息子が10歳になりました!この10年、私バケツ3杯分は涙を流したなあ。

工藤聖子です。

 

今月18日に、
息子が10歳になりました!

10年前に自宅出産をし、
私のお尻からズボーンと出てきた、
小さな小さな息子が、
10歳になるなんて!

(私がいつも

「お尻から出てきた!」

と言うんだけど、

 

夫と息子に

「お腹からでしょ!うんちみたい!」

って言われます。
でも本当にお尻から出てきたんだよねー笑)

もうあと10年したら、
息子は大人になって、
家も出て行くかもしれないと思うと、
「いつまでも子供のままでいて~」と、
寂しい気持ちになります。

 

{C580DAC0-D45A-4150-9F92-39EE77B0D9B4}

でも10年前は、
育児に必死で、
子育てが本当に辛くて、
明日の新聞に、
私の名前が載るんじゃないかと、
本気で思っていました。

だから今、
子供のままでいてなんて、
そんな境地に至るなんて、
思いもしなかったです。ほんとに。

それが今やこうやって、
ホメオパスとなり、

たくさんのクライアントさんとご縁をいただき、
3400名のメルマガの読者さんや、

多くのブログの読者さんと繋がっているなんて!

もしかしたら、
今の私を華々しく思う方も

いるかもしれません。

だけどこの10年の月日を想うと、
辛いこと、しんどいことが多すぎて、
心も体もズタズタになり、
バケツ3杯分くらいの涙を流したと思います。

両親もいない、
家族もいない、
夫もいない、
近くに友人もいない、
という状況下で、
ひとりで育児することが辛くて、
なかなか進まない時計を見ては、
ため息をもらしていました。

出産と同時にホメオパシーを始め、
薬やワクチンのことを知り、
世の中の仕組みに絶望し、
怒りを覚え、
眉間にシワを寄せて、
毎日を過ごしていました。

ホメオパシーの健康相談会を受け、
レメディーを取るたびに、
何度も私を襲う好転反応に、
外出することもできず、
心が折れそうにもなりました。

私が妊娠3か月で転勤になった夫は、
同時に仕事が激務となり、
夫婦で顔も見ない、
会話もない、
心も通じない、
不仲の状態がずっと続き、
何度も離婚の文字が頭をよぎりました。

子育てが苦しくて、
自分のインナーチャイルドを癒すことに取り組むのですが、
暗く長いトンネルはどこまでも続いているようで、
出口が見えず、
暗澹たる思いでした。

3・11が起き、
夫の会社も大変になり、
放射能の心配をしながら、
人と顔を合わせないように、
いつも下を向いて歩いていました。

やがてホメオパスとして仕事を始めても、
批判を受けることも多く、
騙されることもあり、
うまくいかないことも続き、
落ち込み悩み続ける日々でした。

現役で働いていた69歳の父が、
突然体調を崩し、
末期ガンとわかり、
骨盤内臓器全摘という大変な手術は受けないと決め、
札幌から千葉に父を引き取り、
一生懸命看病しましたが、

私たちの願いはかなわず、
倒れてからたった3か月で、
父は他界してしまいました。

私が負った、
父の断末魔ともいえる、
壮絶な最期を見届ける役目も、
ひどく重いものでした。

その3か月後、
父のお母さんである、
私を赤ちゃんのときから育ててくれた、
最愛の祖母も、
父のあとを追うように、
逝ってしまいました。

この10年をこうやって、
振り返って書いてみると、
本当に辛いことが多くて、
今でも涙が出ます。

image

だけど。

このひとつひとつの経験は、
私を今の地点に導いてくれる、
大切な出来事でした。

このすべての体験が、
今の私を作ってくれたことは、
間違いありません。

どんなに辛いことも、
何一つ無駄なことはありませんでした。

あらゆることに意味があり、
私はそれを受け取って、
自分の糧にし、
成長することができたと思っています。

そしてその支えとなったのは、
ホメオパシーの学校で、
恩師である由井寅子先生から教わった、
あり方や生き方などの、
“ホメオパシー哲学”でした。

今では、
息子が毎日生きていること。

学校から元気に帰ってくること。

夫が毎日働いて、
家に帰ってきてくれること。

私は痛みや痒みがなく、
毎日眠れること。

雨風から守ってくれる、
家があること。

私も毎日命があること。

そんな些細なことが、
本当に幸せだなーと、
思えるようになりました。

10年前は、
夫のせい!
社会のせい!
環境のせい!
とすべてが不満だらけだった、
この私がね!(笑)

本当に、
どんな嫌なことも、
辛いことも、
必ず意味があり、
必要で起きています。

どんなに心が掻き乱されても、
このことが腹の底からわかっていると、
いつか必ず乗り越えられますよ!

そして、
病気も然りです。

どんな病気も、
お子さんの症状も、
「生き方が違うよ!
本来のあなたを生きてないよ!」
と教えてくれるメッセージです。

実は、
感染症も、
私たちの体や心の滞りを、
きれいにしてくれる、
ありがたい存在なのです。

さらにワクチンも、
病気、症状や、痛みや、不快を嫌い、
避けて通ろうとする私たちの鏡として、
この世に存在してくれているんですよね。

何一つ、
無駄なことはない。

今募集中の、
【豊受クリニック・高野院長監修】
『ワクチンと感染症の乗り越え方がまるごとわかる!
実践30日間メール講座』

でお伝えしていることは、

「ワクチン危ない!ワクチン反対!」
「ホメオパシー万歳!ホメオパシー最高!」

という単純なことではありません。

ワクチンのことを考えることで、
自分のあり方を見直し、

ワクチンうつ、うたないと、
家族ともめることで、
相手を受け入れることを学び、

症状を受け入れることで、
自然と体の偉大な仕組に敬意を払い、

感染症を乗り越えることで、
自分自身が本来持つ力を信頼できるようになる。

そんな〝ホメオパシー哲学”をお伝えし、
受け取ってもらえたらいいなと、
想っています。

医師からの意見、
最前線で感染症を研究する研究者の視点、
ホメオパシー的考え方や、
ホメオパシー的感染症予防や乗り越え方、
さらにホメオパシーを使った体験談と、

あらゆる視点で、
これだけの情報が網羅された講座は、
世界中どこを探してもない、
素晴らしい講座だと、
スタッフ一同自負しております!

ぜひお読みくださいね!

年末慌ただしいので、
初回限定割引を、
1月10日まで延長します!

ペイパルによる
クレジット払いも可能ですよ!

【豊受クリニック・高野院長監修】
『ワクチンと感染症の乗り越え方がまるごとわかる!
実践30日間メール講座』

【講座の詳細はこちらからどうぞ】

 

お申込み、
心よりお待ちしています!

image

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。