【9月4日(金)オンライン】第2波に備える!ウイルスを恐れないホメオパシー的予防と対処法

工藤聖子です。

 

・コロナに不安がある

・除菌、除菌で手が荒れて困っている・・・

・第2波に備え、何か準備できることはない?

・ウイルスに怯えるだけじゃなく、
 免疫力を上げる方法はない?

・子どもや家族をどうやって
細菌やウイルスから守ったらいいの?

・薬やワクチンではない、
安全な方法で子供の健康を守りたい!

 

そんな方のために、
こちらのセミナーを開催します!

【9月4日(金)オンライン(zoom)】

『第2波に備える!
ウイルスを恐れないホメオパシー的予防法と対処法』

お申込はこちらをクリック

 

 

毎日報道される感染者の数。

必ず来ると言われる第2波、第3波。

薬やワクチンができればもう大丈夫という合言葉。

今は不安になる報道が多く、
恐怖や心配も募るばかり。

 

今だに多くの人が、
マスクをつけて歩いています。

常に感染のリスクを警戒し、
なかなか外出することや、
お友達に会うのも、
はばかられるのではないでしょうか??

そして、果たして本当に、
薬やワクチンが開発されれば、
問題は全て解決するのでしょうか?

よく考えてみてください。

インフルエンザは、
薬もワクチンも開発されていますが、
毎年のように学校では学級閉鎖があるほど、
大流行しますよね。

重症化するのを防ぐと言われるワクチンをうっていても、
毎年インフルエンザで亡くなる人の数は、
コロナウイルスで亡くなった方の数百倍もいるのです。

 

私はヨーロッパ生まれの、
自然療法ホメオパシーの療法家として、

コロナ騒動が始まってからも、
たくさんのクライアントさんのお声をお伺いしています。

いつも、
「コロナのこと心配じゃないですか?
大丈夫ですか?」
と質問するのですが、

驚くことに、
クライアントさんからいただく声は、
一様に、

「コロナは怖くありません!」

というものです。

 

あまりリスクのない方や、
健康な方がそうおっしゃるのはわかりますが、

クラスターの心配がある、
老人の方の施設で働いている方も、

「全く心配していません。」
とおっしゃるし、

重い喘息を持っているお子さんのお母さんも、
「コロナの心配はしていません!」
とおっしゃるのです。

このご時世、
そんな風に胸を張って言えるって、
ビックリしませんか??

 

相談会を受けてくださっているクライアントさんや、
3ヶ月でホメオパシーをゼロから学ぶフルサポート講座の受講生さんに、
アンケートを取ると、
なんと95%の方が、

「ホメオパシーを生活に取り入れていたことで、
コロナ騒動中も安心感があった。」
とお答えいただきました!!

 

 

 

 

ではなぜ、ホメオパシーを使っているクライアントさん達は、
コロナも大丈夫と思えるのでしょうか??

 

ホメオパシーの基本的な考え方は、

『病気は自分の自己治癒力を働かせて治す』

というものです。

たとえ怖いウイルスや細菌がいても、
自分の自己治癒力さえあれば、
感染しても重症にならないし、
乗り越えられる!
と考えます。

また、ホメオパシーでは、

『症状はありがたい』
と考えます。

熱も、咳も、鼻水も、下痢も、湿疹も、
症状は体の老廃物を排泄しているのだから、
薬で抑えず、
しっかり出し切ることで根本的に治癒する、
と考えるのです。

 

つまり、
どんなに怖い感染症でも、

まずは自分の力で、
自分を守ることが大切、

たとえ感染しても、
症状は怖くない、

しっかり症状を出し切れば治る!
と考えることができるからこそ、

リスクの高い場所で働いていても、
お子さんが喘息を持っていても、

「大丈夫です!心配していません!」
と胸を張って言えるのです。

 

クライアントさんたちは、
これまでも何度も、
風邪や高熱、咳や湿疹といった症状を、
自分の自己治癒力で乗り越えてきていて、

インフルエンザ、水疱瘡やとびひといった感染症も、
ホメオパシーのレメディーの力を借りて、
自分の力で乗り越えてきた経験があります。

“自分の力で乗り越えた”
という経験があるからこそ、

新しい感染症が流行ろうとも、
「私も家族も大丈夫!」
としっかりと腹を据えて、
構えていられたのだと思います。

 

また、ホメオパシーを通し、
体だけでなく、
心もどんどん安定していきますから、

テレビなどの報道に流されることなく、
自分の軸をしっかり持って、
人とは異なる考え方でも、
自信を持って過ごしていられるのです。

 

