どのワクチンはうたなくてよくて、どのワクチンをうったらいいですか?

工藤聖子(さとこ)です。

ワクチンに対する質問や、
よく聞く不安の声に、

「どのワクチンをうったら良くて、
どのワクチンをうたなくていいですか?」

「破傷風とはしかは、
やっぱり予防接種を受けたほうがいいですか?」

などがあります。

どのワクチンをうったらいいですか?
破傷風とはしかは受けたほうがいいですか?

という質問は、

『感染症は怖いものであって、
ワクチンはそれを予防するもの。

だから特定のワクチンは、
やっぱりうったほうがいい。』

という考え方が、
前提になっていると思います。

感染症は怖い

ワクチンは感染症を予防するもの

でもワクチンには副作用がある

感染症の怖さとワクチンの副作用、
天秤にかけた場合、
どうしていいのかわからない・・・

感染症が怖い、
ワクチンも怖い、
じゃあどちらを選択したらいいの?

という考え方だと、
どちらも怖いので、
一生かかっても、
納得できる答えは得られないかもしれません。

しかし、
一歩ひいて、
もっと客観的に、
考えてみましょう!

本当に、
感染症は、
怖くて、
絶対避けるべきものかな??

ホメオパシーの根本的な考え方は、

『症状はありがたい』

です。

熱も咳も鼻水も湿疹も、
身体に溜まったゴミを、
出してくれているから、
出しきるといい!

だから、症状はありがたい!

という考え方です。

そして、
実は、

『感染症もありがたい』

と考えます。

ホメオパシー的には、
子供が罹る感染症は、
親から受け継いだゴミを排泄する、
ありがたい病気と考えています。

例えば、
水疱瘡は親から受け継いだ膿を出してくれるし、
とびひは抗生物質の害だしをしてくれる。

だから、
感染症はありがたいし、

体をきれいにしてくれる、
絶好の機会であるし、

だからこそ、
子供が罹る感染症が、
この世に存在しているのです。

それらを怖れ、
ワクチンのような、
たくさんの化学物質が入っているものを、
身体に入れてしまうのは、
さらに体にゴミを溜めてしまう行為と、
考えているんですね。

このような考え方が前提となっているので
あのワクチンはいらないけど、
あのワクチンはうったほうがいい、

という考え方には、
ならないのです。

まとめると、

感染症はありがたい

ワクチンはその機会を奪い、
身体にゴミを溜めるもの

感染症を上手に乗り越えられるよう、
免疫力をあげていこう!

まず、そもそもの前提が違うのですね。

日本にホメオパシーを持ち込んでくれた、
私の恩師でもある由井寅子先生は、
このようにおっしゃいます。

「ウイルスや菌が怖いのではなく、
ウイルスや菌に負けてしまうほどの、
免疫力が著しく低下することが怖いのだ。」

つまり、

 

些細なウイルスや菌に、

すっかり負けてしまうほど、

免疫が落ちていることこそ恐ろしい。

いかなる感染症にも打ち勝てるほど、
体を丈夫にし、
免疫力をあげていれば、
ウイルスも菌も怖くない!
と考えるのです。

だから私は、
どのワクチンをうって、
どのワクチンをうたないか、
とは考えないし、

感染症ごとの説明は必要がないと考えているので、
無料のワクチンのメール講座にも、

来週募集開始の有料の講座にも、

詳しくは書いていません。

(多くのお医者さんが、
そのような切り口で書いているので、
そちらを参考にされてくださいね。)

病気が怖いという気持ちも、
よくわかりますが、

ただ不安で怖れるよりも、
どう乗り越えるか?
そのことに視点を置いたほうが、
建設的な考え方だと思うのです。

本当に大事なことは、
身体の免疫力をあげること!

感染症に罹ったときは、
症状を抑えることなく、
罹り切ること!

いかなる病気も出来事も、
起こることには意味があるので、
それを受け取っていくこと!

を私はお伝えしています。

では、
感染症を、
どうやったら乗り越えることができるの?

免疫を上げるには、
どうしたらいいの?

それは、
来週12日募集開始の、
講座の中でお伝えします。

講座の中で豊受(とようけ)クリニック院長、
小児科医の高野先生にも、

「うったほうがいいワクチンはありますか?
ワクチンをうったほうがいい子はいますか?」
という質問にお答えいただいています。

その他、
「病院へ行く場合の見極め方も」も
教えてくださっていますよ。

目次をUPしました↓

『ワクチンのすべてと、
感染症の乗り越え方がまるごとわかる!
30日間実践メール講座』準備中です!

「ワクチンも感染症も怖い・・・」
という考え方から、

「感染症をありがたく受けとり、
上手に自らの力で、
乗り越えて行こう!」

という新しい考え方・ライフスタイルを、
ご提案できたらいいなと思っています☆

 

 

先にこちらを読んでおいてね!↓

 

『予防接種に疑問を感じる?
ワクチンの効果と副作用を知って
決断するための8つのステップ』

image

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。