スーヤと日本武尊の意味がつながった飯坂温泉の旅〜1000年先の未来へ!我が社の不思議なストーリー⑥〜

 

工藤聖子(さとこ)です。

 

==============

我が社は、
1000年先も日本が豊かで、
そこに暮らす人が健康で、
幸せであるように願い、
今の事業を行なっています。

1000年かけて成長する
スーヤ(生命の木)をモチーフにした、
ホメオパシーセンター『オメオパティア』のロゴマーク↓

 

 

では、なぜ1000年先なのか??

そこに至るストーリーを、
シリーズで書いています。

 

①から読む場合はこちら↓

『1000年先の未来も、日本が豊かで、元気で、幸せであるように!
これが私の使命です!〜我が社のストーリー①〜』

==============

 

2000年前に、
日本武尊が東方征伐の際に、
船でたどり着いたと言われる、
我が家の氏神様。

そこに、
仙台の三森弥生ホメオパスと訪れた時、
三森さんが号泣。

 

そんな三森さんと、
これまた日本武尊が、
東方征伐の際に立ち寄った飯坂温泉に、
一泊することになりました。

 

そのことは前回書いてます↓

『日本武尊とご縁を深める旅に出る!
〜1000年先の未来へ!我が社のストーリー⑤〜』

 

 

そして、2017年10月。

 

福島へ向かう朝、
なんだか、日本武尊と一緒に、
福島へ向かうような気持ちでした。

 

2000年前は、
苦労して、
歩いて行っただろうに、

現代に生きる私は、
美味しいお弁当食べながら、
ヒョイっと新幹線で行くなんて、
申し訳ないなあーなんて思いながら。。。

 

福島に着くと、
ちょうど福島市では年に1回のお祭りが開催されていて、
とても賑わっていました。

どこに行っても、人、人、人。

 

そして、
泊まることになっていた飯坂温泉でも、
なんと、
日本三大けんか祭りの一つである、
『飯坂けんか祭り』
が開催されていました!

普段は、
寂れてしまっている飯坂温泉らしいのですが、
この日はとにかく活気にあふれていました。

 

福島市内、
どこに行っても、
とにかく賑わっているのです。

 

 

 

その賑わいを見て、
私は、日本武尊も、
喜んでいるなあー、
と感じていました。

 

 

あ、ちなみに、

セミナーは、
やまきさんのおかげで、
大盛況で終了しました!

ありがとうございました!

 

夜ご飯を食べ、
飯坂温泉に着くと、
そこでも不思議なことがありました。

やまきさんが運転中、
道に迷って、
真っ暗な岩場にたどり着いたのです。

なんだか怖いくらい、真っ暗。

でも、私も三森さんもなんとなく、
その場所が気になり、
翌朝その場所に行ってみました。

 

目をつむってみると、
こんなイメージが湧いてきました。

 

東方征伐で、
時には闘い、傷も負い、
大変な苦労をしてきた日本武尊が、

この地で、
束の間の休息をとり、

お湯に浸かって、
疲れをほぐし、

お供の仲間と、
ひと時の宴を楽しんだ。

 

 

そしてお昼前からは、
やまきさんと三森さんと私の三人で、
飯坂温泉をアテもなく、
ぶらぶらと散策をしていました。

すると、
公園のような林があり、
その中に入っていくと、
そこは神社でした。

 

そして、
神社に着いたちょうどその時、
地域の人たちがたくさん集まり、
ご祈祷が始まったのです。

 

けんか祭りの、
ご祈祷だったんだと思います。

出店も出ていて、
活気もあります。

 

とにかく町中の名士のような方々が、
一堂に集まった感じでした。

 

私は神社から少し離れたところで、
ご祈祷の様子を見ていたのですが、
ふと、気がついたことがありました。

 

2000年前、
日本武尊が、
日本を良い国にしようと、
大変な苦労をしながら、
東方征伐を行なった。

 

そうやって、
日本を治めた日本武尊は、
2000年後も、
日本人がこうやって、
今この土地で幸せに暮らせていることを、
とても喜んでいる、と。

 

自分が成したことが、
今にも活きていることが、
純粋に喜びなんだと、
そう思ったわけです。

 

そこで、
これまでの様々な不思議な出来事が、

バチッ!

 

と繋がりました!

散りばめられていた、
たくさんの点と点が、
一本の線で繋がった感じです。

 

 

「あ!そうか!

