膀胱ガンではなく、大腸ガンだった!切り取るなら同じかもしれないけどホメオパシーでは重要です!

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町

工藤聖子です。

 

今朝のあさいちで、

ガン検診の話をしていました。

 

最初の3分くらいしか見れなかったから、

内容はよくわからないけど、

とにかく早期発見のために、

ガン検診受けましょうということらしい。

{DDAEA488-1241-44D4-9209-0A3BA53626D8:01}

 

{3023F6AA-1A7A-406A-8443-599985F883DD:01}

 

ホメオパシー的には、

ガンをあまりに恐怖に感じて、

やたらと検査しまくるのは、

検査による被爆などでガンを発症しやすくなる、

というデータもあるので、

おススメしませんが、

 

何か不調や異常があるなら、

病院できちんと検査することをしましょう!

 

ホメオパシーや自然療法にこだわって、

あまり頑張りすぎるのは、

ガンに限らずとても危険です。

 

私の父も、

病院に行ったときには、

すでに末期だったのですが、

 

その5か月ほど前、

私が夏休みに帰省していたときに、

父が痙攣を起こしたことがあって。

 

そのときはレメディー取ったらすぐに良くなっちゃったんだけど、

しっかり病院で検査していれば良かったな~と思います。

 

(それでも父は、

勤めていた短大のために必死で働いていたので、

その時点での手術は本望ではなかったかもしれないけど・・・)

 

 

実は父のガンは、

札幌では“膀胱ガン”と言われたのに対し、

千葉の病院では“大腸ガン”と言われました。

 

札幌の病院では、

さんざん検査した結果、

膀胱と大腸の間に腫瘍があって、

それぞれに浸潤している。

 

「膀胱からは腫瘍が取れたので、

一応膀胱ガンということにします。」

との説明でした。

 

ガンの原発は膀胱だ、

ということです。

 

そして札幌の病院では、

骨盤内臓器全摘しかなく、

10時間以上の大手術をするという判断でした。

 

私たちはその手術を断り、

その後すぐに、

両親は私のいる千葉へ療養のため、

引っ越してきます。

 

しかし、

その1か月後、

千葉の病院では、

「原発は大腸ガンではないか?」

 

という説明がありました。

 

通常、

大腸から膀胱にガンが転移するケースがほとんど、

というのです。

 

それには、

私も母もとても納得しました。

 

札幌での検査では、

腫瘍マーカーは大腸の方が高かったこと。

 

父のお父さんも大腸ガンで、

家系的に胃や腸が弱いこと。

 

そして、

ホメオパシーの、

“サポートDaicho”という、

大腸をサポートするサポートチンクチャーを、

父が飲んだときに、

体調が劇的に良くなったのです。

 

しかもそれは2回も!

 

サポートDaicho↓

 

※サポートチンクチャとは、

マザーチンクチャー(植物を漬け込んだ薬用酒のようなもの)と、

ホメオパシーで一般に使われる砂糖玉のレメディーが、

独自にブレンドされたもの。

 

 

1回目は、

それまで父が尿のことだけ、

私に訴えていたので、

私も尿や泌尿器に対するレメディーをあげていたのですが、

「あれ?腸がおかしいのかも!」と気づき、

サポートDaichoをあげたとき。

 

それまで1時間に2回、3回とトイレに行き、

あとはばったり寝込んでいた父ですが、

サポートDaichoを取ってから1日でトイレ通いが収まり、

運転して出かけられるほど回復しました。

 

体力が回復したから、

札幌から飛行機に乗って、

私のいる千葉まで療養のため、

引っ越してくることができました。

 

そうじゃなければ、

とても引っ越しなんてできる状況じゃなかったし、

そもそも札幌の病院も、

「体力があるから、

今のうちに手術しましょう!」

とは言わなかったと思う。

 

 

2回目は、

千葉の病院で、

原発は大腸ではないか?と言われ、

急いで膀胱ガンのサポートチンクチャーから、

大腸のサポートに変えたとき。

 

 

緊急入院となった父ですが、

サポートDaichoを取ってから、

そのときも1日で体調がまた劇的に回復し、

その後、

2泊3日の外泊を2回もすることができました。

 

(父は外泊時も仕事の引継ぎや確定申告など、

仕事ばっかりしていたけど・・・)

 

ほんとにね、

札幌の病院にとっては、

全部切り取るから、

膀胱ガンでも大腸ガンでも、

どっちでもいいのかもしれないけど、

 

ホメオパシーでサポートするときは、

大腸ガンと膀胱ガンとでは大違い!!

 

膀胱のサポートをしていたときと、

大腸のサポートをしていたときでは、

明らかに体調が違っていたので、

「通常は大腸から膀胱に転移することが多い」

というのはきちんと説明してほしかった・・・

 

(千葉の病院では、

夜間の救急の他の科の先生がすぐに教えてくれたよ。)

 

そして、

わが恩師である由井寅子先生が作った、

サポートチンクチャーは、

本当に絶大な効果を持っていることを実感しました。

 

「レメディーは単体で使うべきである!」

と主張する人も多いけど、

父を救ってくれたのは、

やっぱり寅子先生が作ったブレンドだった。

 

その恩恵を受けない手はないよね。

 

【こちらで購入可能です】

 

あらゆる臓器や症状をサポートする、

サポートチンクチャーが発売されています。

 

暗号のようで何にいいのかわからないと思うので、

気になる方はお近くのホメオパスにご相談ください^^

 

ペットボトルの水に、

大人は10滴~20滴、

子供は5~10滴入れて、

一日かけてチビチビ飲みます。

 

 

ホメオパシーを使う人にとっても、

ガンで困っている人にも、

このことは貴重な情報かなと思い、

また自分の記録用にも、

まとめて書いておきました。

 

父の末期ガンや、

それにまつわるお話は、

私の著書の中で書いています。

 

骨盤内臓器全摘の手術を断り、

恩師・寅子先生の相談会を受け、

ガンになった原因がわかり、

私と色々な話をし、

亡くなった父のことを第4章で書いています。

 

ぜひお読みください!

泣けるよ。(涙)

 

 

『すべてのアトピーチャイルドの輝』(展望社)工藤聖子著

image

 

またこの本をテキストとし、

アトピーとホメオパシーについて深く知るための、

メール講座も5月に配信します!

 

豊受クリニック院長・高野弘之医師監修
『なぜ脱ステロイドだけじゃうまくいかないの?
がわかるアトピー肌を乗り越える実践30日間講座』

 

ぜひこの機会に合わせて読んでね♪

 

image

(左:私、右:高野医師)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。