不安でもいいんだよ。怖くてもいいんだよ。

工藤聖子です。

 

先日、メルマガからお願いした、
コロナについてのアンケート、
ご協力いただいた皆様、
ありがとうございました。

 

 

私が思っていた以上に、
ウイルスへの不安や、
経済的な不安、
この先への不安
(ワクチンや薬が強制的になるんじゃないか?)
など、

みなさん、
様々な思いを抱えていらっしゃることがわかりました。

率直な思いを聞かせていただいて、
ありがとうございました。

 

 

そうですよね。

前代未聞の事態ですから、
不安を抱えて当然ですよね。。。

そんな不安を抱えた方にとって、
少しでもお役に立てればと思い、
今日は私の体験談をお伝えしようと思います。

 

 

私がプロのホメオパスになって、
すぐの頃の話です。

 

 

ある方の紹介で、
男性から、
健康相談会を受けたいと電話がありました。

当時は、私は自宅で相談会を行なっており、
その男性が自宅に来ることに、
とても抵抗を覚えました。

(現在は男性の相談会も、
大歓迎ですよ^^)

 

私は、何かと理由をつけて、
お断りしようとするのですが、
その男性はどうしても相談会を受けたいとのこと。。。

私も色々と思いあぐね、
友達のホメオパスや、
先輩ホメオパス、
ホメオパシーの本部に相談したりしました。

 

 

でも、いよいよ、
その男性から、
具体的な話を進めるための電話が、
かかってくることになりました。

その時、
私はこう思いました。

 

「あ!
ちゃんとインナーチャイルドを癒さないと!」

 

 

そして、ノートを引っ張り出し、
今の状況を書きだし、
自分の思いを書いていきました。

そうしているうちに、
ある感情に気がつきました。

「私は怖いと思ってるんだ!」と。

 

色々と、
あーでもない、
こーでもないと対策を立て、
周りに相談していたけど、

私は単純に「怖い」
と思っているだけなんだと。

 

それから、
「怖いよ。怖いよ。
不安だよ。嫌だよ。」
とノートに書いていきました。

さらに、
「怖かったんだね。
そうだったんだね。
怖くてもいいんだよ。
不安でもいいんだよ。」
とその思いに共感し、
自分自身を慰める言葉をかけました。

 

男性から電話がかかってくる、
ほんの数分前のことです。

 

 

すると、
奇跡が起きます。

 

いよいよその男性から、
電話がかかってきました。

その電話の中で、私が、
好転反応のことを説明すると、
その男性は、

「じゃあ、やっぱりいいです!」
と電話を切ってしまったのです。

 

「え!?終わり!?
あんなに熱望していたのに!?」

インチャ癒しをやったら、
見事、数分後に解決したのです。

 

不思議でしょ??

 

 

きっとね、
この男性、
私の「怖い」という感情に気づかせてくれて、
さらにそれを癒す必要があることを教えてくれるために、
私の人生に登場してくれたのだと思います。
ありがたい。

 

 

この事件を通して、
私は初めて、
自分に「怖い」という感情があることに気がついたんです。

同時に、
『怖いと思ってはいけない』
という価値観を持っていることにも気がつきました。

『怖がってはいけない』
『怖がるなんて格好悪い』

そんな価値観も持っていました。

 

さらにそこから、
どうしてそのような価値観を身につけるようになったのか、
考えてみました。

すると、
こんなことがわかりました。

 

 

私は、幼少期の家庭環境で、
毎日のように「恐怖」を感じていました。

でも、毎日恐怖を感じるのは辛いから、
「怖い」という感情を感じないように、
「怖い」と感じるセンサーを、
切っていたのだと気がついたのです。

もう何年も・・・

 

 

恐怖を感じるのが辛いから、
恐怖を感じないようにする。

そうやって、
小さな私は、
サバイブしてきたのです。

(こういう人、多いですよー!)

 

よく覚えているのは、
大学時代に、
酔っ払った、ガタイの良い男性の後輩が、
私の一言にキレて、
私の顔面を拳で殴ろうとしたことがありました。

普通なら、
恐怖を感じる場面です。

でも私は、
一瞬で恐怖を感じるセンサーを切って、

「殴りたいなら殴れば?」
と言い放ちました。

私の頭の中では、冷静に、
その後輩が私を殴った後のことを、
想像していたのです。

 

今、考えてみると、
そうやって、
私は「怖い」という感情から、
逃げていたんですね。

インチャの無料メール講座でも、
お伝えしていますが、
感情に良い・悪いはありません。

 

喜びはいいけど、
怖いはダメ。

楽しいはいいけど、
不安はダメ。

ということはないのです。

「不安」も、
「怖い」もいいんです。

だって、そう感じるのだから。

 

先週、クライアントさんにも、
お話ししましたが、

今、目の前の問題を解決するために、
たくさん策を講じなくてはいけないこともありますよね。

でも、
不安を感じていることを認めず、
そこをすっ飛ばして、
いくら策を講じても、
土台が不安なままだと、
焦りが増す一方です。

まずは、
自分が不安に感じていること、
恐怖を感じていることを、
認めてあげてください。

不安でもいいんだよ、

怖くてもいいんだよ、と。

自分自身の声に耳を傾け、
共感してあげてください。

 

不安や恐怖といった感情を、
しっかり出し切り、
共感し、慰めてあげることで、
少しずつ不安や恐怖は和らいでくるでしょう。

そして、さらに、
その不安や恐怖は、
どんな価値観を持っていて、
そこにどんなインチャがいるのか?
深く掘り下げられるといいですね。

根本的な解決のために。

私の例は、
コロナに直接関係するものではないですが、
参考としてもらえれば嬉しいです。

 

 

病気に対する不安や、
将来に対する恐れ、恐怖などと、
その土台となっているインチャについては、
色々なパターンがあります。

詳しくはこちらのインチャ講座で、
お話ししますね。

 

【第3期・お母さん応援企画】
長い長い自粛生活でお疲れのママへ!

子育てが楽しくなる秘訣教えます♪
インナーチャイルド癒し30日間メール講座<実践編>

〈詳細・申し込みはこちら〉

 

 

コロナ疲れのお母さんの、
特別応援価格です!

 

不安や恐怖など心のサポートには、
レメディーだけでなく、
フラワーエッセンスもいいですよ。

●ウメ(ファーイースト)

他人や情報に振り回される。
自分の空間を確保できずにストレスを感じる。

●C-3コンフュージョン(混乱・ベイリー)

私たちをリラックスさせ、
現在の困難さに距離を置いて、
客観的に見つめる助けとなる。

●C-5 フィアーズ(恐怖・ベイリー)

私たちの恐怖が本当は何であるのか明るみにする。
漠然とした恐れを抱く人に。

 

まずは、無料のインチャのメール講座を
読みたい方はこちらからご登録ください↓

【1710名登録・無料!】
『子育てが少し楽になる10のお話』

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。