一つの症状、一つの出来事についても 先生の視点から見ていただくと 私が考えていたこととは 全く別のものが見えてきました。

工藤聖子(さとこ)です。

昨年のことですが、
オンラインで30分のミニコンサルを受けていただいた、
東京都にお住まいの30代の女性・Yさんから、
感想をいただいたのでご紹介します。

 

私がミニコンサルをお願いしたのは、
症状も大事ではないし、
インチャもないし、
でも工藤先生の相談会を、
受けてみたいなという気持ちからでした。

ところが終了時には、
次回の90分の相談会を迷わず予約してしまうほど
自分では気づけていなかったことがたくさんありました。
当然インチャもありました。

 
一つの症状、一つの出来事についても
先生の視点から見ていただくと
私が考えていたこととは
全く別のものが見えてきました。
 
30分という短い時間であったにも関わらず
たくさんの気づきや救いがあり、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

 

 

Yさん、ありがとうございました。

症状もインチャもないのに、
私の相談会を受けてみたいと思ってくださり、
ありがとうございました!
嬉しいです♡

 

このYさんは、
3才のお子さんがいらっしゃるお母さんで、
これまで一生懸命、
ホメオパシーの勉強もされてきました。

でも、なかなかレメディーが、
ご自身の体にヒットした体験がなかったんですね。

 

このミニコンサルの中で、
Yさんがおっしゃったのは、

「3才の息子のために生きたい。
息子が一人で残ることが怖い。
そう思うと涙が出る。」

とのことでした。

そこで、
私が事前にいただいていた
Yさんのタイムライン(人生の経過)から、

「それはきっと、
あなたが1才で、
病気で入院した時、

一人ぼっちになった寂しさや恐怖が、
インチャとなって、
潜在意識に残っているんだと思いますよ。」

とお話させていただきました。

Yさんは思いがけない様子で驚いていましたが、
「そうか!そうかもしれない!」と、
とても納得していらっしゃいました。

それがご感想にあった、

「一つの症状、一つの出来事についても
先生の視点から見ていただくと
私が考えていたこととは
全く別のものが見えてきました。
 
30分という短い時間であったにも関わらず
たくさんの気づきや救いがあった。」
 
という言葉になったんですね。
 
それからYさんは、
私の相談会を継続して受けてくださっていますが、

今までヒットしなかったレメディーも、
しっかりヒットするようになりましたよ^^

 
 
ホメオパシーをご自身で使われていても、
自分のことを客観的に見るって
なかなか難しいんですよね。
そんな時、私たちホメオパスの視点から、
アドバイスさせていただくことは、
大きな気づきになったり、
大きな一歩を踏み出す機会になりますから、
何か症状でお困りの方、
レメディーがなかなかヒットしない方、
ホメオパシーに興味のある方、
ホメオパスのアドバイスが欲しい方は、
ぜひお気軽にご相談くださいね!

【ホメオパシー健康相談会はこちら】

 

【30分のミニ相談はこちら】

 

今、なかなかこちらのブログは、
更新できない状況ですが、
Youtubeの方は、
ちょっとしたケースや体験談、
私の気づきなどを配信していますので、

ぜひチャンネル登録、いいねを、
よろしくお願いします!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。