「次は出版パーティーだね」魔女たちの予言No.1

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町

オメオパティアの工藤聖子です。

 

昨年の10月、

私がホメオパシーセンターを立ち上げ、

3周年を記念して、

ランチ会を行いました。

 

そのときの写真がこちら↓

image

 

このときの写真を見た、

歯科衛生士&ホメオパスのいぐちかおりから、

こんなメッセージをもらいました。

 

 
{798272F8-D592-45AE-AFC0-19603E857A72:01}

 

いぐち:「次は、出版パーティーだね」

 

私:「出版パーティーやりたいわー」

 

いぐち:「うん!うん!やりなよ~」

 

 

10月初旬のことです。

 

「出版パーティーやりたいわー」

なんて言っていた私ですが、

 

しかし、本当は、

「本を出したいけれど、

それはまだまだ先の話で、

とっても難しい夢の夢だな~。」

 

そんなふうに思っていました。

 

私の知名度もあまりに低いし、

ブログのアクセスも二桁は足りない。

 

そもそもホメオパシーは“放送禁止用語”と言われていて、

一般の出版社がホメオパシーの本を出してくれるなんて、

考えられないのです。

 

 

しかしこのたった3週間後、

本の出版が決まるのです。

しかも突然!!

 

 

いぐちかおりは、

2ヶ月先まで指名の予約が入るという、

伝説の歯科衛生士。

 

患者さんの心の声を聞いて、

丁寧に対応しくれるので、

患者さんが、

「いぐちさんについてほしい!」

と熱望される人気っぷり。

 

その伝説っぷりには、

いつもいつもただただ驚くばかり。

 

患者さんの、

「寒い!」という心の声が聞こえて、

ブランケットをかけてあげたら、

 

「さっきブランケットかけてくれたの誰ですか?

寒いな~と思った瞬間にかけてくれて、

びっくりしました。

次からあの人に担当してもらいたい!」

と患者さんが言うとかね。

image

 

そんないぐちの「次は出版パーティーだね」という言葉が、

この出版という奇跡を引き寄せてくれたのだと思います^^

ありがとう、かおりちゃん♡

 

そんないぐちが、

「出版を本気でお祝いしたい!」と、

超豪華な出版パーティーを準備してくれることになりました!

 

出版パーティーでは、

同じく“魔女の予言”をしていた、

神戸のカリスマホメオパス・奥敬子さんが、

ナビゲーターとして、

 

なぜこのスピードで、

奇跡の出版ができることになったのか?

ということを解説してくれます。

 

奥ホメオパスの魔女の予言と、

解説の一部はまたブログでお伝えしますね♪

 

【終了しました!】

 

みなさんのご参加、

心よりお待ちしております!

 

この3人がそろうイベントはまずないですよ~!

{6CCC4FAE-1F90-461A-9858-5FE83F168666:01}

左から、いぐちかおり、奥ホメオパス、私工藤

 

 

【1月15日全国発売!】
『ある母親の提案
すべてのアトピーチャイルドの輝(ひかり)
アトピーが私たちに教えてくれること』(展望社)
著者・工藤聖子

どんなに病院を回っても、
どんなに薬を塗っても、
決して治らない手の湿疹を抱え、
痒くて眠れない日々を過ごし、
もう一生この辛さと付き合っていくしかないんだと諦めていた、
あの頃の自分と同じように、

アトピーに悩み、苦しみ、
その原因も解決策もわからず途方に暮れ、
痒くて眠れない夜を過ごす方、
そんなお子さんを持つお母さん方に、
少しでも希望を持っていただければと
強く願っています。

― 「はじめに」より

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。