今話題のウーマンラッシュアワーの漫才を‟薬バージョン”でパロディってみた!

工藤聖子(さとこ)です。

 

先週末フジテレビで放映された、

『THE MANSAI2017』で、

ウーマンラッシュアワーが、

凄い漫才を披露しました。

 

家で録画したのを見たんだけど、

ビックリしたわ~

 

 

北朝鮮の問題、

原発の問題、

被災地の問題など、

かなり突っ込んだ内容で、

痛烈に批判しながらも、

笑いを交えた見事なネタでした。

 

そして、

その根本にある問題は、

「私たち国民の意識の低さである!」

とぶった切ってくれました。

 

ネットでもかなり話題になっていますね。

 

まだ見ていない方はこちらをどうぞ↓

 

 

 

最後の、

「おまえたちのことだぞ!」

にはビクッとしながらも、

鳥肌が立ちましたわ。

 

全国のゴールデンで、

本質を突くネタをやる、

勇気のある二人、

めっちゃかっこいい!

 

だんだんと、

テレビで活躍する人たちが、

今の問題を指摘して、

中から改革しようとする動きが

増えてきていて、

とっても嬉しくなりますね^^

 

 

 

というわけで、

(どういうわけで?)

 

ウーマンラッシュアワーのネタを、

薬バージョンで、

パロディってみました↓↓

 

 

「すみません!すみません!」

 

「抗生物質ください!」

 

「ダメだ!ダメだ!ダメだ!」

 

「お願いです!」

 

「ダメだ!ダメだ!ダメだ!」

 

「風邪で熱があるんです!

お願いです!お願いです!」

 

「日本人は、

ヨーロッパ人より、

何倍の抗生物質をとっている?」

 

「20倍!」

 

「かぜに抗生物質は効くのか?」

 

「いや、きかない。」

 

「それを医者は知らないのか?」

 

「いや、知っている。」

 

「ではなぜそんなに医者は抗生物質を出す?」

 

「薬を出さないと、

患者さんが、

『あの先生、薬もくれないんだよー!』

と文句を言うからー!」

 

 

 

「次、タミフル!」

 

 

 

「すみません!すみません!

タミフルください!」

 

「ダメだ!ダメだダメだ!」

 

「インフルエンザになっちゃったけど、

明日仕事に行かなきゃいけないんです!」

 

「ダメだ!ダメだ!ダメだ!」

 

「お願いです!お願いです!」

 

「何年も前、

タミフルはどういうニュースになった?」

 

「子供が異常行動起こして、

窓から飛び降りたり、

道路に飛び出したりして、

問題になった!」

 

「そしてどうなった?」

 

「誰もタミフルを飲まなくなった!」

 

「そのあと何があった?」

 

「始めから仕組まれた、

新型インフルエンザ騒ぎがあった!」

 

「そしてタミフルはどうなった?」

 

「今はインフルエンザに罹ると、

みんなタミフルを飲む!」

 

「異常行動の問題は解決したのか?」

 

「いや、解決していない。」

 

「じゃあ、どういう対策をとっている?」

 

「タミフルを飲ませた子供は、

部屋に閉じ込めて鍵をかけて、

監視することにしたー!!」

 

(←お医者さんが勧めてます!)

 

 

次、ワクチンの同時接種!

 

 

 

「すみません!すみません!」

 

「ワクチンを同時接種してください!」

 

「ダメだ!ダメだ!ダメだ!」

 

「今日しか病院に来れないんです!」

 

「ダメだ!ダメだ!ダメだ!」

 

「今日同時接種しないと、

ワクチンのスケジュール、

こなせないんです!

お願いです!お願いです!」

 

「6年前、ワクチンを4本5本と、

同時接種した子供はどうなった?」

 

「死亡事故が相次いだ。」

 

「そしてどうなった?」

 

「同時接種は控えるようになった。」

 

「でも今はどうなってる?」

 

「4本、5本の同時接種も、

平気で行われている!」

 

「赤ちゃんが生まれてから、

小学校に入るまでのワクチンの数は?」

 

「50本以上!」

 

「なぜそんなにワクチンをしたがる?」

 

「わかりません!」

 

「じゃあ、客がどうすれば、

酒屋は喜ぶ?」

 

「一人が何本も高いお酒を買ってくれること。」

 

「それはどうして?」

 

「客単価が上がるから。」

 

