アレルギーにならないようステロイドなどでしっかり皮膚を治しましょう!!??

工藤聖子です。

これは夏の話なんですが、
NHKの『すくすく子育て』という番組で、
アレルギーについて取り上げていたので、
ちょっと興味を持って、
見てみました。

アレルギーのある子を持っている親御さんや、
アレルギーが今後現れないか
不安に思っている親御さんに対し、
二人のお医者さんが、
アレルギーについてお話するという形の番組。

そこで、
驚くような内容が話されていたので、
ちょっとご紹介しますね。

image

そのお医者さんいわく、

「小さい頃から、
なんでも食べていたほうが、
食物アレルギーにはならないという、
データがあります。

だから、
積極的に子供には、
色々食べさせるように。

現代は、
住居が密閉状態で、
肌が乾燥しやすい。

肌が乾燥し荒れているところに、
手についた食べ物が、
肌から身体の中に入り、
それが原因でアレルギーになる。

だから、
皮膚は荒れないように、
常に保湿すること。

アトピーの子は、
食物アレルギーになりやすいので、
ステロイドをしっかり塗って、
常に肌が荒れないようにすること。

ステロイドは怖がらず、
適切にしっかり使いましょう!」

ということでした・・・
image
おー、すごいこと言うなあ。
荒れた皮膚から食べ物が入って、
それで食物アレルギーになる??

じゃあさ、
じゃあさ、
もしそうだとしたらさ、

生後まもなく、
水銀だの、
アルミニウムだの、
抗生物質だの、
ホルムアルデヒドだの、

注射で、
皮膚下に直接入れる、
ワクチンはどうなるのー??

ワクチンって、
そもそもウイルスを、
動物の組織で培養してるんでしょー??

それこそ、
アレルギーの元になるんじゃないのー??

と、
一般の母親である、
私は思うわけです。。。

ワクチンは、
その製造工程で、
ウイルスを培養するため、
動物の不健康な組織を使います。

(不健康じゃないと、
ウイルスが増殖できないため。)

そして、
その組織ごと、
ワクチンに入れます。

このとき、
本来体には入ってこない状態で、
(普通は唾液などで消化されて体に入るので)

動物の異種タンパク質が、
ワクチンによって、
身体に入ってしまいます。

それこそ、
アレルギーの大元のひとつではないかと、
ホメオパシーでは考えられています。

そんな異物が身体に入っちゃうから、
これ以上いれないでー!
と体はアレルギー反応を起こすのです。

大豆や小麦といった、
タンパク質アレルギーが多いのは、
このためではないかと言われています。

(詳しくは、
『予防接種トンデモ論』
(ホメオパシー出版)
第5章を、
お読みください。)

それからさ、
アトピーは、
身体に溜まったゴミを、
皮膚から出しているんだよ。

と私はアトピーのメール講座で話しています。

このお医者さんが言うように、
アトピーの荒れた肌から、
食べ物が入って、
アレルギーになるのではなくて、

アトピーを、
また薬で抑えることによって、
ゴミを排泄する先がなくなって、
皮膚湿疹より重篤なアレルギーに
なってしまうんじゃない??

(その子によって、
この経過をたどらないケースもあります。)

ほんとに、
偉いお医者さんが、
公共放送でこんなふうに話してしまうと、
みんなせっせとステロイド塗っちゃうので、
やめてほしいですう><

↓番組の締め!
食べさせるのか、
食べさせないのか、
どっちなんだい!
image

ワクチンについては、
只今、
豊受クリニックの高野医師監修で、
新しいメール講座を準備中です。

現役の感染症の専門家とタッグを組み、

ワクチンの効果や副反応、

ワクチンの裏事情、

ワクチンをうたない場合の対処法、

ワクチンをうってしまったあとの対処法、

学校、幼稚園、職場での対応、

病院での対応、

家族と意見が合わないとき、

ホメオパシーの活用法、

ホメオパシーでの感染症の乗り越え方

ワクチンが私たちに教えてくれること、

感染症をホメオパシーで乗り越えた実際のケース、

などをまとめた、
超!超!実践のメール講座を、
準備中です!

募集開始は12月12日を予定しています。

どうぞお楽しみに!

image
その前に、
まずはこちらから読んでおいてね。
登録は簡単・無料です!
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。