1000年かけて成長する、
スーヤ(生命の木)が、
うちのセンターのシンボルだと、
教えてもらっていたのは、

1000年先の未来の、
人々の暮らしが豊かで、
健康で、幸せあるように、

そういう志を持って、
仕事をしなさい!という、
メッセージだったんだ!」

と。

呼ばれるように引っ越してきた我が家に、
ホメオパシーでも一般的なスーヤ(生命の木)があったこと。

家を出て、事務所を構えようと、
玄関マットを買いに行ったら、
そこにスーヤの木のマットがあったこと。

氏神様が、
日本武尊が東方征伐の際にたどり着いた場所で、

私は日本武尊がたどった道を歩くように言われ、
祈りながら何度も歩いていたこと。

「あーそういうことだったんだー!」
と全てが繋がった瞬間でした。

 

それに気づき、
自然と涙も溢れてきました。

 

 

 

1000年先の未来のために、
今、仕事をする。

それはとてつもなく壮大なことです。

そんな壮大な仕事を関わらせてもらえるなんて、
とても光栄だと思います。

 

 

正直に言えば、
今の日本でホメオパシーを仕事にするって、
至難の技です。

まして、
ホメオパスがホメオパスとして働ける場所があることが、
ホメオパシー業界全体の活性化に繋がるのではないか?と考え、
雇用を産み出すことに挑戦している我が社には、
困難なことが多くあります。

でも、
どんなに困難なことがあっても、
1000年先の日本を作るという想いに立ち戻ることができれば、
それは私にとって、
大きな支えとなるものです。

 

本当にありがたい教えであり、
尊い、尊い、道しるべです。

 

 

ちなみに、
ネットの情報では、
「日本武尊がこの地に立ち寄った」
とは書いてあったけど、

実際、飯坂温泉に行ってみると、
「松尾芭蕉がこの地に来た!」
などとはあちこちに書いてありますが、

日本武尊については、
誰も一切触れず・・・

 

日本武尊の業績を讃えるものは、
そこには見つけられませんでした。

 

でもね。

名を残すとか、
誰かに認めてもらうとか、
誰かに賞賛されるために、
日本を治めたんじゃない。

特に誰に認められなくても、
誰に感謝されなくても、
誰に賞賛されなくても、

自分の喜びのためにやる。

 

それが、究極の仕事の仕方で、
生き方の真髄だなと、
教えてもらった気がしました。

 

私はまだまだ未熟な人間なので、
感謝されたい!
認められたい!
すごいって言って欲しい!!
っていう気持ちが、
時々むくむく湧いて出てくるんだけど、

自分のインチャに声をかけながら、
日本武尊の精神を思い出し、
自分をねぎらっています^^

 

 

ところで、
日本は世界最古の国だって、
知っていますか?

紀元前600年に、
神武天皇が即位してから、
約2600年。

『皇紀2679年』
と表されます。

昨日の『建国記念日』は、
2679年前に、
日本ができましたー!
という超大事な日だったわけです。

日本では全くスルーで、
バレンタイン!バレンタイン!と騒いておりますが・・・汗

 

世界では、
統治者が変わったり、
他の国に侵略されたりする中、
日本だけがずーっと“日本”

 

第2位のデンマークでも、
歴史は約1100年。

歴史のあるイギリスでも、
約900年。

 

日本の歴史は、
桁違いに長いんです!!

 

(それを学校でも教えてくれず、
ほとんどの人がこの事実を知らないって、
ほんと日本はどうかしてると思いますが・・・)

 

日本人は、
日本人であることに、
もっと誇りを持って欲しい!
そう思います。

 

そんな世界に誇れる最も古い国家・日本が、
これから1000年先も、豊かで、
そこに暮らす人々が健康で、
幸せであるように。

私も、
会社としても、
そんな壮大な仕事の
ほんの一端でも担うことができたら、
とてもとても光栄なことだと思います。

 

 

そうは言っても、
1000年先って、
一体どんな世界??

全く想像もつかないし、
1000年先なんて、
途方もない。

途方もなさすぎる。。。

本当にそれを使命としていいのか、
あまりにも漠然としている。。。

全て、私の妄想かもしれないし。。。

 

そんな、なんとなく、
おぼろげだった私の想いは、

あるキッカケで、

“1000年先”が確信へ

と変わります。

 

 

それは、
お世話になっているある社長さんのお誘いで参加した、
『帝王学』のセミナーでのことでした。

 

続く↓

『帝王学を学んで1000年先が確信へと変わった話
〜1000年先の未来へ!我が社の不思議なストーリー⑦〜』

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京渋谷駅前・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。