それでもガンはありがたい ~3・11に向けた母のスピーチ~

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町
オメオパティアの工藤聖子です。

先週父が緊急入院となり,
しばらくブログを更新できませんでした。

心配してくださった方もいらして,
すみませんでした・・・

今回は改めて,
病院のありがたさを実感しております。

命の危険があるとき、
薬や外科的処置ができる西洋医学は、
本当に大切でありがたいなと、
心から思いました。

そしてたまたま、
父が搬送された病院は,
とても親切に丁寧に、
そして真摯に対応してくださっています。

24時間365日、
病人をみてくださっている、
病院で働くすべての方々に、
頭が下がる想いです。

さらに今回の病院のおかげで,
父のガンの原発は膀胱ではなく,
大腸であることがわかりました。

また、
カテーテルを新しく太いものに変えてもらったりして,
少しずつ回復しています。

すぐにホメオパシーでも、
大腸がんに対する新しいレメディーを、
出してもらうことができたし、

父も体に話しかけること、
治るイメージをすることを実践してもらい、
驚くほどの体調の変化を見せています。

今朝は

「健康時と同じくらいの大きさの便が出た!」
と喜んでいました^^

(と言っても、

細い便だったので、
健康時から不健康だったと、
よくわかったのですが。。。)
 
今回の父の病気で,
私も家族も,
とても大きく変化し,
色々なことを学んでいます。

この緊急入院で、
私も一日一日、
父と会話できる時間のありがたさを知り、

今までなんとなく、
気恥ずかしかったり、
面倒だったりして、
触れてこなかったことも、

病室にいる父と,
深く話すことができました。

そして何より父は,
めざましく心の変化があり,

今まで酷使してきた身体に話しかけ、

労り、和解を心がけ、
治るイメージをするということに、
一生懸命取り組んでくれています。

そして、

家族が本気で本音で向き合うということを、
私たちは取り組みはじめています。

こんな時間を私たちに与えてくれたのは,
紛れもなく“ガン”です。

こんな状況にならなければ,
父も変わろうとしなかったし,

私も本気で,
父と向き合おうとは思いませんでした。

しかも,
簡単に切り取ってしまえるガンであれば,
手術をして終わり!
であって,
父も変わらなかったでしょう。

だからやっぱり,
手の施しようがないというこの極限の状況は、
起こるべくして起こっているのだと思います。

もし、
脳出血や心筋梗塞で、
一瞬にして命を落としていたら、

こんなチャンスは与えられなかったわけですから、
やっぱりガンは私たちにとってありがたい存在です。

先週の3・11。

母は一年前から計画していた,
被災地に桜並木を送ろうという,
チャリティーコンサートを,
札幌で行いました。

そこで,
こうスピーチしたそうです。

「私の夫は,
余命半年と宣告を受けました。

だから残された時間,
精一杯夫と向き合い,
別れの時間を共にしています。

しかし、
あの日津波で一瞬にして命を奪われた方々とその家族は、
別れを惜しむ間もありませんでした。

だからこうやって、
夫と過ごす時間をいただけたことに、
とても感謝しています。」

と。

私はまだまだ、
浅はかな自分を責めたり、
ふがいない自分を腹立たしく思ったり、
父の病状を怖れたり,
先々が不安になって涙があふれる日もあるけど,

それでも,
このガンはありがたい。

本当に心から,
そう思っています。

一日一日、

小さなことに喜びを感じ、
命があることに幸せを感じています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 
無料メールセミナー&メルマガ
日本ホメオパシーセンター船橋海神・オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

ホメオパシーでの改善例

【メニュー一覧】

【アクセス】

【お問い合わせ・お申込みフォーム】

~100%天然成分由来のオーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ

~日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町~
★オメオパティアのホームページ★

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。