「あ、これは船だ!船で神様がやってきたんだ!」〜1000年先の未来へ!我が社の不思議なストーリー④〜

工藤聖子(さとこ)です。

 

我が社は、
1000年先も日本が豊かで、
そこに暮らす人が健康で、
幸せであるように願い、
今の事業を行なっています。

1000年かけて成長する
スーヤ(生命の木)をモチーフにした、
ホメオパシーセンター『オメオパティア』のロゴマーク↓

 

では、なぜ1000年先なのか??

そこに至るストーリーを、
シリーズで書いています。

 

最初から読む場合はこちら↓

『1000年先の未来も、日本が豊かで、元気で、幸せであるように!

これが私の使命です!〜我が社のストーリー①〜』

 

前回はこちら↓

『不思議な玄関マットとの出会い 
〜1000年先の未来へ!我が社のストーリー③〜』

 

 

 

2009年、
不思議なご縁で引っ越してきた我が家ですが、
引っ越してきて5年ほど、
氏神様のことは気になりながらも、
子育てや仕事に忙しく、
足を運ぶ機会はありませんでした。

 

しかし、2014年、
小学校1年生になった息子が、
夏休みに一人で飛行機に乗って、
私の実家の札幌に、
1週間ほど遊びに行きました。

 

私は、自由時間を手に入れたのです!!

 

ヤッホー!!!

 

思えば、
立ち上げたホメオパシーセンターを、
なんとか軌道に乗せようと、
必死に頑張り始めた、
ちょうどその頃のことです。

 

 

朝、仕事に行く夫を見送りに、
最寄り駅まで散歩をすると、
ふと、

「あ!そうだ!
氏神様の所へ行ってみよう!」

そう思いつきました。

今、考えれば、
私の準備も整い、
ちょうどそのタイミングが来て、
氏神様に呼ばれたように思います。

 

うちの氏神様は、
いりくんだ場所にあって、
入口がわかりにくく、
また小さな神社なため、
見つけるのに時間がかかりました。

 

そうして、ようやく見つけた氏神様。

 

 

本当にひっそりと、
厳かに佇んでいました。

 

お参りした後、
社殿を横から見ると、
ふと思ったのです。

 

 

「あ!これ、船だな!」

 

そして、その夜、
お友達に氏神様の話をしているときに、
こう思いました。

 

「あ!そうか!

神様がこの船に乗って、

この地に着いたんだ!」

 

と。

 

後から調べてみると、
本当にその通りで、

2000年前、
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、
東方征伐の際に、
伊勢を出発し、
この地に辿り着いたそうです。

 

すごいでしょ!?

私の直感!!

 

(その後、私の話を聞いた、
クライアントさんが、
この神社に行かれたそうですが、
特に船だとは思わなったってさ。)

 

 

初めて氏神様を訪れたその日、
実は、お参りの際、
小さな声で祝詞をあげてみたんです。

 

(ホメオパシーの学校で、
寅子先生に毎日祝詞と般若心経をあげるよう言われ、
それ以来もう8年くらい、
なるべく毎日祝詞と心経をあげています。)

 

するとね、
神様がとても喜んでいるように感じました。

 

そして、こうおっしゃった気がしました。

 

「明日もおいで!」

 

と。

 

神様に言われちゃったら仕方ない。

 

息子もいないし、
時間に余裕があった私は、
次の日も氏神様を訪ねてみました。

 

すると、普段全く人気のない、
この小さな神社に、
一人のおじさまがいらっしゃり、
何かお仕事をされています。

 

「え?誰かいる!」

 

私は勇気を振り絞って、
話しかけてみました。

 

するとね、

なんと!

この方、
昔から、この神社を守ってきた、
“無尽講”という団体の、
会長さんでした。

 

 

それから約2時間。

 

会長さんに、
日本武尊がこの地に着いた時の話や、
この地の歴史、
この神社を守ってきた方々のお話しなど、
伺いました。

 

そして私は思ったのです。

 

「ああ。
この話を聞くために、
私は今日ここに呼ばれたんだな。」

と。

 

 

「あ、これ船だな!」
と思った直感が当たったり、

「明日もおいで!」と、
神様に言われて、
次の日も行ってみると、
この神社の由来や、
日本武尊の話を聞いたり、

なんだか、もう、
不思議な世界に迷いこんだような気持ちでした。

 

 

それからというもの、
私は事あるごとに、
この氏神様をお参りするようになりました。

 

月に1回は足を運ぶかな。

 

 

それから数年して、
今度は新たなミッションが「与えられました。」

正確には、
「そんな気がしました。」

 

この氏神様から、
我が家の隣にある山のてっぺんへ、
お参りとして歩くように、
「言われたのです。」

 

正確には、
「そんな気がしたのです。」

 

まあね、私ね、
素直だからね、
そう言われたら、
ちゃんとやるんですよ。
素直だからね(笑)

 

実際に歩いてみると、
道が入り組んでいて、
どの道を通っていいのかわかりません。

 

迷っていると、

「なるべく直線距離で!」

と「言われました。」

 

正確には、
「そんな気がしました。」

 

まあね、私ね、素直だからね、
その通りやるんですよ。

 

なるべく直線距離で、
お参りする気持ちで、
祝詞・般若心経をあげながら、
氏神様から山のてっぺんという行路を、
何度か歩いていました。

それを5、6回くらいかな、やった頃、
ある日、先祖代々ここに住んでいるだろう、
近所のおじさまが、
うちに町内会費を集めに来ました。

 

すると、
ひょんなことから、
氏神様の話になり、
近所のおじさまがこう言いました。

 

「あの神社の場所に、
日本武尊が船に乗ってやって来たんだよ。

そして
着いてすぐ、
まーっすぐ歩いて、
この山のてっぺんに登ったんだって。」

 

 

えーーー!!!????

 

それ!!!

私がお参りしてるコースじゃん!!!

しかもまーっすぐ!!!

 

もう、鳥肌です。

 

 

こうまで、
不思議なことが色々続くと、
もう、
こう思うしかないわけです。

 

「日本武尊との関係が、
とても深いぞ!」
と。

 

でも、具体的に、
それが私に何を教えてくれているかは、
まだわかりませんでした。

 

 

しかし・・・

 

この氏神様に、
ある人と訪れた事で、
事態はまた新たな展開を迎えます!!

 

長くなったので、今日はこのへんで〜。

 

次回へと続きます!↓↓↓

 

『日本武尊とご縁を深める旅に出る!
〜1000年先の未来へ!我が社のストーリー⑤〜』

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。