと、
わかったわけです。

私は私のまま、
存在すれば良かったんです^^

多くの人が、
「頑張らなければ私はダメ。」
「親を助けてあげられなければ、私はダメ。」
と自分を責めています。

しかし、
あなたが存在するだけで、
あなたが生きているだけで、
必ず誰かに喜びを与えているんですよね^^

多くのお母さんは、
「私はダメなお母さん・・・」
「私は子供に怒ってばかり・・・」と、
自分を責めているけれど、

お子さんにとっては、
お母さんがいてくれるだけで、
喜びなんですよ!

私が、
このように、
おばあちゃんに対して、

「刺繍針の事件も、あれで良かったんだ。」

「私は存在するだけで
おばあちゃんに喜びを与えていたんだ。」

そう思えるようになったのは、
やっぱりインナーチャイルド癒しをして、

自分自身をまるごと認め、
受け入れ、
愛せるように、
少しずつ変わってきたからだと思います^^

自分自身を今のままでまるごと認め、信頼し、
いかに愛せるようになるか?
それがインナーチャイルド癒しの目的ですからね♪

何度かご案内しているように、
夏休み応援企画として、

子育てが楽になる秘訣と、
インナーチャイルド癒しの実践方法をお伝えする、
30日間メール講座を、

20日(木)の20時、
ブログより一般募集します!

(メルマガからの先行募集は、
すでに始まっています!)

先着10名様のみ、
講座終了後に、
私が質問やお悩みに直接お答えするので、
ぜひお早目にお申込みください♪

【講座の詳細はこちらからどうぞ】

この講座を読む前に、
まだの方は、
こちらの無料のインチャのメールセミナーを、
読んでおいてね^^

『子育てが少ーし楽になる10のお話』

※登録は簡単・無料だよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。