1000年先の未来も、日本が豊かで、元気で、幸せであるように!これが私の使命です!〜我が社のストーリー①〜

工藤聖子(さとこ)です。

 

昨年のことなんですが、
ブログのトップ画像に、
『オメオパティア』のロゴが入りました↓

気づいていた人がいたらすごい!

 

ロゴはこれね↓

このロゴ、
ホメオパシーでは馴染みのある、
『スーヤ』という木をモチーフに、

いつもお世話になっている、
デザイナーさんに作っていただきました。

素敵で仕事もしっかり!
信頼できるデザイン会社ですよ♡

【HEAL DESIGN】

 

スーヤの木の葉っぱの構造は、
とても特徴的で、
花の蕾のようなセクションが連なり、
枝分かれしながら、
樹木の全体を構成しています。

そのスーヤの木の葉の構造から、
このロゴが誕生したのです。

そしてこのスーヤは、
『生命の木』と呼ばれ、
1000年かけて大きくなります。

 

私は、
このスーヤと同じように、
長ーく、
ゆーっくりと時間をかけて、
会社を成長させ、

1000年先の日本が、
豊かで、健康で、幸せであるように、

それを使命として、
今の仕事をしています。

 

でも、1000年先なんて、
全く想像もできないし、
そのために何ができるの??
って思いますよね。

 

今から1000年前と言えば、
平安時代で、
紫式部が『源氏物語』を書いた頃。

紫式部が、
私たちのために何かを想って、
『源氏物語』を書いたのか?
書いてないのか?
私にはさっぱりわかりません(笑)

 

もちろん、私も、
最初から、
1000年先の未来を見据えて、
この仕事を始めたわけでは、
決してありません。

 

この8、9年くらいの間で、
少しずつ、
点と点が繋がって、
ようやく1000年先という視点を、
持てるようになったのです。

 

そしてその点は、
とても不思議な出来事の連続だったのです・・・

 

その不思議な話を、
シリーズで書いていきたいと思います。

 

すべての始まりは、
9年ほど前、私が、
「庭のある一軒家に引っ越したい!」
そう想ったことがきっかけでした。

 

小さな子供を育てながら、
コンクリートのマンションに住み、
毎日ピザハットのバイクの音を聞きながら、
社宅のお母さんたちと話を合わせるのも苦痛で、
当時は不満ばかりを抱えていて、
なんとか環境を変えることで、
楽になれるのではと思ったのです。

 

しかし、
夫が都内に通える範囲で、
家賃が払えて、
十分な広さの庭がある家なんて、
そうそう見つかりません。

 

しばらくネットで探してみたものの、
良い物件は見つからず、

「こういうのはご縁だ!
必要だったら、
きっと見つかるだろう!」
と早々に諦めていました。

すると!

 

たったその1週間後に、
今住んでいる線路の沿線上で、
庭のある一軒家に住んでいる友達が、
「鴨川に古民家を買って引っ越すことになったから、
庭のある我が家、空くよ!」
と言うではありませんか!!

 

もうビックリ!

この家に呼ばれたとしか、
言えません!!!(笑)

 

そんなわけで、
すぐに引っ越し先が決まりました。

全ては、
この家との出会いから始まったように思います。

私が子供を産み、
ホメオパシーに出会い、
1年半ほど経った頃のことです。

 

家は簡単に見つかり、
すぐに引っ越すことができたのですが、

相も変わらず、
子育ては辛く、
夫との仲は最悪で、
苦しい苦しい毎日が続いていました。

そしてね、
もう全てが嫌になって、
家を飛び出したことがあったんです。

「もう、やだー!!!」って。

 

すると、
家の横に立っている、
5メートルほどある、
庭の一番大きな木が目に留まりました。

 

 

そして、
ふと想ったんです。

「あー。
この木は、
我が家の守り神様なんだなー。」

 

そう直感的に感じ、
心が救われたことがありました。

 

そして・・・
実は・・・
その木が・・・・

 

長くなったので、
また続きを書きます(笑)

ここでー!!??

 

『インドで守り神様の正体が判明しました!
〜1000年先の未来へ!我が社のストーリー②〜』

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。