父の魂に出会った不思議な話

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町
オメオパティアの工藤聖子です。

先週土曜日は、
船橋市、千葉市、横浜市から5名様の相談会でした。
皆様いつもありがとうございます!

さて今日は、
ちょっと不思議な話をします。

私は先月あるセッションを受け、
4月に末期ガンで亡くなった父の魂に会ってきました。

父の魂に会いたいと思ってセッションを受けたのではなく、
いつも通りセッションをお願いしたら、
「じゃあお父さんの魂に会いにいきましょうか?」
「え??会えるの??」ということの運びだったわけですが。

(この話を信じるか信じないかは、
あなたに一任致します♪)

そこは、あたり一面ただただ真っ白の世界。

遠く遠く向こうに、
父が「おーい!」と手を振って立っています。

そしてそのあと、
また真っ白い世界に白いテーブルとイスがあって、
そこに私と父と二人で座りました。

私は驚きながらもまず最初に口から出たのは、
「お父さん、手術しなくて良かったの?」
という質問。

すると父は、
「そりゃあ、良かったさ。」と
答えてくれました。

そしてこんな会話をしました。

私:「私はこれから何をすればいい?」

父:「お父さんみたいに困っている人を助けていくんだよ。」

私:「そんなことできるかな・・・??」

父:「お父さんのこともできたんだから他の人もできるさ。」

私:「お父さんはこれから何をするの?」

父:「これから家族をサポートするよ。」

そして私は今父に会えたこの貴重な機会に、
一番聞きたいことはなんだろう??
と自分に問うてみました。

すると、
「お父さんは私を愛していた?」

この言葉が思い浮かび、
胸が張り裂けそうになり、
涙がボロボロとこぼれました。

私はこのことを確認したくて、
一生懸命、父の介護をしていたのかもしれません。

人は誰でも、親からただただ愛されたくて、
一生懸命生きています。

親から愛されるために、
仕事をがんばったり、
反発してすねてみたりするのです。

私の質問に対する、
父の答えはこうでした。

「もちろん。娘だもん、愛している。
そして信頼している。」

その言葉を聞いて、
生前の父のある言葉を思い出しました。

父の末期ガンがわかり、
治療方針について父と話し合っていたとき、
父はこんな言葉を口にしました。

「さとこはそれが一番と思うんでしょ?
じゃあそうする。」と。

しかし私の中で、
その選択は正しかったのか?
父は本当はどうしたかったのか?
その葛藤がいつまでもあったし、
亡くなったあとも後悔の気持ちがありました。

これは友達のホメオパスから指摘してもらったことですが、
父はガンに対し、
ホメオパシーを選択したのではなく、
私のことを信頼していたから、
私の提案を選択したのだと。

私がもし西洋医学や他の療法をすすめていたら、
父はそれを選択していたと。

つい2,3年前まで父は、
「さとこはまた宗教にはまったな・・・」
(一度もはまったことはありませんが笑)

「ホメオパスの資格なんてとっても、仕事はないよ。」

そう言っていた父が、
こんなふうに私を信頼してくれていたなんて、
本当にうれしかったです。

お友達からそう指摘を受けるまで、
全く自分では気づきもしないことでした。

自分のことってわからないものですね。

ホメオパスの仕事は、
精神的にも体力的にも大変で、
ついつい「もっと割のいい仕事がいいな~」
なんて思っていたこともあるのですが、

今回の父の件で、
私の恩師である由井寅子先生を始め、
多くの人に心から支えていただき、
改めて感じました。

やっぱり私は、
本当に困っている人の助けになる仕事がしたいと。

ちょっと逃げ腰になっていた私に、
身を持って進むべき道を示してくれた父に、
改めて感謝の想いです。

父の魂に会いに行くセッションをしてくれたのはこの方です↓

いつも心も体もお世話になっています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 
 
無料メールセミナー&メルマガ

 

日本ホメオパシーセンター船橋海神・オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

ホメオパシーでの改善例

【メニュー一覧】

【アクセス】

【お問い合わせ・お申込みフォーム】

~100%天然成分由来のオーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ

~日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町~
★オメオパティアのホームページ★

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。