病気や死を怖れすぎていませんか?小林真央さんの死を通して今伝えたいこと

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町

工藤聖子です。

 

いよいよ来週、7月8日は、
鳥取でインナーチャイルドのセミナー開催です!

 

午前のワークショップは残1名様、

午後のグループワークはキャンセル待ちとなっています。

 

まだ行ったこともない土地で、

たくさんの方にお集りいただけることを、

とてもありがたく思っております。

 

主催のインナーチャイルドセラピストであり、

クライアントさんでもある金居洋子さんに感謝です★

 

【詳細・申込みはこちらからどうぞ】

そしてまたその4日後、
再び札幌という日々・・・

さらに速報ですが、
10月7日(土)、
福島でのセミナーが決定しました!

内容はアトピーのセミナーと
セラピスト向けのセミナーを行う予定です!
お近くの方、ぜひご予定あけておいてくださいね☆

多くの方にお会いできることを、
楽しみにしております。

さて、
先週とても悲しいニュースがありましたね。

ガンで闘病中だった、
小林真央さんが亡くなられました。

最期は顎の骨にもガンが転移していたというので、
状況を聞く限り、
相当な痛みと苦しみだったことと思います。

そんな中でも、
笑顔の写真を撮り、
最期まで自らブログで発信し続けるという、
彼女の心の強さと勇気に、
ただただ感服するばかりです。

「抗がん剤が悪かった」
「食事がなっていなかった」
など様々な批判も目にしますが、

私は、
最善の選択肢を常にとったのだと思っています。

小さい子供がいて、
一日でも長く一緒にいたいというのが、
麻央さんの願いだったでしょう。

“延命する”という視点において、
西洋医学に勝るものはない!
と私は感じています。

つい先日、
市川海老蔵さんがNHKのあさイチに出演して、
話しているのを聞きました。

「お医者さんが勧める選択肢が、
必ずしも正しいとは限らないので、
私はしっかり話をきいて、
自分達で納得して判断している。」

というようなことを、
おっしゃっていて、

麻央さんへの愛と、
芯の強さと賢さを感じました。

 

さすがですよね。

私が1月に発売した本、
『すべてのアトピーチャイルドの輝(ひかり)』
の中でも書いていますが、

抗がん剤をやる、やらない、
手術を受ける、受けない、
ステロイドをとる、とらない、
予防接種をする、しない、

あらゆる選択肢があり、
それぞれが悩み、考え出した答えは、
それぞれに正しくて、
それぞれ尊重されていいと思っています。

異なる考え方の相手でもそれを認め、
尊重し合える、
そのような社会になることを、
心から願っています。

みな、それぞれに正しいのです。

(海老蔵さんに対し、
ブログを更新しすぎ!という批判まであがっているそうですが、
「じゃあ、お前がブログ見るなよ・・・」と突っ込んでいます。)

誤解を怖れずに言えば、
私が思うに、
麻央さんは、
きっと寿命を全うしたのではないでしょうか?

愛する人に出会い、
子供を二人授かり、

自らの病気を通し、
同じように苦しむ人々に勇気を与え、
生きる喜びを伝え、
愛を教える、

「短い人生だけれど、それをやり切る!」
と勇気のある魂が、
この人生を選んでやってきたのだと思います。

偉いですよね。

私は、
自らのアトピーなどの病気を通し、
ホメオパシーの学びを通し、
「病気は悪いものではない」と思うようになりました。

様々な病気を抱えたクライアントさんとも、
日々接していますが、
クライアントさんそれぞれが、
その病気と向き合うことで、

自らの生き方を見直し、
価値観を手放し、
自分を無条件に愛するという
過程を経ていくのを間近にみていると、

病気は神様からのプレゼントだなと、
心から思うのです。

そして、
昨年の父の他界を通して、
“死”に対する価値観も変わりました。

父の末期ガンがわかって、
父の病気を治したいと思っていた時は、
“死=悪”で、
絶対に避けなければいけないものと思っていたのですが、

父が逝ってしまってからは、
死もひとつの通過点と捉えるようになりました。

ここからはあくまでも私の感覚というか、
考えなのですが、

この世とあの世は、
遠く離れた別世界ではなくて、

この世とあの世は、
2層になっていて、

私たちからはあの世は見えないし、
感じられないから、

誰かが亡くなると、
とても悲しかったり、
自分を責めたりするのですが、

あの世からは、
こちらにいつでもアクセスできて、

この世に生きる私たちを、
常にサポートしているのではないか?
ということです。

父が生きていたときは、
空港までの送り迎えをしてもらったり、
ご飯をご馳走になったり、
目に見える形でサポートしてもらっていましたが、

父が亡くなってからは、
目に見えない形で、
大きな力で、
力強くサポートしてもらっていると感じています。

(本を出せることになったことも然り。)

海老蔵さんも、
麻央ちゃんが亡くなった次の日、
舞台にいると暖かく感じ、
麻央ちゃんが一緒にいてくれたと思うとおっしゃっていました。

 

 

{88F1737D-DF7E-48A3-A0B1-FC996EB4CD80:01}

 

もちろん、

大切な人を亡くすというのは、

とてもとても悲しいです。

でも、亡くなった人たちもは、
肉体がなく、
私たちからは目に見えないけれど、

きちんと役割があって、
この世の私たちをサポートしてくれているみたいです。

死の原因は、
病気であっても、
事故や事件であっても、
自殺であっても。

なんだか怪しい話になってしまいましたが、

今回のニュースで病気や死を怖れ、
落ち着かないのであれば、
病気や死をあまり怖れすぎませんように。

(死に対する恐怖はアーセニカムというレメディーがいいですよ。)

そして、
誰かの死に、心が捉われ、
抜け出せないのであれば、

死もひとつの通過点であり、
過度に怖れたりするものではないこと。

亡くなった方に何かしてあげたいのであれば、
その方に想いを馳せてあげるだけで供養になるし、
お線香をあげてあげられれば喜ぶだろうし、
祝詞と般若心経をあげてあげれば、
この世からのサポートになりますよ、
ということをお伝えしたいと思いました^^

相談会をやっていても、
身近な人の死をきっかけに、
病気になっている方や、
心が晴れない方は多いので、
今回このことを書かせていただきました。

 

 

私が配信するメルマガでは、

もう少し突っ込んだ内容で書いていますので、

ぜひいずれかのメールセミナーにご登録いただき、

メルマガを読んでいだたければ嬉しいです!

 

 

3200名以上登録!
『ステロイドを減らしたい!
アトピー肌の原因と対策がわかる7つのお話』

 

2300名以上登録

『予防接種に疑問を感じる?
ワクチンの効果と副作用を知って決断するための8つのステップ』

 

900名以上登録!

『子育てが少ーし楽になる10のお話
~インナーチャイルドを癒し、無条件に自分を愛そう~』

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。