生き方を変えない限り病気は治らない・・・

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町
オメオパティアの工藤聖子です。

今日は市川市から、
ご家族4人の相談会、
エッセンシャルコンサル&ヒーリングでした。

いつもブログをお読みいただき、
本当にありがとうございます^^

私が日々、
病気で悩みの方のお話を聞き、
思うことは、

病気を作った根底には、
その人の生き方・考え方があるということです。

自分は愛されない存在なんだと、
すごく自己卑下していたり、

私は頑張らなければ、
頑張って結果を出さなければ愛されないんだと、
体にムチを打っていたり、

多くの病気の原因は、
その人自身のインナーチャイルドにあります。

だから、
私の相談会では、
症状についてもよくお伺いし、
そこに対してレメディーもお出ししますが、

クライアントさんが、
生き方や考え方を変えていく、
インナーチャイルドを癒す、
そのお手伝いをすることを大事にしています。

だからクライアントさんが、
「気持ちが楽になりました。」
「生きやすくなりました。」
と言って下さるとき、
本当に良かったなと思うのです。

敬愛する恩師である由井寅子先生も、

「ホメオパシーのレメディーだけで、
症状を治していいのか?

クライアントの生き方が変わっていないのに、
インナーチャイルドが癒やされていないのに、
技術で病気だけを治してならない」

と問いただされます。

事実、
症状だけが落ち着き、
生き方・考え方が変わらず、
相談会を終えた方は、

残念ながら、
再び同じ症状を出し、
相談会に戻ってこられます・・・

1月末に大腸の末期ガンと診断された父も、
実はずっとレメディーを飲んでいました。

レメディーを飲んでいたがために、
幸いにも排泄器官にガンを集め、
他には転移していないという結果になったことはあるのですが、

父は、
薬の代わりにレメディーを取っていたのであって、
生き方・考え方を変えていくということはしていませんでした。

そして私も、
あえてそのことを父に話すことはなかったのです。

おそらくこんなことにならなければ、
父も聞く耳を持たなかっただろうし、
私も深く父と話し合うことを避けていたでしょう。

医師に末期ガンと宣告を受け、
私は父に、

「お父さん、
いくらレメディーを取っても、
生き方・考え方を変えなければ、
病気は治らないよ。」

とようやく伝えることができました。

そして父は、

「変えざるを得ない。。。」

と言いました。

そして今、
懸命に生き方を見つめ直しています。

札幌の実家の、
一番陽の当たらない部屋に、

書類を山積みにして、
カーテンも開けず、
狭いスペースに布団をひき、
その部屋から出られなかった父が、

遠く私の住む千葉に引っ越してくるというだけでも、
父にしたら人生の大転換だったと思います。

そして私も、

笑われてもいい、
ダメと思われてもいい、

負けることを認める、
自分を許す、

ということに取り組んでいます。

毎日本当に大変だけど、
私にとっても、
人生の大きな転換期になることは、
間違いないと思います・・・

父の末期ガンについては、
皆様大変ご心配いただき、
また関心もお寄せくださり、
ありがとうございます。

可能な限り、
正直に、
真実を、
これからも伝えていければと思っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 
無料メールセミナー&メルマガ
日本ホメオパシーセンター船橋海神・オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

ホメオパシーでの改善例

【メニュー一覧】

【アクセス】

【お問い合わせ・お申込みフォーム】

~100%天然成分由来のオーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ

~日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町~
★オメオパティアのホームページ★

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。