辛い花粉症も良くなるよ!花粉症のメカニズムとホメオパシー的対策

工藤聖子(さとこ)です。

 

ピークは過ぎたかなと思いますが、
花粉症についてまとめておきます!

昨年は、
花粉の量が少なかったのか(?)
いつもは酷い症状の方も、
「平気!」とおっしゃっていました。

しかし、今年は大変な方が多かった・・・

花粉症でお困りの方から、
たくさんSOSをいただきました。

 

実は私も、
高校生の頃から花粉症です・・・

中学校3年生で、
ツベルクリン反応が陰性となり、
BCGのワクチンをうったその翌年から、
花粉症になってしまいました。

当時はその理由が
よくわからなかったけど、
ホメオパシーを知って、
点と点が線で繋がり、
納得しました。

BCGで体に溜め込んだ毒物を、
花粉症で排泄していたんだと。

花粉の力を借りて、
デトックスしていたんですよね。

花粉症がひどい時は、
私も薬を飲んでいたし、

コンタクトもできず、
春はメガネで過ごしていました。

でもホメオパシーを始めて13年。

 

この13年、
とにかく症状は出し切ることを徹底し、
薬で症状を抑えることはせず、
インチャも癒し、
体と心のデトックスを、
ひたすら続けてきました。

今現在は、
まだ症状ゼロとは言えませが、
薬も必要ないし、
コンタクトも入れられるので、
随分楽になったかな^^

 

症状は、
以前の10分の1くらいです。

 

そこで、今日は、
花粉症の原因やメカニズム、
ホメオパシー的対策などについて、
詳しくお伝えしますね。

 

(1)どうして花粉症になるの?

(2)花粉症の薬をとるとどうなる?

(3)花粉症の原因は花粉だけではない??

(4)春に採れるものを食べよう!

(5)春の臓器、肝臓をケアしよう!

(6)目を丸ごと洗いたい時はコレ!

(7)ケムトレイルなど環境対策をしよう!

(8)体も、服もデトックス!

(9)実はうちの子も花粉症気味です・・・

(10)まとめ

 

 

(1)どうして花粉症になるの?

 

今や二人に一人は花粉症と言われ、
小さなお子さんすらも、
花粉症で悩まされていますよね。

花粉症になる原因は、
なんなのでしょうか?

 

東洋医学では、
春は肝臓の季節と言われています。

肝臓は、
解毒の臓器。

冬の寒さで、
体が縮こまり、
老廃物を溜め込みがちなんですが、

春になり、肝臓が活性し、
解毒を始めるために、

暖かい春に体が緩むことも相まって、
この時期に花粉症を発症するというのが、
基本的な病理になります。

 

また肝臓と目は深く関係していますから、
肝臓が解毒をする時に、
目が充血したり、痒くなったり、
目やになどで、排毒したりします。

 

ホメオパシーの基本的な考え方は、
『症状はありがたい』です。

だからね、
『花粉症もありがたい』
なんですよ。

花粉症として、
体のデトックスをしているわけ。

だから、
いくら辛い症状だからと言って、
その症状を薬で抑えるのは、
あまりオススメできません〜

 

 

(2)花粉症の薬をとるとどうなる?

 

「花粉症が辛いから、
薬を取りたい」
という気持ちは、
よく分かります。

私も薬とってましたから。

でも、せっかく花粉の力を借りて、
体のデトックスをしているのに、
それを薬で止めてしまうと、
より体に老廃物が溜めてしまうことになります。

 

花粉症の症状が、
よりひどくなったり、
さらに病理の深い症状に、
移行してしまうこともあるので、
気をつけなくてはいけませんよ。

 

花粉症の薬は、
分泌物を止める作用があります。

鼻水も抑える代わりに、
涙も抑えて、
ドライアイになったり、

唾液が分泌されずに、
口が乾いて、
虫歯になりやすいということもあります。

また、花粉症の薬として、
抗ヒスタミン剤が出されることが多いですが、

ホメオパシーの臨床上、
抗ヒスタミン剤を多くとってきた人は、
卵巣嚢腫になりやすいと言われています。

辛い症状を和らげてくれるお薬は、
ありがたいものですが、

やはりその代償は大きいので、
よく考えた方が良いですね。

 

 

(3)花粉症の原因は花粉だけではない??

 

『花粉症の人がこんなにも増えたのは、
スギが増えたから』

と説明されるのが一般的だと思いますが、
実は花粉だけが原因ではないようです。。。

あなたは、
“ケムトレイル”という言葉をご存知ですか?

