中村哲さんと日本武尊

 

工藤聖子です。

 

最近はなかなか、
ブログを更新することができていません。

にも関わらず、
ちょこちょこ見に来てくれている方がいて、
大変申し訳ないなあと思いながらも、
同時にありがたいことだなと思っています。

すみません!
ありがとうございます!

もうちょっと更新するようにします^^

 

 

さて、今日は、
今年私が読んだ中で、
一番衝撃的だった本の話をしたいと思います。

それはこれ↓

神渡良平さんが書いた、
『天翔ける日本武尊』上下巻。

 

このブログで何度か書いていますが、
我が家の氏神様は、
日本武尊が東方征伐の際に、
上陸した場所と言われていて、

うちの家の隣にある山に、
日本武尊が上陸した後、
まっすぐに登ったそうです。

 

何だかいつも、
日本武尊とのご縁は感じることが多く、
とても気になっていました。

 

その不思議なご縁については、
シリーズで書いています↓

『1000年先の未来も、
日本が豊かで、元気で、幸せであるように!これが私の使命です!〜我が社のストーリー①〜』

 

 

しかし、
どういう方だったのか、
どういう足跡を辿ったのか、全然わからなくて、
詳しく知りたいと思い、
ネットで探して見つけたのが、この本でした。

 

ネットでたまたま見つけた本ですから、
正直、特に期待もしていなかったのですが、
この本が本当にすごかったのです!

私の考えを改める、
貴重な出会いとなりました。

 

 

 

私はね、
日本武尊は神様だから、
人にはない特別な能力を使って、
やすやすと東方征伐を行ったのだと、
安易に考えていました。

 

「だって、神様だもん。
どんな困難も、
特別な能力を使って、
ことを収めたんでしょ?」

なんて思っていたのです。

 

 

だけどね、
この本を読んでみて、
本当に衝撃的でした。

 

日本武尊は、
幼少期、母から愛されていないと感じ、
インナーチャイルドを抱え、
(インチャとは書いてないけどね。)

度重なる戦で、
何度も危ない目に遭いながら、

東方征伐に向かう途中の海で、
最愛の妻を亡くし、

命からがら、
大和の国をまとめ上げ、

いよいよ帰郷し、
両親に喜ばれると思ったところで、

その功績を羨む義弟によって、
暗殺されてしまったのです。

両親にその功績を称えられることもなく、
自分がまとめ上げたその国を治めることもなく、
死んでしまったのです。

しかも義弟の仕業と知りながら、
そのことを誰にも言わずに、
亡くなったんです。

 

なんていう人生でしょう・・・

 

私が想像していた人生とは、
遥かに異なるものでした。

 

そうかあ、
神様って、
こんなに苦労してたんだ。

神様だって、
一人の人間のように、
奢ったり、誤ったり、失敗しながら、
生きてたんだなあ。

というより、
こんな大変な人生を受け入れたから、
神様になれたんだな、
とも思いました。

 

 

春くらいかな、
私がこの本を読んだ頃は、
「あー大変・・・」といつも思って、
不平不満を漏らす毎日だったので、
この本を読んで、考えを改めました。

 

神様だって、
こんなに苦労してたんだ。

私なんて、
家族も元気に生きてるし、
命を落とすような危険な目に遭うわけでもないし、
なまぬるいわー!!って。

 

 

今思えば、
私は子供の頃から、
魔女が好きで、
『メリーポピンズ』とか、
『奥様は魔女』が大好きでした。

なんでも解決できる、
その特別な能力に憧れていたのだと思います。

それは、裏を返せば、
努力せずに、楽に、
問題を解決したい!
という気持ちの表れだったのかもしれませんね。

 

 

 

先日、アフガニスタンのために尽力された、
中村哲さんがお亡くなりになりましたね。

 

恥ずかしながら、
中村さんのことはよく存じ上げていなかったのですが、
このニュースを聞いた時に、
ふと、日本武尊のことと重なったんです。

 

あれだけ身を粉にして、
アフガニスタンのために尽力したのに、
そのアフガニスタンで殺された。

 

もちろんあってはならないことだし、

とても悲しい出来事で
憤りも感じますが、

「あー、中村哲さんは、
神様になったんだー。」

勝手ながら、

私はそう感じました。

 

 

 

苦しい時もあるし、
不条理なこともたくさんあるし、
結果が出ないこともいっぱいあるけど、

それもそれで、
受け入れるんだよと、
日本武尊と中村哲さんが教えてくれたように思います。

 

お二人のような域まで行けることは、
とてもできないけれど、
その生き方を少しでも知っていると、
心の支えになると思います。

 

募集中です↓

【第5期】

『自宅にいながらゼロから学べる!
動画見放題!質問し放題!
ホメオパシー3ヶ月フルサポート講座』


【詳細はこちら】

【お申し込みはこちら】

【よくある質問】

お問い合わせはこちらまで↓
info@omeopatia.tokyo

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京千駄ヶ谷・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。