“隣の海は波が高い”

先日のハワイ旅行でこんなことがありました。

家族3人でワイキキビーチに出かけ,
夫と息子が二人で海で遊び始めました。

(写真はラニカイビーチ)

ほどなくして二人が戻ってきて,
「ここは波がほとんどない。
あっちの海が高そうだから移動する。」
と言います。

そこで一度広げた荷物をまとめ,移動しました。

移動した先の海で遊び始めた二人は,
またほどなくして,

「ここは波が低い。
あっちの海が高そうだから移動する。」

ということでまたまた移動。

移動を何度か繰り返し,
出た結論。

“隣の芝生は青い”
ではなく,

“隣の海の波は高い”(笑)

でした。

結局隣から見れば波は高そうに見えても,
実際行ってみると,さっきの波となんら変わらなかったのです。

数年前まで,私はほんとにコレでした。

あの人を見ては羨ましく,
その人を見ては羨ましく,
誰を見ても羨ましく,
自分はなにもないと思っていた。

しかしあるとき,
これが私に与えられた最高の環境であり,課題なんだ!

と気づいてから,
人を羨むことがなくなり,
気持ちも楽になりました。

でも,高い波を求め,右往左往するその行程も
必要なのでしょう。
きっとその先に何かがわかるのだと思います。

みなさんはどうですか??

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。