1日1200人の患者さんが訪れるホメオパシークリニック

オメオパティアの工藤聖子です。

今日はインド、
コルカタ(カルカッタ)で、

1日1200人以上の、
患者さんが訪れる、

バナジー親子の、
ホメオパシー病院を、
訪れました。

患者さんは、
世界中から、
電話、FAX、メール、手紙で、
診断をあおぎます。

バナジー親子は、
独自のやり方で、

診断に基づいて、
病名に対して、
レメディーを出します。

得意なのは、
特に、
癌と脳腫瘍。

インドでは、
この方法を
タブー視して、
批判が集まることが多いけど、

これだけ人が来るってことは、
治るから。

最近では
西洋医学のお医者さんも、
癌の人に、
バナジーさんを、
紹介するらしいです。

ちゃっかり、
バナジーさんの、
診断室で↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。