大声で怒鳴られ、ケンカした夫を優しく抱きしめてあげました♡

工藤聖子(さとこ)です。

 

今日は、インチャ癒しを1年半ほど続けてくださっている、
私のクライアント・Aさんのお話を、
ご紹介したいと思います。

これまでも度々ご紹介したのですが、
お子さんの喘息が治らないということで、
私の相談会にかかってくださっています。

 

 

Aさんは、
ご自身に自信がなく、
自分が思っていることを言えない、
というところがありました。

ご主人と結婚するときには、
「私は何も良いところがない」
と思ったというほどです。

 

Aさんのお母さんは、
Aさんが子供の頃、
全く褒めてくれませんでした。

お手伝いをしても、
お母さんは喜んでくれることもありませんでした。

そして、
否定されることが多かった。

お母さんにそんな風にされると、
子どもは「私は役に立ってないんじゃないか。」
と思ってしまい、
どんどん自信がなくなってしまうんですよ。

 

でもAさんは、
お子さんの喘息に向き合うとともに、
ご自身のインチャ癒しも、
とても積極的に行ってくれました。

「自分を否定していたのは、
紛れもなく、この私自身だった!」
ということに気づき、

自分のことを、
「よく頑張っているな」と、
少しずつ褒めてあげられるようになりました。

そうするとお子さんに対しても、
褒めてあげることができるようになり、
心から愛おしいと思えるようになったと言います。

これまでは、
「人に嫌われるんじゃないか」という恐怖があり、
自分の気持ちを抑えてきたけど、

少しずつ自分の気持ちを人に伝えることが、
できるようにもなり、
ご主人にも、
自分の気持ちを伝えることが
できるようになってきました。

初めて自分の気持ちを伝えた時は、
体がガタガタ震えていたそうです。

 

そんなAさんですが、
前回の相談会で、
大泣きされていました。

聞けば、
「今朝、夫とけんかした。
大きな声で怒鳴られて、
夫は激怒していた。」
と言うのです。

ケンカのきっかけは、
Aさんがため息をついたこと。

Aさんがため息をつくと、
それを聞いたご主人が、

「今日は仕事ないのに、
なんでため息ついてんだ!

しかも午後は、
自分の好きなことするんだろ!!

好きなことやるなら、
ため息つくなよ!!」

と怒鳴ったそうなんです。

 

まあ、よくある男性の主張なんですよね。
こういうケンカ、よく聞きます・・・

ご主人も相当お疲れなのですよね・・・

 

これまでのAさんだったら、
ここで、

「家事をちゃんとやってない私が悪いのかな。
家事をちゃんとやらずに、
好きなことをしたらダメなのかな。」

と自分を責め始めるパターンです。

 

でも今のAさんは違います。

大声で怒鳴られて動揺し、泣いたけど、
自分を責めることはしなかったと言います。

えらいですよね。

(ここでちゃんと泣けたのもポイント!
泣くことを我慢しないのが良かった!)

そして、こう思ったそうです。

「ため息ついたらダメなの?なんで?
疲れたっていいじゃん!!」

 

いやいや。

1年半前のAさんからは、
考えられないような、
肝の据わりっぷりです(笑)

 

そして先日、
そのケンカはその後どうなったのかを、
伺いました。

Aさんは自分を責めることもなく、
卑下することもなく、

「家事だってまあそれなりにやってるし、
好きなことしたっていいじゃん!」
と思うことができました。

強い!

そして、ご主人に意地悪して、
何日も口をきかなかったそうです。

かわいい!

するとご主人が、
だんだん不安になってきて、

なんと!

「この前は言いすぎて悪かった。」
と謝ってきたそうなんです!

 

だから、Aさんは、
そんな不安そうなご主人を、
優しく抱きしめてあげたんですって!!

 

どうですか!!

この器の大きな、
素晴らしい奥さんっぷり!!