さらに、
これまでも薬のこと、ワクチンのことを調べるにあたり、
色々な世界の事情も、重々ご承知で、
情報に流されることがないのだと思います。

 

このコロナ騒動の最中、
「喉が痛い」など症状が出た時も、
ホメオパシーのレメディーをとることで、
安心して過ごされた方も多かったし、

「コロナに罹ったのでは?」と心配になった時も、
レメディーをとることで、
心配しすぎることはなかったとおっしゃる方もいました。

 

ホメオパシーには、
「コロナに罹ったかな?」
と心配になった時にとるレメディーがあるし、

症状が出たという時にも、
対応できるレメディーがあります。

免疫力を上げる方法もあるし、
良い菌を増やすことで、
悪い菌を寄せ付けないというアイテムもあります。

ホメオパシーには、
解決策があるのです。

 

いかがでしょうか?

あなたも、
こんな風に、
自分の軸を持って、
どっしりと構えて、
心穏やかに過ごしたいと思いませんか??

「第2波や第3波が必ずくる!」
と言われる今こそ、

ウイルスに負けない強い体、
情報に流されないしなやかな心を、
作っていきましょう!!

 

【9月4日(日)オンライン(zoom)】

『第2波に備える!
ウイルスを恐れないホメオパシー的予防法と対処法』
お申込はこちらをクリック

 

こちらのセミナーでは、
どうしたらそのような考え方になれるのか?
どうしたら強い体を作っていけるのか?
どうしたら安定した心でいられるのか?

その方法を、
余すところなく、
具体的にお伝え致します。

また時間の許す限り、
皆様のご質問やお悩みにも、
お答え致します。

 

ウイルスを恐れて、
小さくなって生きるのではなく、

自分の力を信頼して、
安心感を持って、
楽しく乗り越えていきましょう!

今回のセミナーは、
コロナで疲れた皆さんの応援価格として、
特別価格でご提供します。

また、今回参加できない方も、
ご家族やお友達が3名以上集まれば、
スケジュールの許す限り、
特別講演料で私工藤がお話いたします。

どうぞこの機会に、
新しい感染症の対応の仕方を、
知ってくださいね!

このセミナーは、
こんな方にオススメです!

☑️コロナ騒動の中でも、安心して過ごしたい!

☑️薬やワクチンではない方法で、
自分や家族の健康を守りたい!

☑️これを機会にホメオパシーライフを始めたい!

☑️コロナかな?と思った時の対応法を知りたい

☑️コロナにかかった時のホメオパシー的対処法を知りたい

☑️ホメオパシー的感染症の予防法を知りたい

それではセミナー詳細です。

『第2波に備える!
ウイルスを恐れないホメオパシー的予防と対処法』

【内容】
・ホメオパシーってなに?
・自己治癒力とは?
・免疫ってどうしたら高められるの?
・マスクはする意味ある?
・除菌はした方がいい?しない方がいい?
・ワクチンはした方がいい?
・ホメオパシーの始め方
・ホメオパシーのレメディー予防的使い方
・感染症に罹った時のレメディーでの対応の仕方
・西洋医学とホメオパシーの違い
・今、世界で何が起きている?

※内容は予告なく一部変更する場合がございます。

【日時】9月4日(金)10:00ー12:00

【方法】オンライン(zoom)
※スマホ、タブレット、PCがあれば無料で使えます。
接続も簡単です。

【定員】 10名

【料金】1800円(税込1980円)事前振込制

【キャンセル規定】
3日前から30%、
前日17時までは50%、
それ以降は100%のキャンセル料がかかります。

お申込はこちらをクリック

 

〈前回の開催報告と受講者さんの感想はこちら〉

〈スタッフブログにも開催報告があります〉

【お好きな時間や場所で、工藤がお話します!】

このセミナーは、3名以上の方が集まれば、
スケジュールが可能な限り、
オンラインでも、対面でも、
随時開催致します。

ご家族、お友達にホメオパシーのことを知ってもらいたい、
みんなで一緒に勉強したい、という方は、
ぜひ事務局にご連絡ください。

講演料は、通常2時間3万円のところ、
2020年内お申し込みに限り、特別価格2時間1万円とします。

ぜひご招致くださいませ★

※遠方の場合は、別途交通費や宿泊費をご負担くださいますよう、
お願い申し上げます。

【セミナー招致の申し込み・お問い合わせはこちら】

どんなに困難な状況でも、
ホメオパシーやホメオパシー的考え方には、
必ず解決策があります。

「不安の中にいる」、
「先が見えなくて心配」という方には、
ぜひ話を聞いてもらえたらと思います。

ホメオパシーをまだ知らない方にも、
どうぞ教えてあげてください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。