「全摘」と言われた子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣肥大がすっかり消えて、お医者さんがビックリしていました!

工藤聖子(さとこ)です。

 

先日、クライアントさんから、
とっても嬉しいご報告をいただいたので、
ご紹介します!

 

昨年から私の健康相談会を受けていただいている、
50代女性のSさん。

(5周年パーテイーで私の相談会が当選した方からの、
ご紹介でした。ご縁をいただき感謝です!)

初めて相談会にいらした時は、
月経時の激しい痛みが伴う、
子宮内膜症があるため、
病院でホルモン治療を受け、
生理を止めている状態でした。

他にも、
子宮筋腫と、
卵巣の肥大があり、

ホルモン治療で生理が止まらず、
痛みが再発するようだったら、
手術で全摘と、
お医者さんに言われていました。

 

初めての相談会ではもちろん、
レメディーもお出ししましたが、
私が一番に伝えたことは、

「感情をしっかり出すこと」

Sさんはこれまでの経験や、
学ばれたことから、
感情を抑える傾向にあったのです。

その後も、
「弱音を吐いてはいけない」

「私が頑張らなくてはいけない」

という価値観を、
手放していけるよう、
お手伝いさせていただきました。

それらの価値観の根底にあるのは、
インナーチャイルドでした。

Sさんには、子供の頃、
体の弱い弟さんいらっしゃって、
ご両親はとても苦労されていました。

だから余計に、
Sさんは、

「私は親に心配をかけてはいけない」

「私がしっかりしていなくてはいけない」

という思いが強くなっていったのです。

親に心配かけないよう、
親に嫌われたくないという思いで、
これまでずっと、
優等生でいなければならず、
そのために一生懸命だったのです。

(体の弱い兄弟がいる方ほど、
「心配をかけてはいけない」という思いで、
インチャが強くなります。)

レメディーの力も借り、
インチャ癒しもしながら、
Sさんのインチャは少しずつ癒され、
そして価値観を緩めていきました。

 

そして、こんな変化もありました。

 

これまで、
お友達の誘いは、
「嫌われたくない」という気持ちで、
断ることができなかったのですが、
断れるようになりました。

何かを自ら「やめる」
とは言えなかったのですが、
それもしっかりと自ら「やめる」と、
言えるようになりました。

そして、
少しずつ自分の楽しみを、
優先できるようになっていきました。

「これまで過去のことや、
これから先のことばかり考えていましたが、
今この瞬間に集中するようになりました。」
ともおっしゃっていました。

 

 

すると・・・

 

 

先月の病院での検診時、
驚く結果が出ました。

4月に入り、
大学病院の担当のお医者さんが、
変わったのですが、

そのお医者さんが内診をしたら、
すごく驚いているそうです。

「あれ?
何にもない!」

「んん?
Sさんですよね?

あれ?
カルテと状態が全然違うな。
カルテ間違えてないよね?

名前言ってもらえます?
住所は?
生年月日は?

あれー。
変だなー。」

と、何度も、
カルテと同一人物か、
確認していたそうです(笑)

その後、ホルモン治療の効果が切れて、
生理が再開しましたが、
痛みもなく、普通の生理だったそうです。

(つまり、内膜症がもうないということ。)

 

まとめると、
「親に心配をかけてはいけない」
「親に嫌われたくない」
という思いが、

『弱音を吐いてはいけない』
『私が頑張らなくてはいけない』
という価値観を生み出し、

その価値観から、
感情を抑圧するようになり、

感情を抑圧することによって、
それが体(特に女性は子宮・卵巣)に、
感情が溜まってしまい、
子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣肥大に、
なっていたのですね。

人がなぜ病気になるのかが、
よくお分かりになると思います。

 

Sさんは、
強い偏頭痛もあり、
病院の薬が手放せない状態でしたが、

今ではかなり改善し、
一番軽い薬で済むようにもなりました。

今は、レメディーだけで乗り越えられるよう、
挑戦していただいています。

 

Sさんは、相談会では、
いつもストレートに私の言葉を受け取ってくださって、
インチャ癒しにも取り組んでくださいました。

さらに、
私がよくクライアントさんにお勧めしている、
祝詞と般若心経も毎日あげてくださいました。

 

(祝詞と般若心経をきちんとあげてくださるクライアントさんは、
顕著に物事を見る視点が上がっているのがわかります。

自分を客観的に見ることができ、
気づきが多いなと感じています。

祝詞・心経、大事ですよ!
オススメです!
タダでできることだしね!)

 

私の恩師・由井寅子先生は、
「インチャはトラック4台分いる!」
とおっしゃっていて、
今世で癒せるのは一握りだそうで、
Sさんもまだやるべきことはあるのですが、

ひとまず、
子宮、卵巣を全摘せずに済んで良かった!

痛みがなくて良かった!

そして何より、
これまでの感情を解放し、
自分を縛っていた様々な価値観を手放し、
自分の楽しみを優先できるようになって良かった!

 

ご報告をお聞きして、
私もとてもビックリして、嬉しかったし、
元気をもらいました!

本当にありがとうございました!

 

現在、私の相談会は、
インチャセッションと組み合わせた、
6ヶ月コースのみ募集しています。

そして、
その6ヶ月コースの最初に行う、
私と松岡インチャセラピストと3人で行うトリプルセッションを、
6月までの特別価格で、
単発でも受けられるようにしました。

 

これまで多くのクライアントさんをみてきた、
体と心の関係に精通した私・工藤と、

インチャセラピストとして、
心だけでなく、体も楽になるお手伝いをしてきた、
松岡セラピストがタッグを組んだ、
とってもオススメのセッションです。

なかなか多くの枠を用意することができません。

6月までの特別価格のうちに、
ぜひお申し込みくださいね!

 

【新メニュー・健康相談会×インチャセッション6ヶ月コース】

他にも、
一生ミレーナで生理を止めるしかないと言われた、
子宮腺筋症が改善したケースもあります↓

レメディーとインチャ癒しで、子宮腺筋症が改善したケースはこちら

 

『オメオパティア』で現在、募集中のお話会・イベントはこちら↓

 

【6月7日(金)オンライン】
『子どもと楽しく食事できるようになりたいママへ!
ホメオパシーでアレルギーを乗り越えるお話会』

【6月28日(金)名古屋】
『初めてさんも、ユーザーさんもみんな集まれ!
ホメオパシーランチ会』

【7月10日(水)オンライン】
『日本でも世界でも輝く!帰国子女をサポートするお母さんのためのお話会』

 

お申し込みお待ちしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京千駄ヶ谷・千葉船橋本町)
代表 工藤聖子

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。