また今朝のあさいちより、いい母プレッシャーに共感しました

オメオパティアの工藤聖子です。

また『あさいち』見ました。
しかも最後まで。

提出・依頼・セミナーを終え、
少し余裕があったのでね^^

今日のテーマは、
『いい母プレッシャー』

多くの女性が、
自分がなりたい「いい母」の理想像を掲げ、
実際の自分とのギャップに、
悩んでいる。

そして、
旦那さん、
お母さん、
お義母さん、
社会、
と周りの目や言葉が気になり、
プレッシャーになっているということ。

私、まさにコレだったので、
とても共感しましたです。はい。

もうね、
完璧なお母さんを、
目指していたのですよ。

自宅出産して、
母乳で育てて、
布オムツで育てて、
おやつは手作りして、
添加物は避け、

怒らないで、
寛容で、
いつも笑顔で、
暖かいお母さん

を目標にして、

すごく周りの目が気になって、
いい母親を演じてみたり、

いい母親になりきれなくて、
苦しくて苦しくて、
イライラして。。。

ときどきプチンと糸が切れて、
息子を叩いたり、
怒鳴り散らしたり、
冷たい目で睨みつけたり、

そりゃあもう、
とんでもない母でしたよ><

でもでも、
あるとき、
気付いたんです。

私が求めているものは、
“周りからの評価”だと。

夫や家族や友人や近所の人から、
「いいお母さん」
と思われたくて、
それで必死に頑張っていたんだなって。

いい“通知箋”がほしくて。

でもその頃、
息子が通っていた、
幼稚園の園長先生が、
よくおっしゃってました。

「どうぞ自信をもって!
あなたは素晴らしいお母さん!

どうか周りのお子さんと比較しないで!

この子はこの子のままでいい!
あなたは、
あなたのままで素晴らしいのよ!」

って。

本当に園長先生の言葉に、
なんど涙したかわかりません。

素晴らしい環境だったなと、
今でも思います。

そうしてようやく、
“いいお母さん”を演じなくてもいいんだ。

周りの人がどう評価しようと、
私は私のままでいい!

今日一日、
息子が生きていればそれでいい!

今日一日、
私も生きていればそれでいい!

「よし!
今日も息子生きてる!
OK!!!」
って。

“完璧なお母さん”ではなく、
“最低ラインを保つお母さん”に、
目標を変えたんです。

そしたらね、
完璧なお母さん目指していたころより、
ずっと心が穏やかになって、
いいお母さんができるようになりました。

いや、皮肉なもんですな。

そしてね、
「周りからのプレッシャーで、
押しつぶされそう!」
っていうお母さんの声を、
たくさん今朝のあさいちで紹介していました。

プレッシャーって、
プレッシャーと思うから
プレッシャーなんですよ。

人から受けるものではなく、
あなたが心の奥底で、
そう思っているから、
人の言葉に過敏に反応し、
プレッシャーに感じる。

あなたがそう思っていなければ、
プレッシャーと感じないし、
なにも起こらないわけ。

プレッシャーは、
自ら生み出しているに過ぎないのです。

濱田マリさんが、
「プレッシャーは打ち返します」
って言っていたけど、
ほんとにそうだよな、
と思いました。

私も周りの、
「一人っ子はダメ!」
「兄弟がいないとかわいそう!」
という声がとてもプレッシャーでした。

だけど、
「一人っ子はダメ!」って思っていたのって、
実は自分だったのですよ。。。

そしてそして、
SNSなどで、
『いいお母さん』をしてるママ友が気になる
というお母さんも
多いようですけど、

そんなのいい所を切り取って、
貼り付けてるだけ。

カットしてコピペですよ。

世の中に完璧なお母さんはいません!

完璧じゃないから、
お母さんになるのですから^^

だからね、
私がすごいホメオパス、
と思ってる人がいるかもしれないけど、

いい所を切り取って、
貼り付けてるだけですからね(笑)

あ、言っちゃった^^

クライアントさんは、
読まなかったことにしてください^^

こんな育児に関するお悩みがある方も、
ぜひこちらにご参加ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

オメオパティアの最新情報!

1月31日(土) 銀座 
アクセス5倍!南城久美子さんのブログ教室』

2月6日(金) 船橋
『ホメオパシーお茶会』

 

大好評配信中!無料のメールセミナー

 

オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

【ホメオパシーでの改善例 】

【メニュー一覧】

【アクセス】

お問合せ・お申込はこちらをクリック

~オーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ ★

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。