頭痛が教えてくれた私のインナーチャイルド

日本ホメオパシーセンター『オメオパティア』の
工藤聖子です。

 

私は小さな頃から、

鼻が悪く、

中学生の頃に、

“慢性副鼻腔炎”と診断されていました。

 

いわゆる”蓄膿症”です。

 

鼻の奥に、

たくさんの膿が溜まっているので、

風邪を引く度に、

そこが病み、

頭痛がしていました。

 

そして、

その度に病院で薬をもらっていました。

 

しかし、

ホメオパシーに出会ってから、

「症状は出し切らないと治らない!」

そうわかった私は、

 

風邪の度にやってくる頭痛を、

なんとかレメディーを取ってやり過ごしていました。

 

だけど・・・

 

ホメオパシーを始めて、

皮膚症状はどんどん良くなっていったのに、

この頭痛だけはいっこうに良くなりません。

 

そのうち私は、

「これってもしかしてインナーチャイルド?」と

考えるようになりました。

 

 

この頭痛は、

孫悟空のわっかのように、

頭を締め付ける痛みです。

 

そして、

「頭を締め付けるこの痛みは、

私の能力を自分自身で制限しているのかな?」

と思い至りました。

 

「私はできない・・・」

「私には才能がない・・・」と。

 

{E4ACDB78-F52E-4EAA-87E5-AD7DE62C302A:01}

そう気がついた私は、

動けない布団の中で、

 

「さとちゃん!

さとちゃんを愛しているよ。

 

できなくても愛される。

優秀じゃなくても愛しているよ!」

 

と語りかけてみました。

 

すると、

不思議とどこからか、

 

「だって!出来る子が愛されるんでしょー!!!」

 

と、私のインナーチャイルドの叫び声が聞こえてきたのです。

 

もうビックリしました。

 

そんなふうに思っているインチャが、

私の中にいるなんて、

思ってもみなかったのです。

 

でもそのインチャの叫びを聞き、

私が小さい頃感じていたことを思い出しました。

 

私には4歳半年上の姉がいるのですが、

この姉は美人で頭が良く、

ピアノも特進クラスに入るほど上手。

 

それに比べ、

私はデブで、頭も冴えず、

ピアノも人並み以下だったので、

小さい頃から劣等感があったんですね。

 

そしてその劣等感をカバーするため、

一生懸命勉強して良い点をを取ることで、

自分の存在価値を示そうとしてきたのだと思います。

 

{ABDBF0B4-F16A-4E2A-BF15-2765B73039F4:01}

 

インナーチャイルドは、

自分では認識できない潜在意識に落っこちているので、

気づかないことが多いですが、

 

心が乱れたとき、

体調を崩したときなどは、

インチャに出会えるチャンスです。

 

そんな時は、

少し自分のインナーチャイルドを探ってみてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。