ワクチンの副作用に口をつぐむ医師たちと私

工藤聖子(さとこ)です。

 

私も最近また、
Facebookやインスタなどで、
今の騒動やワクチンについて、
発信するようにしています。

色々ものを言うと、
また叩かれるんで、
私もしばらくおとなしくしていたんですが、

そうも言ってられないなと思い、
思ったこと、学んできたこと、
経験したことを、
出来るだけ伝えるようにしています。

 

そのように考え方が変わったのは、
こんなことを思い出したからなんです。

 

もう3年以上前のことですが、
『医者に殺されない47の心得』
という本で有名な近藤誠医師の、

『ワクチン副作用の恐怖』
という本を読みました。

その本には、
様々なワクチンの副反応のケースや危険性について、
書かれていました。

そして、
ワクチンの副反応を審議する、
厚労省の厚生科学審議会の議事録も、
多数紹介されていました。

 

ある男の子のワクチン接種後の、
死亡のケース。

注射器を見て、
逃げて走り回っていた10才の男の子が、
日本脳炎のワクチンを接種して2時間半後に、
死亡しました。

走り回っていた男の子が、
ワクチン接種2時間後に死亡しているわけですから、
明らかに因果関係が疑われるケースです。

 

でも、ワクチンを専門とする、
お医者さんが集まる審議会では、

「ワクチンと死亡の因果関係はない」
とされてしまったのだそうです。

「因果関係を疑った方がいいんじゃないか?」
「日本脳炎のワクチンはしばらく控えましょう」などと、
声を上げるお医者さんが誰一人いないんです。

なぜ、そんなことが起きるのでしょう?

審議会に召集されるというのは、
医師として名誉あることなんだそうです。

その審議会で、少しでも異を唱えると、
審議会から外され、
ワクチン業界から追放されるんですって。

だから、
本当は「因果関係はあるかも?」と思っても、
誰も口に出せないのです。

 

「人の心があるなら、
そんなことはできないのでは?」
と思ってしまいますが、

彼らも、
これまで何十年かけて積み上げた、
地位と実績があるでしょう。

それを投げ捨てるのは、
とても勇気のいることであることは、
理解できます。

きっと、
家族を養っているでしょうから、
それを守らなくてはいけないことも、
わかります。

つまり、
黙っている方が安泰なんです。

 

でも、それじゃあ、
いつまで経っても、
世の中変わらない。。。

 

そんなお医者さんたちのことを、
最近ふと思い出し、
私も考えました。

 

ワクチンの危険性や、
コロナの茶番劇のことも、
テレビとは異なる情報を、
私は知っている。

だけどこのまま黙って、
声を上げなければ、

私も審議会のお医者さんと、
同じことをしてるんだな。

黙っている方が楽だけど、
そのまま声を上げないのは、
あのお医者さんたちと同じだ、
と思うようになりました。

私には、
地位も名誉もないし、
失うものあまりありません(笑)

じゃあ、
私の力は小さなものだけど、
周りの人に事実を伝えること、
自分の考えや疑問を発信することは、
できるかなと考えるようになったんです。

 

もちろん、
「自分は正しい」
「あなたは間違っている」
という姿勢で、
物事を伝えてはいけないし、

自分の考えを、
相手に強制することはできません。

だから、
「私はこう思っているよ!」ということを、
明るく伝えようと心がけています(笑)

(どうしても嫌味になっちゃうんだけど・・・
私は「自分は正しい」というインチャが多いから・・・涙)

 

 

今まではね、
ワクチンをうたないという選択を、
周りの誰にも言わないまま、
ひっそりと暮らすことはできました。

周りのママ友には、
「ワクチンうってるよ〜!」
なんて軽く流すこともできたでしょう。

だけどね、
いよいよ、
そうも言ってられない時代なんだと思います。

だって、これからはどこに行っても、
「ワクチンうった?」
「証明して!」
ってなりますよ・・・

 

自分の子どもはNOワクチンで良かったとしても、
じゃあ将来のお嫁さん、お婿さんはどう??

その二人の間に生まれる
私たちの孫はどうなる??

そう考えると、
少しでも健康で元気な人が、
増えるといいですよね!

(そうじゃないと結婚相手を選ぶのが大変すぎ!!)

 

 

自分の意見を相手に伝える、
自分の考えを発信するって、
とっても勇気のいることです。

うまく説明する自信がないという方も、
多いでしょう。

でも、もし、
あなたの大切な人が、
コロナに怯え、
ワクチンを接種しようとしていたら、

「私は接種しないよ。」
の一言でいいから、
伝えてあげられたらいいかなと思います。

それだけでも違うと思うから。

 

私も昨年ネットの炎上があったので、
ワクチンに関するメールセミナーの看板も、
下げていたのですが、
今はまたUPしましたよ。

「上手に説明できない・・・」
という方は、
こちらの登録を勧めてくださいね!

『ワクチンの副反応と効果を知って決断するための8つのステップ』

 

私の気づきが、
誰かの勇気につながれば、
とても嬉しく思います^^

 

一人一人が気づき、
自分の頭で考えるようにならなければ、
いつまでもこの騒動は終わりません。

誰かヒーローが現れて、
解決してくれても、

人々の意識が変わっていなければ、
結局また同じようなことが起きるだけです。

全ては私たちの意識にかかっているし、
そのための出来事であると、
私は思っています。

大きな出来事あって、
自分や家族の身に何か起きた時に、
始めて人はその問題に真剣に向き合います。

だからね、
コロナ騒動も必要なんですよね。

私たちが目覚めるために。

 

口をつぐみ、
声を上げないお医者さんたちの存在も、
私の姿を鏡として映してくれているから、
それもありがたいです。

 

もしワクチンの副反応でお困りとか、
コロナのことでお悩みがありましたら、
ミニコンサル健康相談会をご利用くださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。