インドで行われる国際学会で発表します!

オメオパティアの工藤聖子です。

今日は嬉しいお知らせがあります。
私にとって(笑)

わたくし,

今月末にインドで行われる,
日印ワールド・ホメオパシー・カンファレンス(国際学会)で,
発表することになりました!!

もう本当にびっくりです!!

7年前に私がホメオパシーを始めたときには,
こんな日が来るなんて,
夢にも思わなかったのです。

インドは,
ホメオパシー,アーユルヴェーダ,西洋医学が,
第1医学とされ,
お医者さんになるには,
このうちのひとつを学びます。

あのガンジーが、
ホメオパシーを第一医学にしたのですね。

そしてインドにはホメオパスが,
30万人もいて,
なんと美容師の数より多いそうです。
日本では考えられないですね。。。

そんなホメオパシー大国・インドで行われる,
今回のホメオパシー・ワールドカンファレンス。

・WHO東南アジア技官
・ホメオパシー研究中央委員会(CCRH)の長官
・クラシカル・ホメオパシーの大家

 

など、
もう錚々たる,
ホメオパスの先生が講演する同じ舞台に,

一日本人ホメオパスとして,
立たせていただけることと
なりました。

発表の内容は,

『難治性疾患である掌蹠膿疱症が
1年で改善したケース』

です。

これは一昨年(2013年)日本で行われた,
JPHMAの学術大会(コングレス)でも,
発表したものです。

実は2年連続(2013年・2014年)で,
学術大会で発表させていただいています。

『災害を乗り越えた福島の母子のケース』

今回のインドでの発表は,
英訳もある関係で,
すでにスピーチの内容を固めるため,
日々格闘しております。

そして原稿が出来上がってくると,
緊張感も増してきます。

「ん~逃げ出したい~」
なんて考えが,
頭をよぎります。。。

去年の様子もわかる,
ワールドカンファレンスの特設サイト★

インドのホメオパスはね、
みんなお医者さんです。

だけど、
日本のホメオパスは、
ほとんどが普通の人。
(学校でしっかり病理や解剖学は学ぶけど)

私ももちろん、
普通の人。

だから、
私が今回インドで発表するお役目は、

7年前に、
ホメオパシーの一患者であった“ふつうの私”が、
ホメオパスとなり、

由井学長が開発した、
三次元処方(Zenメソッド)を使うことによって、

多くのクライアントさんを、
改善に導くことができる、

そう世界の方に知っていただくこと
だと考えています。

日本にホメオパシーが入ってきたのは、
たったの20年前だけど、

由井学長のおかげで、
今や日本は
“ホメオパシー先進国”
です。

世界のホメオパスが、
Zenメソッドを知りたがっている!!

微力ながら

協会からのご指名ですので、
全力で頑張ろうと思っています。

ちょっと英語も勉強中(笑)

そんなわけで、
2月23日~3月8日まで、
オメオパティアは休業です。

その前後は、
相談会も混み合いますので、
ご予約はお早目にどうぞ☆

とらのこ会員の方は、
今回のインドへのツアーに参加できます。

私は行けないけど、
インドのあとは、
みんなでブータンに行って、

国王に謁見するらしいですよ!!

今ならまだ間に合うかも。

一緒にインドに行ってみませんか^^??

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

オメオパティアの最新情報!

2月6日(金) 船橋
『ホメオパシーお茶会』

4月12日(日) 船橋
片桐ホメオパスの講演会

 

大好評配信中!無料のメールセミナー

 

オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシーとは?

【ホメオパシーでの改善例 】

【メニュー一覧】

【アクセス】

お問合せ・お申込はこちらをクリック

~オーガニックのクリームや化粧品販売中!~
★オメオパティアショップ ★

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。