帰省の満員電車にこのレメディー

おはようございます。
オメオパティアの工藤さとこです。

昨日、乗車率120%のはやぶさで、
青森から帰省しました。

3時間半の旅路で飽きていた息子。

仙台を過ぎたあたりから、
「暑い暑い」と言い始めました。

本当に顔も耳も赤く、
熱を持っています。

「熱でもあるのかな」と、
あれこれレメディーをあげても
変化なし。

そのうち涙を流し、
泣き始めてしまいました。

そこで、
「あ、満員電車とこの暖房で酸欠なんだ!」
と気づいた私。

酸欠のレメディー、
カーボベジを、
何度かリピートであげてみました。

すると、すっきり!
笑顔が戻りました。

パパからも、
「さすがホメオパス!」と言ってもらい、
ご満悦な私v

その後大宮や、上野で車外へ出て、
酸素供給し、完全復活!

特にまだおしゃべりできない赤ちゃんに、
新幹線でぐずられると、
親も困っちゃうし、
赤ちゃんもかわいそう。。。

酸欠のカーボベジ、
試してみてね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。