アトピーで出せるって強いんだよ!皮膚は掻いてもいいんだよ!

工藤聖子(さとこ)です。

 

私は今月の10連休、
夫の実家がある青森で、
ずっと過ごしていました。

↓家の前で思いっきり野球ができる贅沢さ!

夫に聞いたのですが、
10連休を夫の実家で過ごすと同僚に話すと、
みんなびっくりするそうです。

「奥さん嫌がらないの?」

と。

普通は夫の実家には行きたがらないんだとか。
行ったとしても、2、3日が限界だそうです。

 

私は夫の実家に実家で過ごすことは、
全くストレスではありません。

むしろ、
何日も泊めてもらって感謝しています。

札幌の実家がなくなってよくわかったのですが、
いつでも帰れる家があって、
暖かい布団があって、
いつでも迎えてくれる家族がいるというのは、
とてもありがたいことなんだなと、
よくわかりました。

 

そうは言っても、
もちろん、
私も夫の実家に帰ることがストレスだったこともありました。

とても優しい両親とは言え、
帰るたびに、
「兄弟がいないとかわいそう」
「一人っ子だと困るよ」
と言われる事はとてもストレスだったし、

自宅出産する事に対しては、
「里帰りして大きい病院で産んだら?」
とずっと言われたし。

とにかく、
ものすごく価値観が違うわけです。
真逆と言ってもいいくらい。

(いや。私が随分変なんだけど・笑)

だけど、
ここ数年、私の中で、
インナーチャイルドが癒え、
いろんな価値観を手放し、

あらゆることに感謝できるようになり、
夫の両親へ対する気持ちが変わりました。

 

夫の両親は何も変わらず、
いつも同じようにいてくれているんだけど、

私の考え方やあり方が変わったことで、
両親への見方が変わりました。

 

何が言いたいかと言うと、

「自分の見方一つで、
あらゆるものは変わる」

ということ。

 

最近よくお問い合わせや、
クライアントさんからSOSをいただきます。

「アトピーの症状が辛い」

「痒がる子供見るのがかわいそう」

「ボリボリ掻いている子供を見ると腹が立つ」

一般的には、
湿疹が出ている事は良くないことであるし、
掻くことも良くないとされています。

 

しかし、これまでメールセミナーや、
メルマガ、ブログでも何度もお伝えしてきましたが、

「湿疹を出せる事は、体が強いということ!」

「皮膚は掻いてもいい!」

そのことが、
腹からわかるようになると、
自分の湿疹や、
子供のアトピーのことも、
見方が変わります。

痒くて辛い毎日も、
見方が変わることで、
心の負担が減り、
少し希望が見えることと思います。

先日、お子さんのアトピーで、
私の1回目の相談会受けてくださった方から、

「相談会でいただいた言葉から、
自分のインチャを見つめることで、
娘のことを受け入れたいと思えるようになり、
自由に掻いていいよと、
掻くことに気持ちが向かなくなりました。」

と連絡をいただきました。

 

これまで長くアトピーと向き合い、
お母様も心が限界を感じていらっしゃったので、
本当に良かったです。

『湿疹を出せるって強いこと』

『皮膚は掻いてもいい』

腹からそう思えるようになるには、
時間がかかるものですが、

今、辛い、苦しいと思ってる方は、
こちらの無料のメールセミナーを、
今一度、読んでみてくださいね。

『ステロイドを減らしたい!
アトピー肌の原因と対策がわかる7つのお話』

登録4000名を超えました^^

登録、解除は簡単!
無料です!

また、
健康相談会とインナーチャイルドセッションを組み合わせた、
メニューもオススメです。

経験豊富なホメオパスとセラピストがタッグを組んだ、
プレミアムなメニューです。

特に、
「これまでレメディーを取ってきたけど症状が良くならない」
「相談会を受けてきたけど、心のことを扱ってほしい」
という方々にご好評いただいています。

 

「まずは気軽に試したい!」
という方に、
トリプルセッションの単発も、
受けられるようにしました。

ぜひお試しください。

=============

【新メニュー】
『本音で話せる!心から癒される!
健康相談会&インナーチャイルドセッション・6ヶ月コース』

【詳しくはこちら】

=============

私、工藤の健康相談会を受けたい!という方、
ぜひどうぞ!

お申し込みお待ちしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京千駄ヶ谷・千葉船橋本町)
代表 工藤聖子

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。