末期ガンの人に有効で副作用もない丸山ワクチンが国に認められなかったのはなぜ??

工藤聖子です。

昨日たまたま息子とテレビを見ていたら、
驚くような番組をやっていました。

それは、
中居くんと鶴瓶さんの、
『世界仰天ニュース』

そこで、
『丸山ワクチン』について、
取り上げていたのです。

 
image
私も丸山ワクチンについては、
名前だけは聞いたことがあるくらいで、
詳しくはわからないのですが、
 
通常のワクチンとは異なり、、
免疫をあげる、
自然療法的なものであることは、
知っています。
 
番組によると、
丸山ワクチンとは、
日本医科大学の教授である丸山千里博士が、
ハンセン病患者がガンに罹らない
ということをヒントに1944年に開発した、
副作用の全くないワクチンだそうです。
 
image
 
このワクチン、
副作用が全くないにもかかわらず、
余命宣告を受けたガン患者の40%以上の、
長期延命を可能にしていました。
 
当時かなり話題になっていたようで、
多くの末期ガン患者が、
丸山先生の元を訪れていました。

そして、
医薬品としての承認を得ようという動きが強まり、
たくさんの署名や臨床データを厚労省に提出。

 
しかし、
再三にわたる資料提出にも関わらず、
薬事審議会は、
丸山ワクチンの有効性を完全に否定。
 
医薬品としての承認を受けることができませんでした。

image
ところが。

同時期に開発、申請された他の薬は、
ひどい副作用があるにも関わらず、
わずかな期間で承認を受けています。

なぜなら、
その薬の開発したメンバーが、
承認、非承認を決める、
審議会のメンバーだったのです。

そして、
丸山ワクチンについては、

「開業医の臨床データは認めない」

などの言いがかりをつけて、
承認しなかったのです。
 
 
丸山医師は、
「厚労省は、
副作用がない薬を承認するとしているのに、
副作用のある薬は、
次から次と認可されているのは、
不可解と申す他ありません。」
と記者会見で述べています。
 
image
 
 

これ、なぜだかわかりますか?

同時期に丸山ワクチンを承認してしまうと、
より効果の高い丸山ワクチンの方が、
よく売れます。

すると、
せっかく開発した自分達の薬は、
売れなくなるのです。

 
調査会のメンバーは、
「結局事前に厚労省との間で
拒否ということが決まっていた」
と証言しています。
 
image
 
 
その8年後、
認可されたの薬の方は、
有効性がないと否定されたのですが、

それらの薬はそれまでに、
1兆円売りあげたのだそうです・・・

image

 
一方丸山ワクチンは、
40日使って9720円だそうで、
とても安い。
(抗がん剤は一粒何万円とかしますからね。)
 
安くて、
本当に治してしまうものは、
どうしても認めるわけにいかないのでしょう。
 
(ホメオパシーも安くて、
本当に治しちゃうからね。)
 
本当に、
こういう世の中の仕組みを知ると、
愕然としますよね・・・
 
 
企業が努力して利益を上げることには、
私は全く反対しません。
 
社員と社員の生活が
かかっているわけですから、
当たりまえのことです。
 
 
でも、だからといって、
自分たちの利益を優先し、
本当に良いものまで、
捻りつぶしてしまうのは、
やっぱり違うと思う。
 
 
人の命がかかっているわけなので、
『陸王』のアトランティスより、
たちが悪いよね・・・
 
 
 
 
それでね、
私が何に驚いたかと言うと、
番組の内容そのものではなくて、

こんなことをテレビ番組で放送したことに、
驚きました。

スポンサーである製薬会社から、
たくさんお金をもらって、
番組を作っている民放のテレビ局は、

普通こういうことは報道できないのに。
 
それでもこの丸山ワクチンについて、
取り上げたことに、
驚いたんですね。

気骨のある社員がいるのかも!!と。

 
まあ、丸山ワクチンのみならず、
古今東西、
こういうことは往々にしてあるわけで、
先日読んだ、
近藤誠医師の、
『ワクチン副作用の恐怖』
にも同様のことは山ほど書いてありました。
 
image
 
 
ワクチン接種直後に、
亡くなった人がどれほどいても、
審議会で、
「ワクチンと死亡との因果関係は、
認められない。」とし、
審議会のメンバーは誰も異を唱えない。
 
そしてそのメンバーは、
そのワクチンを開発した会社の人間。。。
 
 
とにかく、
目を疑うようなことが、
たくさん書いてあるので、
一度読んでみてください。
 
 
ほんとねー、
あのお相撲さんが、
あのお相撲さんを殴ったとか、
殴ってないとか、
 
あの親方が報告したとか、
報告してないとか、
そんなことばっかりやってる場合でないよ。
 
人の命がかかわっているのに、
報告しない大人なんて、
山ほどいるんだよ。
 
しかもそれは、
世間的にいわゆる“偉い人”たちなんだよ・・・
 
 
今日から配信開始している、
豊受クリニック高野医師監修
『ワクチンと感染症の乗り越え方がまるごとわかる
30日間実践メール講座』
でも、
高野先生がこのように書かれています。

『(医者になりたての若い頃、

必要のない抗生剤が、
あまりにたくさん、

子供たちに出されているのを見て、)

先輩医師に
「なんで抗生剤をこれほど処方するのですか?」
と純粋に尋ねてみたところ

「親は抗生剤をもらえば安心するし、
後でこじれたて肺炎などになった時に、
誤診扱いされかねないからだ」

という説明を受けて、
念のために処方される抗生剤は、

 
子供を守るためのものではなく
医者や病院を守るための薬なのだと
感じたことを、ハッキリと覚えています。』
 
image
(↑高野先生)
 
素敵なお医者さんですよね。
本来こどもたちの命や健康を守るはずの病院や医師が、
結局は自分たちを守るために薬を出している・・・
悲しいことです。
(私たち患者側の問題でもあります。)
 
同じように講座内で、

研究者であるつかさ雷太さんも、

「お偉いさんが、
インフルエンザのことには、
研究費がたくさんつくと言っていた。」

と書いています。

(本当はもっと赤裸々な告白なんですが、
それは講座で詳しくお伝えしますね!)

ワクチンのことを調べはじめると、
ワクチンのことだけではなく、
社会の構造そのものを知ることとなります。

 
「世の中そんなことが起きてるの!?」と、
愕然とすることも多いです。
はっきり言って。
 
誰も人の健康のことなんて考えてなくて、
自分の利益ばっかりやーん!って。
 
 
だけど、
それをすべて知ったからこそ、
「自分はどう行動するのか?」
「自分は何を選択するのか?」
「自分はどう生きたいのか?」
それを考えることができると思うんですよね。
それを突き付けてくれる、
ワクチンの存在って、
結局はありがたいんです。
 
 
ワクチンの裏事情も含め、
医師、研究者、ホメオパスの現場の声、
ワクチンの害だしの方法、
感染症の乗り越え方を、
実践的にお伝えします!
 

 

【豊受クリニック・高野院長監修】
『ワクチンと感染症の乗り越え方がまるごとわかる!
実践30日間メール講座』

<詳細・お申込みはこちらをクリック>

お申込みお待ちしています!

image
 
無料のワクチンメール講座も人気ですよ↓
 
 

丸山ワクチンについて、
世界仰天ニュースのページもあるよ。

 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 

 

 

 

大好評配信中!無料のメールセミナー

 

 

オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

ホメオパシーでの改善例

【メニュー一覧】

【アクセス】

【お問い合わせ・お申込みフォーム】

~オーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。