デリーからコルカタへ、マザーテレサの『死を待つ人の家』

オメオパティアの工藤聖子です。

ワールドカンファレンスを終え、
一行は、
コルカタへ。

デリーとまたちょっと違う雰囲気かな。

マザーテレサの、
死を待つ人の家など訪問。

胸が詰まる想いです。

マザーテレサの、
「貧しい人こそ、
たくさんのことを、
教えてくれる」

という言葉が印象的でした。

同情とかではなく、
あくまでも、
対等な立場で、
人々に触れ合っていたのだと、
思います。

ただただ謙虚に。。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。