 

仕事で疲れて、
余裕がなくなっていただろうご主人の気持ちも、
「余裕がなかったんだね。」
と察してあげられることができて、

ご主人の不安も受け止めてあげることができて、
そんなご主人を抱きしめてあげたんですよ。

なかなかできることじゃないです!

本当に偉かったと思います!

 

こうやって、
女の人のインチャが癒えて、
器が大きく、
愛が増えていくと、

男の人も癒されていくということが、
よーくわかるケースだと思います。

本当に素晴らしいですよね!

女の人はね、
これができるんですよ。

自分が苦しいからこそ、
自分の弱さをさらけ出し、
自分のインチャに向き合うことができます。

ほとんどの男の人は、
弱さをさらけ出して、
誰かに相談するのが、
苦手ですからね。

インチャ癒しも自らやらないし。
変化していくのが難しい。

 

女性が自分を癒すことができるようになると、
今度は子供や夫、周りも癒してあげられるんです。

愛と癒しが増えて、
どんどん循環していくんですよ。

素晴らしいです
ね!

そんな女性が、
どんどん増えていくといいなと、
私は願っています★

 

 

私事で恐縮ですが、
私がインチャを癒して、
変わっていくことで、

家に全然帰ってこなかった夫が、
今では「家が一番落ち着く!」
とそそくさと帰ってくるようになりましたからね。

(以前は、私が怖くて帰りたくなかったから、
わざと残業していたと、
後から教えてもらいました・・・笑)

そんな夫も、
今では自らインチャ癒しをしていますよ。
すごいことになってきました!笑

 

ちなみに、
先日私の誕生日だったんですが、
夫が早く帰ってきたにも関わらず、

私のことを見向きもしないで、
ゲームばっかりしてるんです。

「おめでとう!」もないし、
ましてプレゼントも花も何もない・・・

「何しに早く帰ってきたんだよ!!」と
その日は私も腹が足り、
めっちゃ拗ねてたんですが、

翌朝、
「あ。そっか。
おめでとう!って
自分に言ってあげればいいんだ!」

と思って、
自分に言ってあげたら、
満足しちゃって、

夫への怒りや拗ねる気持ちも、
すっかりなくなっていました(笑)

 

インチャ癒しをしていくと、
こうやって拗ねることが減って、
自分の問題を自分で解決できるようになりますよ。

まあ、ほんとはちゃんと言ってほしいけどさ><

 

今回のインチャ癒しのオンラインセミナーは、
3名限定ですが、
相談会&インチャセッションも一緒にした、
超お得なコースもご用意しました。

インチャ癒しは、
相談会を進める上で必須なので、
ぜひインチャ癒しを覚えて、
相談会に臨んで欲しいのです。

名古屋とオンライン担当の、
白木慈(しらきめぐみ)ホメオパスの、
相談会&インチャセッションがついた、
お得なコースもありますので、
ぜひこの機会をご利用くださいね。

また、セミナーだけでなく、
私のクライアントさんにご協力いただき、
インチャ癒しの実践のケース症例も付けました!

理論だけ聞いても、
実際に自分一人でインチャを癒すのは、
なかなか難しいので、
参考になればと思い、
4ケースをご紹介します。

 

【ケース症例】

ケース①  Aさん 40才 
『子どもたちが部屋の片付けをせずにイライラし、
子どもたちとケンカになる』

ケース②  Y さん  45才
『子どもが不登校で、暴力や暴言もひどく、子育てで悩んでいる』

ケース③  Hさん  41才
『突然夫に離婚したいと言われ、ショックを受けた』

ケース④ Nさん  50才
『頭痛や高血圧がある。
小さい頃から病弱な弟がいて自分はいつも“良い子”でいなくてはいけなかった。
感動して涙が出ることがない。』

 

「私も同じような経験ある。」
「私も同じように悩んでいる。」
という方がいれば、
とても参考になると思うので、
ぜひご受講くださいね。

 

オンラインセミナー

『私も!家族も幸せになる!
インナーチャイルドの癒し方』

【詳細・申込はこちら】 

 

お申し込み、心よりお待ちしています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。