最近、青い空に、
飛行機雲をよく見かけませんか?

本当の飛行機雲は、
水蒸気だからすぐに消えるはずなんですが、
今の飛行機雲って、
いつまでも残ってますよね。

あれは、どうやら、
重金属やら、
あまり体によろしくないものを、
撒いているらしく・・・

(詳しくはご自身で調べてみてね。)

花粉というは、
子孫を残すために、
他の物質とくっつきやすく、
遠くまで飛んで行くそうです。

ですから、
花粉とケムトレイルの物質がくっついて、
それらの物質に反応しているのが、
花粉症と考えられています。

花粉そのものだけでなく、
それについた化学物質に、
反応しているということ。

 

ワクチンや薬などは、
自分の意思で避けることができるけど、
ケムトレイルや4G5Gなどの環境因子は、
自分では避けようがありません。
残念ながら。

そのような環境による弊害にも、
ホメオパシーアイテムがありますので、
活用してくださいね。

後ほどご紹介します。

 

 

ここまで、
花粉症の原因やメカニズムをお話しましたが、
いかがでしたか?

薬のことは、
改めてよく考えてくださいね!

 

ここからは、
花粉症の対策について、
お話しますね。

 

(4)春に採れるものを食べよう!

 

春は肝臓の季節で、
肝臓は解毒をすると言いましたね。

肝臓の解毒を手伝ってくれるのが、
春の山菜です。

自然はとてもうまく、
できているものです。

 

ふきのとうやタラの芽などの、
苦味のあるものは、
肝臓の解毒を手伝ってくれると言います。

ですから、
そういう春の山菜を、
意識して食べるのがオススメですよ。

私は毎年ゴールデンウィークに、
夫の実家の青森に帰って、

家の裏のタラの木から、
タラの芽をとって、
すぐに天ぷらにして食べるのが大好き!

一年で一番豊かさを感じる時で、
最高の贅沢だと思っています。

(取れたてのタラの芽が、
超絶美味しいんですよ!)

 

 

(5)春の臓器、肝臓をケアしよう!

 

ホメオパシーで肝臓のケアをするなら、
なんと言っても肝臓のサポートチンクチャー(Kan)

肝臓をサポートしてくれる、
マザーチンクチャー
(ホメオパシー版薬用酒)と、
レメディーがブレンドされたのが、
サポートチンクチャーです。

 

ダメージを受けた肝臓を修復し、
必要なミネラルを補給し、
肝臓の解毒を助けてくれます。

 

大人だったら1日15滴、
お子さんは1日5滴を目安に、
とりましょう。

 

(6)目を丸ごと洗いたい時はコレ!

 

花粉症の季節、
一番辛いのは、
目の痒みや違和感かなと思います。

「目を取り出して、
丸ごと洗いたい!!」

って思いますよね。

そんな時は、
サポートチンクチャーのアイで目を洗うと、
スッキリしますよ。

小さい容器に、
ミネラルウォーターを入れ、
そこにサポートアイを、
2、3滴入れます。

それをアイボンと同じように、
目に当てて、上を向き、
目をパチパチさせて洗います。

目のゴミも取れて、
ゴロゴロや痒みも、
スッキリしますよ!

私は100円ショップで買った、
水中メガネを、
容器代わりに使っています。

(さすがに100円だから、
水が漏れるけど・・・笑)

 

(7)ケムトレイルなどの環境対策をしよう!

 

ケムトレイル対策には、
ケムアシッド(ケムトレイルと酸性雨)という、
サポートチンクチャーがあります。

ケムトレイルに含まれていると言われる、
重金属や色々な菌などのレメディーが入っています。

サポート肝と同様、
水に入れてとります。

さらにうちでは、
お風呂にも2、30滴入れたりしています。

皮膚からもレメディーの情報は伝わるので。

瓶が大きく、容量も多いので、
この時期は贅沢にたっぷり使ってくださいね。

畑がある人は、
畑にも撒いてあげてね。
ケムトレイルの影響を受けてしまうので。

 

(8)体も、服もデトックス!

