ワクチンの害出しのチンクチャーをとって、頭の中の気持ち悪さがなくなりスッキリしました!

工藤聖子(さとこ)です。

 

1月14日のてらこやサロンで、
ご講演くださる、
『北海道有志医師の会』の岡澤先生が、
ご講義の中でもおっしゃっていますが、

お医者さんの間でも、
ワクチンを打った後の副反応や後遺症は、
今後の課題として、
頭を悩ませているそうです。

対応が難しく、
やってあげられることが、
まだ確立してないそう・・・

 

そのような難しい問題に対して、
『ハーブ・チンクチャーライフスタイリストコース』を、
第1期で受講されたNさんが、

ワクチンを打った方へ、
コロナV-fのサポートチンクチャーを処方し、

その方の体調が改善されたケースがあるんです!

とっても素晴らしいケースなので、
ご紹介しますね!

 

『ハーブ・チンクチャーライフスタイリストコース』では、
植物の持つ力やチンクチャーの使い方、

チンクチャーが持つ、
スピリチュアルメッセージについて学びます。

もちろん今のコロナやワクチンの問題に対する、
ホメオパシー的対処法もしっかり学びます!

そして、インナーチャイルド癒しも実践し、

さらに、家族やお友達、周りの人に、
チンクチャーをお勧めるするという、
ロールプレイも行います。

 

そんな学びを経た受講生のNさんが、
学んだことをフルに活用されて、
素晴らしいケーステイクを行なってくださいました。

 

Nさんが、ご相談を受けたのは、
32才・女性のAさん。

昨年の9月のことです。

Aさんは対人恐怖があり、
職場での人間関係が苦手。

緊張や不安があり、
視線をどこに置いていいかわからず、
過剰に意識してしまう、
というお悩みを抱えていらっしゃいました。

精神薬を飲まれていたこともあり、
今は漢方薬を飲んでいらっしゃいます。

 

そして頭の中の気持ち悪さが、
ずっとあったそうです。

そんなAさんから初めて相談を受けたNさんは、
まずは今までずっと押し込めてきた感情があることを、
認識してもらい、

それを解放してもいいんだよ。
自分を責めなくてもいいんだよ。
ということを伝えてくださいました。

そしてインチャ癒しのことも、
伝えられました。

 

すると数日後、Aさんから、
「こうやって理解してもらえて、
温かい言葉をかけてもらって
、
感情が溢れてなぜか号泣してます。」

「自分でもよく分からないけれど、
不安をスルーする力がついたような気がします。
すごいです。」 

と連絡があったそうです。

すごいですよね!

さらに、
漢方を飲まずに過ごすことができたことに、
ご本人もビックリしたと同時に、
自信にも繋がったそうです。

そうしてAさんは、
ハーブやチンクチャーに興味を持ってくれたので、

ワクチン接種直後だったこともあり、
NさんはAさんに、
V-fのサポートチンクチャーを取るよう勧めました。

Aさんとしては、
特に副反応もなかったようなので、
ワクチンの害出しは必要ないかな?
と思っていたそうですが、

Nさんは現在のAさんの状況を詳しく聞き取り、
不安を煽らない形で、
他にもチンクチャーを試してみたいという、
Aさんの気持ちを受け取りつつ、説得し、
V-fのチンクチャーをとってもらったそうです。

するとその後、
Aさんから、

「今までずっとあった

頭の中の気持ち悪さがなくなった。
本当にビックリ!
いつも夜になると頭がしんどかったのが
スッキリしている!」

と連絡が来たそうです!

よかったー!

素晴らしいですよね!

 

Nさんも改めてサポートチンクチャーの効果を、
実感したそうです。

 

Nさんが、
Aさんの辛さを思い計り、
優しく声をかけたこと、

インチャのお話もされたこと、

Aさんの気持ちを受け止めつつ、
的確にチンクチャーを選び、
良い結果につながったこと、

どれをとっても素晴らしく、
私もとっても嬉しかったです。

もちろん、それを素直に受け取り、
変化していったAさんも、
とっても素敵な方だなと思いました^^

 

お医者さんでも難しい、
ワクチンの後遺症について、

こうやってチンクチャーを活用することで、
明らかな効果が上がるって、
すごいことだと思うんです。

副反応を特に感じていなくても、
ワクチンの害出しをすると、
ちゃんと効果があるということも、
わかりますよね!

しかも、病院に通う必要もなく、
お家で、誰もが、簡単に使えるし、

すごくお金がかかったり、
体に負担がかかる治療でもありませんよね。

ワクチンの副反応や後遺症に対して、
本当にすごく画期的な、
ケアだと思います。

 

ホメオパシーがあって、

それを上手に活用する知識があって、

それを受け取った方に自己治癒力があって、

結果につながっていく。

ホメオパシーは、
今こそ時代に求められる、
とても可能性のある、
素晴らしい療法だなと、
私も、今改めて感じています!!

(14年前にホメオパシーを始めて、
学んだ私ってえらい!!笑)

 

今、3回目の接種が推進され、
3月からはなんと5才の子どもにも、
接種が始まろうとしています。。。

私には5才の可愛いい姪っ子ちゃんが二人いますが、
あんなに小さな子に、
治験中のワクチンをうつなんて、
いたたまれません。。。

 

それに対し、
私たちにできることは、

まずは、
ワクチンの効果や危険性を、
一人でも多くの人に伝えていく。

まずはこれが先決!

