コロナワクチンに対し私が声を上げる理由。でも一度は逃げようと思ってました。。。

工藤聖子(さとこ)です。

 

今日は、
私がワクチンについて、
声を上げる理由をお話ししたいと思います。

昨年もメルマガやブログで書いたのですが、
新たにこのブログを読んでくださる方もいらっしゃるので、
改めて書きたいと思います。

 

少し時間を巻き戻し、
4年ほど前のお話から始めます・・・

 

実は、4年ほど前から、
私のブログがGoogleでは、
一切検索に上がってこないようになりました。

実際に『工藤聖子』で検索してもらうとわかりますが、
Googleの最後のページまで辿っても、
私のブログのページは、
全く検索に引っかからないのです。

変ですよね。

(DuckDuckgoという
検索サイトでは上がってくるので、
そちらをお使いになることをおすすめします!

Googleは個人情報を収集して、売ったり、
検閲もしてますからね・・・)

その頃、
「今はワクチンに反対すると、
潰されるから少し黙っていたほうがいい。」
なんていう噂が流れていました。

私は
『予防接種に疑問を感じる?
ワクチンの効果と副作用がわかる8つのステップ』

と言う無料のメールセミナーを、
配信していたし、

度々、ワクチンに対する疑問を、
ブログに書いていました。

 

3年前には、
自閉症の原因はワクチンにあるという
アメリカの映画が上映される予定になっていましたが、
それも圧力で潰され、
上映には至りませんでした。

つまり、
かなり前から、
反ワクチン派の動きを抑えているということで、

このコロナ騒動は、
何年も前から実際に計画され、
実践されていたということが、
窺い知れると思います。

 

そして、今からちょうど2年前、
コロナの騒ぎが大きくなってきた頃、

私がコロナに対して書いたブログ記事を、
その頃、ちょうど”時のひと”だった、
岩田健太郎教授が、
Twitterでツイートして、
私のブログが大炎上しました。

「どうせこれから、
ワクチン開発したから、
打てとか言うんでしょ!」

とか書いていたしね。

Twitterでは、
とてもひどい書かれ方をされたし、

ある有名なアンチホメオパシーのお医者さんが、
私の顔にモザイクをかけて、
ブログに掲載するなど、
それはそれは大変な目に遭いました。

だからね、私、
逃げようとしました。

ホメオパスではない道も、
真剣に考えたほどです。

だって叩かれるの嫌なんだもん!

でも、うちのスタッフや友人、
周りの方々が、
すごく必死に私を守ってくれたし、
支え、励ましてくれたので、

私も気を取り直して、
また発信できるようになったんです。

でもね、そんな経験から、
しばらくは、
ワクチンのことは触れずにいました。

だってまた叩かれたくないんだもん!

でも、昨年、
とうとう遺伝子組換えのコロナワクチンの接種が始まり、
多くの人が接種する状況になってしまった時、
あることを思い出しました。

それは、
4年くらい前に読んだ、
近藤誠先生の『ワクチン副作用の恐怖』
という本に書かれていたことでした。

そこには、
明らかにワクチンの副反応で亡くなった子供がいても、
ワクチン分科会に参加しているお医者さんたちは、
誰一人、
「それはワクチンが原因で亡くなった!」
と言わないと書かれていました。

 

ワクチン分科会に参加するのは、
お医者さんにとって、
とても名誉のあることで、

その場で異議を唱えると、
すぐにその立場を追われてしまうそうなんです。

だから、お医者さんは、
誰一人声を上げられず、

ワクチンの副反応が認められることは、
ないんだそうです。

コロナワクチン接種後に、
1440人以上の方が亡くなっているのに、

なぜ誰一人、
因果関係を認めてもらえないんだろう・・・
と疑問に思うと思いますが、

ワクチン分科会の事情がわかると、
納得できるかなと思います。

これを知って、
どう思いますか??

私は、

「そんな腰抜けばっかりだから、
この世は全く良くなっていかないんだ!
なんとかしろよ!オッサン!」

(オッサンなんか知らんけど。)

と腹が立ったことを、
思い出したんですよね。

 

そして、気づいたんです。

「今、私が声を上げなければ、
ワクチン分科会で声を上げないお医者さんと、
おんなじじゃん!!
私も腰抜けじゃん!」

って。

だから、
世の中を少しでもよくするためには、
小さな声でも構わないから、

何かしら声を上げる、
行動に移すってことが、
大事なんだなと思っているわけです。

そんわけで、
自分にできる範囲で、
無理なく、できることをやろうと思って、
少しでも発信を続けている訳です。

それはね、
ワクチン分科会のお医者さんを否定したいのではなく、
この世に怒っているわけでもなく、

ただ、自分は声を上げる側、
行動に移す側の人間でありたいなと、
思っているんです。

 

今はワクチン反対の声を上げる人も多いし、
今更私のことなんか、
もう誰も叩かないと思いますが、

もし今度叩かれたら、
その人たちに、
鼻くそ丸めてピンしてやろうと思ってます(笑)

 

昨日、日本経済新聞に、
ワクチンに反対する意見広告が、
掲載されたことをご存知ですか?

これまで地方紙には少しずつ掲載されてきましたが、
5大新聞であり、影響力のある日経新聞に、
ワクチンのことが書かれたことは、
とても意味のあるなんことです。

ある新聞社の方のお話では、

「はじめはうちの新聞社は、
反ワクチンの意見広告は載せない方針でした。

しかし、読者の方から、
なぜうちの新聞には、
あの意見広告が載らないんだ!

読者の健康を考えない新聞は、
今後取らない!という声が、
何件か寄せられて、
意見広告が載せられた。」

そんなが起こっているそうです。

「ワクチン反対の記事は載せるな!」
という上からの圧力よりも、

私たち国民一人一人の、
下からの突き上げが、

新聞社のあり方を、
変えつつあるということです。

いよいよ新聞社も、
そしていずれはマスコミも、
目覚めた国民の声を、
無視できなくなってきたのかなと思います。

一人一人が気づき、
行動を起こすことで、
このコロナ騒動も終わり、

より良い世界になると、
私は思っています!

小さなことでも構いません。

・緊急フォーラムのことを、
誰かに伝える。

・新聞社に声を届ける。

そんなことでもいいので、
何かしら行動を移していただけると、
とても嬉しく思います。

もういい加減、

マスクを外したい!
(外してるけど・笑)

除菌もやめたい!
(しないけど・笑)

検温もやめたい!
(これはされちゃう・涙)

ワクチンを止めたい!

ですよね〜

それでは札幌近郊の皆様、
お待ちしています!

 

2月27日(日)ロイトン札幌

緊急フォーラム
『お医者様に聞く!
どうする?5才以上の子どものコロナワクチン』

参加費無料!

【詳細・申込】

 

 

また、3月11日は、
『ワクチンを打たないという私たちの選択』
をテーマにオンラインのお話会を開催します。

マイノリティーになることを恐れず、
ここで仲間の話を聞いて、
そして仲間を作ってもらえたらと思います^^

【3月11日(金)オンライン・無料】
『はじめてのホメオパシー』&質問・交流会

〈テーマ〉
ワクチンを打たない私たちの選択

【詳細・申込】

※交流会の参加は自由です。
※後日配信はありません。

 

 

どちらもご参加お待ちしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。