「これ、いつか本になる予感!」魔女たちの予言No.2

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町

オメオパティアの工藤聖子です。

 

今日から、

第3期『ゼロから学んでセルフケアを身につける!

ホメオパシー3ヶ月フルサポート講座』

が始まりました!

今回は、

北は青森、

南は九州から、

ご参加いただいております。

 

これからスタッフ5名で、

みなさんがしっかりセルフケアを身につけられるよう、

しっかりサポートしていきますよ!

 

どうぞよろしくお願い致します^^

 

さて、昨日の

『次は出版パーティーだね』魔女たちの予言No.1

に続き、

魔女たちの予言No.2です。

 

 

ちょうど1年前の今頃、

父の末期ガンがわかり、

私は父の経緯や様子をノートにまとめようと、

『父のガン日記』というノートを作り↓

 

その写真をFacebookに、

投稿をしました↓

 

{57A152AA-EA96-4190-A496-7349D4478076:01}

 

 

その投稿を見た、

 

神戸のカリスマホメオパス・奥敬子さんから、

こんなメッセージが来ました。

 
{8C3E75CE-0B85-4A61-AB4D-E59682FAE56D:01}
 
 
「さとこちゃんのお父さんのガン日記の投稿みて、
ビビッときたので伝えておく!
これ、いつか本になる予感。
そんな未来がみえたよ。
そのつもりで日記書いて~^^
てことはお父さんがガン克服することが
前提として潜在的に強化されるはず!
応援してるよ~!!」
 
私はこの奥ホメオパスからのメッセージが嬉しくて、
心の支えにしていました。
 
それは、
「父はガンを克服できるはず!」
という意味で。
 
しかし、
その願いは届かず、
その3ヶ月後の4月、
父は他界しました。
 
その時は正直、
「ダメだった・・・
本にはならないわ・・・」
そんなふうに思っていました。
 
 
しかし、
その半年後、突然と、
思いもしない形で、
本の出版が決まります。
 
 
私は当初、
アトピーや
ホメオパシーのことだけを
書くつもりでいました。
 
しかし、
私は本を書いていく中で、
「父のことを書いたほうがいいのではないか?」
という気持ちがわいてきました。
 
それは、
アトピーとはなにか?
どうすれば治るのか?
ということ以上に、
 
人はなぜ病気になるのか?
どういう生き方をしていると病気になるのか?
病気は私達に何を教えてくれるのか?
生きることとは?
死ぬとは?
幸せとは?
ということも、
伝えたいと思ったからです。
 
私は父のガンや死の前は、
正直に言えば、
「ホメオパシーは西洋医学に勝る!」
「薬をとってはならない!」
そんなふうに思っていました。
 
しかし、
父のガンを通して、
「ホメオパシーも、
西洋医学も、
どちらもなくてはならない医療であり、
薬も人を救ってくれるありがたいものである!」
と心から思えるようになりました。
 
私はこの本で、
あらゆる人も、あらゆるものも、
それぞれに正しくて、
間違ってはいない!
 
それぞれの選択は自由であり、
それぞれの選択は正しい!
 
それぞれの違いを認め、
尊重し合えることが大事!ということを、
伝えたいと思っています。
 
それを伝える上で、
父のガンと死を体験したこと、
父が変わっていった様子、
私が体験し、わかったことを書きたいと思い、
本の第4章に書いています。
 
 
そしてそのことを思い始めてから、
ふと、
奥ホメオパスのメッセージを思い出したのです。
 
「これ、いつか本になる予感!」
 
 
まさに、その通りでした。
 
まさか、
奥ホメオパスの予感が的中するとは!
 
まさか、
こんなにも早く本という形になるとは!
 
 
私のまわりには未来を言い当てる、
魔女がたくさんいるんですよ^^
 
image
 
そんな奥ホメオパスが、
ナビゲーターを務めてくれる
出版パーティーが、
1月15日東京であります。
 
なぜこんなにも早く、
私の夢が実現できたのか?
それにはある秘訣があるのです!!
 
それを奥ホメオパスが、
とてもわかりやすく解説してくれますよ!
 
自分の夢を実現させたい!
そんな方にも、
オススメのパーティーです☆
 

 

 

 

【1月15日全国発売!】
『ある母親の提案
すべてのアトピーチャイルドの輝(ひかり)
アトピーが私たちに教えてくれること』(展望社)
著者・工藤聖子

序章 アトピーの原因と対策がわかる7つのお話

第1章 私のアトピー体験談

第2章 ホメオパシーってなに?

第3章 アトピーってなに?

第4章 アトピーが私たちに教えてくれること

 

ぜひ本をお手に取ってください☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。