インド政府のホメオパシー機関にご招待

オメオパティアの工藤聖子です。

2日目の午後は、
インド政府の、
ホメオパシーなど自然療法を
管轄する、
AYUSH省に招待され、
ランチと、
ミーティング。

ランチは期待はずれだったけど(笑)。

寅子先生の症例に対し、
「レメディーを出しすぎでは?」
という質問があがり、
ドキドキしちゃった。。。

ホメオパシーには、
色々な方法論の違いがあり、
もめることもあったりして。

患者さんが、
元気になるのが、
一番大切だと思うんだけどね。

今日から
ワールドカンファレンス。

また詳しくお伝えします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。