子供のアトピーが治りませんでした。相談するホメオパスによって差が出てきてしまうものですか?

工藤聖子(さとこ)です。

今日もメルマガから募集した、
ご質問にお答えしていきます!

早速ですがご質問です!

 

【ご質問】

以前私も、息子も、
健康相談を受けたことがあるのですが、
あまり納得のいかない説明でした。

子供もアトピーも治らず、
今は中学生になってしまいました。

聖子さんは、
アトピーも治してくださっていますが、
やはりご相談するホメオパスによって、
差がでてきてしまうものなのでしょうか?

 

ご質問、ありがとうございます!

 

正直にお話しすれば、
ホメオパスによって、
かなり差は大きいと思います。

 

なぜかと言うと、
ホメオパシーは、
西洋医学と違い、
レメディーの選択や、
症状に対するアプローチに、
明確な規定や決まりがないからです。

 

西洋医学では、
まず症状がある場合、
様々な検査をして、
『病名』を特定します。

そして『病名』が特定すれば、
一律に規定に従った治療が行われます。

「アトピー = ステロイド」
といったように。

つまり、
どの病院へ行っても、
治療方法に対した違いはないことになります。

(どう診断するか?
手術の腕前は?
という違いはあるかと思います。)

 

一方、ホメオパシーでは、
その症状に病名をつけることはありません。

そして、その病状に対する対処法は、
西洋医学のように決まりや規定があるわけではありません。

同じアトピーであっても、
そのホメオパスが、その症状に着目し、
どのレメディーを選び、
どう適用するかによって、
大きく変わります。

自ずと結果も変わってくるでしょう・・・

(アトピーに良いレメディーは無数に存在します。)

わかりやすいケースをお話ししますね。

ある男の子は、
ひどい夜驚症がありました。

お母さんは、
ホメオパシーの相談会をずっと続けてきました。

ホメオパスを度々変えながら10年。

しかし、夜驚症は、
一向に良くなりません。

 

そして、最後に、
ホメオパシーの第一人者・由井寅子先生の、
健康相談会を受けることができました。

寅子先生は、
その症状だけでなく、
家族環境まで考慮し、
その原因を見つけ、
レメディーを出しました。

すると、たった一回の相談会で、
夜驚症が改善したのです!

10年、全く改善しなかったのに・・・

 

寅子先生は、
神がかり的なホメオパスですし、
このケースは極端な例かもしれませんが、
それほどホメオパスによって、
結果は違うこともあるということですね。

(寅子先生の相談会は、
難病の方のみ受け付けていて、
常にキャンセル待ちの状態です。)

 

今、寅子先生は、
『ZENホメオパシー』を提唱されています。

ZENホメオパシーとは、
クライアントにレメディーを与えるだけでなく、
インナーチャイルド癒しと、
祝詞・般若心経を上げることによって、
霊性をあげることを同時に行うものです。

 

寅子先生は、
私たちホメオパスが治せない難病のクライアントさんを、
20年間見続けられてきたからこそ、
このZENホメオパシーを開発され、
私たち後輩に惜しげもなく教えてくださっています。

 

もし健康相談会を考えていらっしゃるなら、

・レメディー
・インナーチャイルド癒し
・霊性の向上

といった視点を持ち、
そこに対するアプローチをしてくれるホメオパスのところに、
行くと良いと思いますよ。

 

もちろん!

私たち『オメオパティア』のホメオパス、セラピストは、
皆、ZENホメオパシーを提供しています。

どうぞ安心して、ご相談ください。

おうちが遠くても、
スカイプ(ZOOM)を利用し、
対面と同じように、
健康相談会をご利用いただけます。

ZOOMの使い方は簡単で、
事務局から送られるURLをクリックするだけで、
スマホ、タブレット、PCから簡単にオンラインでお話できます。

ぜひ、私たち『オメオパティア』に、
ご相談くださいね^^

 

『信頼の相談実績と
安心のサポート体制』で、
お迎えしております!

【一番人気!ホメオパシー健康相談会】

【絶対オススメ!インナーチャイルドセッション】

1月5、6日に東京世田谷で行われる、
ホメオパシー学術大会(コングレス)では、
私が、レメディー、インチャ癒し、祝詞般若心経で、
改善したケースをお話しますよ!

また改めてご案内します^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。