“新しい生活様式”のご提案!『かかりつけのホメオパスを作っておく』

工藤聖子です。

 

また各地でコロナの感染者が、
増えてきているようですね。

心配や不安も、
また募ってしまう方も、
いらっしゃるかもしれません。。。

あまり心配しなくて大丈夫ですからね。

 

今日は、私から、
“新しい生活様式”のご提案です!

「これからもホメオパシーで対応したいのなら、
かかりつけのホメオパスを、
作っておいたほうがいいですよ!」

というお話。

今まで、
こういう考え方ってあまりなかったと思うんですが、
今回の騒動を受け、
かかりつけのホメオパスを作っておくって、
すごく大事だなと思ったんですよね。

ちょっとそう考えるようになった経緯について、
書きたいと思います。

 

今回のコロナ騒動では、
色々な方の声を耳にしました。

 

一般の方からは、

「コロナが怖い」

「とっても不安」

「外に出ないようにしている」

「エレベーターのボタンを触るのもイヤ!」

「東京なんて行きたくない!」

「徹底的に除菌している」

という声をたくさん聞きました。

そこまでの恐怖ではないにしても、
メルマガの読者さんからは、

「やっぱりコロナは不安・・・」

「テレビを見ていると、
心配になる・・・」

という声が多かった。

 

でも、
うちで健康相談会を受けてくださっている、
クライアントさんからは、

「全然怖くありません!」

「高齢者の施設で働いてるけど、
心配してないです。」

「子供は喘息を持っているけど、
コロナは不安に思いません。」

という方ばかりだったんです。

 

その違いは何でしょう??

 

実はこのコロナ騒動中、
2回のアンケートをとりました。

①メルマガの読者さん

②うちで健康相談会を受けているクライアントさんや、
講座の受講生さん

そして、その結果に、
私自身、とても驚きました。

 

①のメルマガの読者さんからいただいた多くの声は、
「コロナが心配・・・」
というものが多かったのですが、

②のクライアントさんからいただいた声は、
「コロナは心配していません!」
というものが圧倒的に多かったのです。

 

もちろん、
ホメオパシー的考え方を知っている人と、
ホメオパシーを全く知らない人では、
コロナに対する考え方は全然違うんだけど、

さらに、
なんとなく、
自己流でホメオパシーを使っている人と、

しっかりホメオパスにかかり、
相談会を受けている方では、

明らかに、
この騒動に対する捉え方違ったのですよ!!

 

 

やはり、
ホメオパスの健康相談会に、
しっかりかかることで、
症状は怖くない、
症状はありがたいと、
しっかり理解を深め、

好転反応も乗り越え、

時に感染症も、
レメディーを活用しながら、
しっかり症状を出し切ることで、
罹り切る。

そんな体験の積み重ねが、
どんなウイルスが流行しても、
「私も子供も大丈夫!」
という自信になったのだと思います。

 

先日のこちらの記事にも書きましたが、
うちのクライアントさんにアンケートをとったところ、

「コロナの騒動中も、
ホメオパシーを生活に取り入れていたことで、
安心感があった。」

と答えた人は、
なんと95%もいらっしゃいました。

もちろん、相談会にかからずとも、
自分で情報を集め、
自信を持って、
新しいウイルスに対応できるのでしたら、
それで大丈夫なんですが、

やっぱり、
こういう有事の時にも、
落ち着いて対応できるように、

健康相談会を受けて、
体と心を整えておくことって、
すごく大切なんだなと、
今回改めて痛感しました。

 

 

さらに今回もう一つ。

この騒動中、
とっても困ったことがありました。

それは、
今まで相談会を受けてくださったこともなく、
その方のことが全くわからないのに、
突然、

「私、コロナのチンクチャーとったらいいですか?」

と問い合わせをいただいたこと。

 

その方が、
どれくらいホメオパシーに対して、
理解があるのかもわからない。

今、どういう体の状態なのかもわからない。

これまでどういう薬をとってきたのかもわからない。

どんなマヤズムなのかもわからない。

そういう場合、
私たちも責任を持って、
アドバイスすることができないんですよ。

申し訳ないんですが、
そういう方への回答は、
控えさせていただきました。

 

何度か相談会にかかっていただいていて、
その方の状態が把握できないと、

特に、このようなコロナという、
まだまだわからないことが多い感染症の場合は、
正直、お答えすることができません。

 

今回で言えば、
コロナのチンクチャーをとると、
特に結核マヤズムの人は、
強く好転反応が出る場合が多かったので、

「好転反応にどれくらい理解があるのか?」

「結核マヤズムはないか?」
など知る必要がありました。

また持病がある場合は、
感染しないように気をつけた方が良いと思うし、

薬害が多い場合は、
自分で対応せず、
ホメオパスに相談した方が良かったわけ。

 

(もちろん、
クライアントさんにはしっかり回答するつもりでいましたが、
さすがうちのクライアントさん、
そういう質問はほとんどありませんでした。
ご自身で判断しておとりになっていたようです。)

 

 

だからね、
これからもホメオパシーで、
体のケアをしたいのだったら、
かかりつけのホメオパスを持っておくって、
必須じゃないかと思いますよ。

特に症状がないのだったら、
定期的に相談会にかからなくても、
始めに3回くらいはかかっておくとか、
期間をあけてもいいから、
定期的にかかっておくとか。

うちにも、
最初は定期的に相談会に来てくださっていたけど、
症状が良くなった後は、
半年に1回くるというクライアントさんも、
いらっしゃいます。

 

厳しいようだけど、
そうじゃないのだったら、
困った場合は、
病院を頼った方がいいと思いますよ。

 

イタリアなんかは、
ホームドクターと呼ばれる、
罹りつけのお医者さんがいて、
そのお医者さんがホメオパスであったりするそうです。

 

 

もう一度書きますが、
私からの新しい提案は、

『かかりつけのホメオパスを作っておく!』

その理由は、

・このようなコロナ騒動の最中も、
どっしりと腹を据えて、
安心感を持って過ごすことができたクライアントさんのように、
体と心の整え、自己治癒力を高め、
症状を乗り越える体験を積み重ねるって大事!

 

・こういう有事の時に、
自分の状態を把握してくれている、
かかりつけのホメオパスを持っておくのって大事!

 

ということでした♪

今は大体のホメオパスが、
オンラインで相談会を行なっていると思うので、
ご自身に合うホメオパスにかかっておくといいですよ♪

私の健康相談会は、
親子で受けていただくか、
大人お一人でインチャまでがっつりやっています!

もしくは専属のホメオパスもいて、
もう少し気軽に受けられる設定になっていますので、
どうぞご利用してくださいね。

 

【健康相談会の詳細とお申し込み】

 

こちらからも直接予約できます↓

【相談会のオンラインご予約】

 

 

 

感染者が増えていることを受け、
セミナーをもう一度やります。

珍しく日曜開催です。

平日は難しい!という方、
ぜひどうぞ♡

 

【7月26日(日)オンライン(zoom)】

『第2波に備える!
ウイルスを恐れないホメオパシー的予防法と対処法』

お申込はこちらをクリック

ご参加お待ちしています!

 

いつも言っていますが、
もちろん、
ホメオパシーだけで、
乗り越えようと無理せず、

必要な場合は、
西洋医学の偉大な恩恵を受けましょうね!!

そのことは、くれぐれも忘れずに!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。