「じゃあ病院はどうだ?」

 

「一人がワクチンをいっぺんにたくさんうってくれると、

客単価があがるー!!」

 

(←推測ですが・・・)

 

 

「抗生物質のとりすぎも、

タミフルの問題も、

ワクチンの同時接種も、

どうしてこうなる?」

 

「自分たちが欲しがるから。」

 

「それはどうして?」

 

「熱を嫌がり、

症状を嫌がり、

病気を嫌がるから。」

 

「それから?」

 

「過去にどんな問題があっても、

ケロッと忘れて、

すぐにテレビやお医者さんの

言うことを鵜呑みにするから。」

 

「それは薬屋やお医者さんの問題か?」

 

「いえ。患者側の問題です!」

 

「つまり本当に問題なのは?」

 

「日本人の意識の低さ!」

 

 

「ようこそ!

【豊受クリニック・高野院長監修】
『ワクチンと感染症の乗り越え方が

まるごとわかる!
実践30日間メール講座』へ!」

 

image

 

とちゃっかり宣伝に持って行く(笑)

 

 

・ワクチンとは?

・抗体とは?免疫とは?

・ワクチンには水銀、アルミニウムが入っている!

・アトピー、喘息、アレルギー、花粉症、

なぜこんなにも子供の難病が増えたの?

・免疫を上げるにはどうする?

・感染症にはなぜかかるの?

・感染症を自然に乗り越える方法は?

・ワクチンいない場合は学校や病院でどう対応する?

・ワクチンの問題で家族ともめたときはどうする?

など、

一生ものの知識が身につくよ。

 

あなたが覚えて、

子や孫に伝えていってね!

 

初回限定割引は12月28日まで!

配信開始は1月10日から!

 

【豊受クリニック・高野院長監修】
『ワクチンと感染症の乗り越え方がまるごとわかる!
実践30日間メール講座』

1.はじめに(高野医師)

第1部    ワクチンをうつ前に知っておきたいこと
2.いち父親としての選択(高野医師)
3.いち母親としての選択(工藤)
4.ワクチンはいつ・どうしてできたの?(つかさ)
5.ワクチンが始まる前に感染症は減っていた(つかさ)
6.インフルエンザワクチンは効いていない?(つかさ)

第2部    ワクチンってどんなもの?
7.本来の免疫ってなに?(つかさ)
8.ワクチンで作る抗体とは?(つかさ)
9.ワクチンに含まれるアジュバンドってなに?(つかさ)
10.なぜ子供にアレルギーが増えているの?(つかさ)
11.どのワクチンをうったらいいですか?他 (高野医師)
12.つかさ雷太のここだけの話(つかさ)

第3部    ホメオパシーとは?
13.ホメオパシーってなに?(工藤)
14.レメディーってなに?(工藤)
15.ワクチンにはワクチンのレメディーを!(工藤)
16.マザーチンクチャーってなに?(工藤)
17.元気な体を作ろう!サポートチンクチャー(工藤)
18.予防接種の害はどうやって害だししたらいいの?(工藤)
19.どこまでセルフケアできて、
どこから専門家に頼むといいの?(工藤)

第4部    ホメオパシー的感染症対策
20.子供が感染症にかかる意味とは?(工藤)
21.ホメオパシーで感染症予防(つかさ)
22.インフルエンザの乗り越え方(工藤)
23.うたない場合の病院・学校での対処法(工藤)
24.家族で意見が合わないときは?
うつこととした場合はどうしたらいい?(工藤)

第5部    ワクチンの害だしと感染症の体験談
25.息子のおたふく体験談(工藤)
26.発達障害の子が水疱瘡にかかって改善した症例(三森)
27.予防接種の害だしで喘息とアトピーが、
改善した症例(田中)
28.百日咳の体験談(つかさ)

第6部
29.決断できないのはなぜ?(工藤)
30.ワクチンがこの世に存在する意味は?(工藤)

【おわりに・質問受け付け】

【講座の詳細・お申込みはこちら】

 

image

(左:工藤聖子 右:豊受クリニック高野医師)

 

まずは無料の講座から、

読んでみてください!↓↓↓

 

 

『予防接種に疑問を感じる?
ワクチンの効果と副作用を知って
決断するための8つのステップ』

 

 

それでは良い週末をー♪

メリークリスマス!

Buon Natale!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。