 

我が家では、
サポートケムアシッドの他に、
洗濯用洗剤の『ほめ洗浄剤』を、
活用しています。

環境に優しい洗剤であり、
レメディーも入っているので、
体にも心にも優しい洗剤です。

もちろん、衣服の洗浄に良いし、
うちでは入浴剤としてお風呂にも、
スプーン1杯入れています。

ほめ洗浄剤は、
PM2.5や黄砂など、
環境汚染物質の対策になります。

花粉症で辛い時、
ケムトレイルが気になる時は、
お風呂の入浴剤として、
お使いになるといいですよ!

『ほめ洗浄剤』には、
祝詞・般若心経のレメディーも入っているので、

人混みで疲れた時や、
誰かに会ってどっとエネルギー吸い取られたな、
なんて時もお風呂に入れるといいですよ。

私も「今日はちょっと疲れたな。」
「ちょっと嫌な感じ・・・」
という時お風呂に入れてます。

『ほめ洗浄剤』
(オメオパティアショップ)

 

(9)実はうちの子も花粉症気味です・・・

 

実はね、
ワクチンゼロ、
薬ゼロで育てた、
うちの息子くんも、

一昨年あたりから、
少し花粉症の症状が出始め、
今年はちょっと辛そう。

鼻が詰まったり、
目が痒いと言っています。

ほとんど老廃物が溜まっていないはずの息子が、
なぜ花粉症になったんだろう?

これは正解かは分かりませんが、
現時点で私はこう考えています。

息子くんは体に老廃物はあまりないとは言え、
ケムトレイルや4G5Gなど、
外的な環境汚染は最近著しい・・・

そのデトックスとして、
鼻水やくしゃみ、涙で、
症状を出せるのは、
必要なのではないかと思うんです。

ここまで環境が汚染されているのに、
症状が全くないのも、
逆に怖いかなと。

鼻や目は、
異物が入ってくる入り口です。

異物に対する免疫の最前線ですから、
鼻水やくしゃみ、涙でデトックスできるのは、
良いことかなと思っています。

そして、息子くん。

今まで何にも病気がないのをいいことに、
冷たいものをガンガン食べたり、
お菓子もジュースも好きなだけ。

ゲームやYoutubeで、
目も使い放題。

自分のやりたいように、
思うままに、
体を使ってきました。

 

体のことを全く意識してこなかった息子くんが、
今花粉症の症状が出て、
初めて自分自身の体を意識しています。

人は体に痛みや痒み、症状があって、
はじめて体を大切にしますから、

花粉症は彼にとって、
体に目を向け、
体を大切にするという、
とても良い経験かなと、
暖かく見守っています。

 

 

(10)まとめ

 

とても不快な症状である花粉症も、
デトックスの良い機会であること、
お分かりいただけましたか?

症状があるってね、
悪くないんですよ。

病気になるって、
悪いことじゃないです。

もちろん大変だけど。

 

痛みも、痒みも、苦しみも、
それがあってはじめて、
自分の体と心を見つめ、
自分自身を振り返ることができます。

成長するチャンスです。

どこも痛くない、
どこも痒くない、
何も辛いことないでは、
人間って成長しないんですよ。

人は健康になるために生まれてきたのではなく、
魂を成長させるために生まれてきます。

そう考えれば、
病気は決して悪いものではなく、
必要なものであるとわかりますよね。

 

でも、体の痛み、痒み、辛い症状には、
ホメオパシーのレメディーがありますし、

何より、
『症状はありがたい』
というホメオパシーの基本的考えが、
心の救いになるでしょう。

 

そして、心の苦しみは、
インナーチャイルドを癒すことで、
軽くなっていきます。

どんなに嫌な相手でも、
どんなに辛い状況でも、
それを自分の力で変えることができるのが、
インナーチャイルド癒しです。

インチャ癒しって、
本当に最強のツールだなと思いますよ。

 

 

私がインチャ癒しをすることで、
慢性副鼻腔炎が治った話も、
オンラインセミナーでお話ししていますので、
ぜひ参考にしてください!

 

【オンライン】

『私も!家族も幸せになる!
インナーチャイルドの癒し方』
(インチャ癒しのケース症例付き!)

【詳細・申し込みはこちら】

 

 

「花粉症をよくしたい!」
という方は、
時間をかけて、
ゆっくり体のデトックスをしていきましょう!

もう症状は落ち着いたという方も、
今から来年に向けての体つくりがオススメですよ!

【一番人気!ホメオパシー健康相談会】

 

以上、花粉症のメカニズムと、
ホメオパシー的対策について、
お伝えいたしました!

参考になったかな?

周りにお困りの方がいたら、
ぜひこの記事をシェアしてあげてね♡

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。