そして次に、
うってしまった方の救済、
ではないかと考えています。

自分を責めることなく、
絶望することなく、
希望を持ってもらえたらいいな★

 

Nさんのように、
こうやって周りの人を、
サポートできる、
ハーブチンクチャーライフスタイリストが、、

地域に一人、
町内に一人、
願わくは家族に一人いて、

自分ももちろん、
家族や周りの人をどんどんと元気にしてくだされば、
とても嬉しいです!

 

『ハーブチンクチャーライフスタイリストコース』
第1期の方で、

ワクチン接種後に倒れてしまったお父様に対し、
チンクチャーをスプレーしたり、
祝詞心経を上げることで、

見事にお父様が回復されたケースを、
お話ししてくださった動画がありますので、
そちらもご覧ください。

 

『ハーブチンクチャーライフスタイリストコース』は、
ただ今、募集中です!

 

【コースの詳細はこちら】

 

Nさんのレポートの原文は、
以下になります。

Nさんがどのように考え、
チンクチャーを選択したのか、
どう言葉がけを行なったのか、
詳しくわかりますので、
ご参考にされてくださいね。

 

=============

対象:女性 32才

1.主訴 対人恐怖
2.慢性症状(数年前から)
3.ホメオパシーは初めて。
  好転反応の説明に理解を示す。
4.現在、症状はある。
5.現在、漢方を飲んでいる。
  軽いアトピーの皮膚症状に
  ステロイドとホルモン剤入りの軟膏を
  使用。
  過去、精神薬服用経験あり。
6.コロナワクチン(ファイザー)予定。
 
【背景・経過】
相手とうまくいっていないわけでも、特に問題が起こっているわけでもないが、職場での人間関係が苦手で緊張や不安を感じる。
すれ違う時、話す時、どこに視線を置いていいのか分からず、過剰に意識してしまう。
買い物先など、全く知らない相手だと症状は出ない。
  
【初めて相談を受ける・9月15日】
今までずっと押し込めている感情があることを自覚してもらって、
それを解放してもいいんだということ、
焦ることなく、精神的に無理なくできそうな時に少しずつインチャ癒しをすると楽になれること、
自分を責めなくてもいいことを伝える。
 
【9月18日・経過】
ずっと思い出さないようにしていた過去の出来事に思い当たり、今まで悩みを理解してくれる人がいなくて孤独を感じていたそう。
「こうやって理解してもらえて、温かい言葉をかけてもらって感情が溢れてなぜか号泣してます。」と連絡あり。
 
【9月21日・経過】
漢方を飲まずに過ごすことができたことにビックリしたと同時に、少し自信に繋がった様子。
「自分でもよく分からないけれど、不安をスルーする力がついたような気がします。すごいです。」と連絡あり。
 
【9月30日・経過】
なるべく薬を使いたくなくて、好転反応に理解があるなら、様子を見ながらチンクチャーを使ってみるといいかもという話をする。
合いそうなハーブの話をいくつかすると、興味がある様子。
 
【10月4日・経過】
チンクチャーに興味があり、自分でも知りたい様子だったので、書籍『ハーブ・マザーチンクチャー』をオススメし購入される。
 
随時、どのチンクチャーを購入しようか…の相談を受ける。。。
 
【10月9日】
コロナワクチン1回目
 
【10月15日・経過】
たくさんあるチンクチャーの中から、あれもこれも使いたいと悩んでいる様子。
ワクチンをうったので、V-fは必ず購入すると良いと伝える。
「副反応で困ってはいないのでV-fは必要ないかな…」と考えているようだったので、不安を煽らないように注意しながら必要性をお話する。
 
改めて確認すると、ステロイドやホルモン剤を使った軟膏を少量だが使っていることが分かる。
本人は自覚なく、保湿程度のクリームと思っていた。
スパジリックビークリームTuと各種無料メールの購読もオススメ。
 
【10月17日】
随時)サポートCoronV-f(1日10滴)
 
【選択の根拠】
別の精神症状が主訴であり、本人はワクチンの影響をそれほど気にしていないが、ワクチンの対策が先決だと判断。
 
他のチンクチャーも使いたい本人の気持ちを受け止めつつ、今までの薬の影響も考え、まずはこちらの1本のみで様子を見るように説得。
 
【経過】
「今までずっとあった頭の中の気持ち悪さがなくなった。本当にビックリ!
いつも夜になると頭がしんどかったのがスッキリしている。」と連絡あり。
ワクチン対策のチンクチャーをとって、本人の困りごとに効果を感じた。
 
このまま、強い好転反応が出ない様子なら、バレリアナも5滴ほどから始めて、追々サポートShinkも選択する予定。
 
健康相談会にかかる方が早いケースかと思い、その方法も伝えていますが、本人はこのまま少しずつ様子を見たいそうで、必要と感じたタイミングで利用したいそう。
 
===============
 
 
ハーブチンクチャーライフスタイリストコースでは、
受講後、希望者の方に、
Facebookでのバックアップを行なっています。

そのバックアップを受けるための条件が、
このようなレポートを出すことになります。

 
受講後に発売されたサポートチンクチャーに関しても、
そちらのバックアップで行うので、
受講をお考えの方は、
ぜひ受講後、レポートを提出してくださいね!
 
以上です!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子
 
 
 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。