実は私、虐待のニュースを聞く度に、自分の子育ての思い出と重なり気持ちがわかるんです。

工藤聖子(さとこ)です。

 

 

連日、尊い命が奪われる事件が続き、

胸が痛いです。

 

特に小さな命が、

温かい家族の愛を知らないまま、

亡くなられたことを思うと、

いたたまれません。

 

 

 

幼くして“書く”という力をもち、

多くの大人の心を動かした結愛ちゃんは、

大きな使命をもった、

偉大な魂だったのだと思います。

 

 

 

実は私、

虐待のニュースを聞く度に、

自分の子育ての思い出と重なり、

虐待してしまったお母さんの気持ちが、

よくわかるんです。。。

 

 

もちろん、私も、

結婚して子供産むまでは、
虐待のニュースを聞くと、

「なんてひどい親だ!」

「とんでもない親がいるものだ!」

と、批判するばかりでした。

しかし、
実際に子供を産んでみると、
思い描いていたような、

楽しい子育て生活ではなかったのです。

仕事が忙しく、
ほとんど家にいない夫。

妊娠中に引っ越し、

家族も親戚も友人も誰もいない、
全く知らない土地で、
赤ちゃんとたった二人の生活。

丸一日、

誰とも口をきかず、
過ごすことも多くありました。

そしていつからか、
息子に向きあっていると、
どこからやってくるのか、
言いようのない怒りがこみあげ、
息子に当たってしまうことも、

多くありました。

理想のお母さんになりたかったのに。

 

母親のような、

子育てはしたくなかったのに。

実際は全然、

いいお母さんになれない。

 

 

怒りが込み上げてしまって、

明日、私の名前が、

新聞に載るんじゃないかと、

思うことも度々ありました。

 

そして、
息子の愛おしい寝顔見ては、

涙をする日が何度もありました。

image

↑息子が1歳の頃。

 

そんな時、
私の心を救ってくれたのは、
息子の出産と同時に始めたホメオパシーと、

ホメオパシーの学校で学んだ、
『インナーチャイルド癒し』でした。

子供と向き合っていて、
こみ上げてくる怒りの正体は、
私が未解決にしてきた感情、

つまりインナーチャイルドだと、

わかったのです。

 

そして、

インナーチャイルド癒しに取り組むにつれ、

抱いてきたたくさんの間違った価値観を、

手放すことができると、

 

怒りが込み上げてくることが少なくなり、

子育てが楽になっていきました。

さらに同時に、
私は子育ての目標を、
あることに定めます。

「息子を〇〇〇ない。」

 

 

それまでは、

「子育てはこうあるべき!」

「母親はこうしなくてはいけない!」

とたくさんの規則が、

自分の中にあったのですが、

 

この目標に設定してから、
夜、寝る前に、

毎日自分のことを、

褒めてあげられるようになりました。

 「よし目標達成!
えらかったね、私!」

と。
そして、
それを毎日続けていると、
今度は、
『息子が今日も生きていることが、

ありがたい!』

と思えるようになってきました。

「息子ちゃん、
今日も生きてて偉かったね。」

本気で、

そう思えるようになったのです。

さらに、

「今日も生きてて偉かったね!」

を続けていると、
今度は、
こう思えるようになりました。

「毎日生きている息子を見れるっていう事は、
私も毎日生きているから。
だから、私も偉いんじゃないか??」

「私、生きてて偉い!
よくがんばってるね!」

 

子育てが苦しく、

怒ったり、泣いたり、落ち込んだり、

涙していた頃から比べると、
あまりに大きな変化でした。

 

 

そして、今、

インナーチャイルド癒しで、

あらゆる価値観を手放してきたおかげで、

ほとんど息子にイラッとすることはありません。

 

「毎日勉強しなくては。」

「宿題を早めに終わらせなければ。」

「ゲームばっかりしていてはダメ。」

「野菜はしっかり食べなくてはダメ。」

「人に迷惑をかけてはダメ。」

「人から良い評価を得なくては!」

 

そういった、

よく耳にする価値観を、

私は持っていないので、

イラッとくることも少ないんですよね。

 

 

(プロ野球の個人成績について、
一日中説明されると、
ム―!ってなるけど。笑)

 

image

 

私は普段から、お仕事で、

小さなお子さんを持つお母さんの話を伺います。

お母さんたちは、

とても言いづらそうに、

 

「子供に強く怒ってしまったんです。」

「子供をつき飛ばしてしまいました。」

「子供に、あっち行け!と怒鳴っちゃった。」

 

「泣きわめく子供を残して、

部屋に閉じこもってしまいました。」

と教えてくれます。

 

 

私は、いつも、

「そうですよね~。

それ、よくわかります。

私もそうでしたから。」

と笑って答えます。

 

 

虐待というのは、
ごく一部の人が行うものではなく、

そこまで至らないまでも、

多くのお母さんが悩んでいることなんです。

事件が起きると、
「児童相談所の対応が・・・」とか、
「警察との連携が・・・」とか、
そういう対応の話が出てくるけれど、

(それももちろん大事だけれど。)

 

でも、

1番大事なことって、
お母さんの心が楽になること、

だと思うんですよね。

 

お母さんが自分のことを、

大事にできるようになること。

 

お母さん自身が自分を愛すること。

 

そして、
自分と同じように、

子供を大事にして、
子供を愛することができるようになると、

悲しい事件が少しずつ、

起きなくなるんじゃないかな。

 

 

私が決めた目標、

「息子を○○○ない!」は、

ちょっとここには書きにくいので、

無料のメールセミナーをお読みください^^

 

 

【現在1400名登録・無料】
『子育てが少ーし楽になる10のお話
~インナーチャイルドを癒し、無条件に自分を愛そう~』

 

 

 

私の体験が、
今も苦しむお母さんのお役に立てれば、
とても嬉しく思います。

最後にね、

どんなに怒るお母さんでも、
どんなに怖いお母さんでも、
子供は無条件にお母さんのことが、
大好きなんですよ♡

1人でも多くのお母さんと、
子供たちの心が楽になりますように☆

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。