実は23歳で1回目の起業しました③【ひらめき編・最終回】

日本ホメオパシーセンター船橋海神

オメオパティアの

工藤 さとこです。

 

『実は23歳で1回目の起業しました①【きっかけ編】』

『実は23歳で1回目の起業しました②【危機編】』

のシリーズ最終回です!

と,その前に完全に余談ですが,

私が取材を受けた雑誌CLUEをひっくり返してみると,

なんと裏表紙は,


大泉洋さんでした。

9年前だから,まだ北海道だけのスターだった頃かな??

今はすごいご活躍ですよね!!

縁起がいい,ということにしておきます^^

さてさて本題。

せっかく軌道に乗ってきた,自分で経営するイタリア語教室。

しかし,すぐに最大の危機がやってきました。

それは,教室のすぐ近くでなんとイタリア人がイタリア語を教え始めてしまったのです。

しかもイケメン。

「これはもう絶対絶命!」

悶々として眠れない夜が続いたのですが,

ある夜,

突然,

あることをひらめきました!

そのヒントとなったのは,私がイタリアで通っていたイタリア語の学校のシステムでした。

その学校では,一日の授業が文法のパートと会話のパートに分かれていて,

それぞれ違う先生が担当して下さっていました。

そこから考えついた私のアイデアとは・・・

① 1週目は私がイタリア語の文法を日本語で教える。

② その次の週は1週目で勉強した文法を用い,イタリア人がイタリア語で会話を教える。

③ 3週目以降も,①と②を繰り返す

そうやって文法も会話も学び,
イタリア人と会話ができるようになることを目指す教室

というものでした。

イタリア語は,英語に比べ文法が複雑です。

動詞は1人称・2人称・3人称,そしてその単数・複数と変化します。

さらに現在・近過去・未来形・間接法・命令形など,

1つの動詞が無数に変化します。

そして,単語はすべて男性名詞・女性名詞に分かれ,

その単語にかかる冠詞・形容詞などが変化していくのです。

この複雑な文法のため,イタリア語の習得を諦めてしまう人も少なくありません。

ましてそれをイタリア語で説明されても訳がわからないし,

それを上手に日本語で説明できるイタリア人も,札幌にはほとんどいませんでした。

なので,

日本人が日本語で文法

イタリア人がイタリア語で会話

というスタイルは,イタリア語習得にうってつけだったのです!

(さらに隔週で講師は休めるという,おまけつき!)

それからこのイケメンイタリア人を口説き落とし,

(あっ変な意味じゃなくて・・・)

二人で始めたのが,『イタリア語スクール ラパローラ』

という教室でした。

これがまあ,大当たり!!??

かどうかはわかりませんが,

そのうち生徒さんはどんどん増え,

3年後には,毎週通って下さる生徒さんが50人を超えるほど,

教室は大きくなっていました。

(5年の間で100名以上の生徒さんに来ていただきました。)

今,振り返ってみて思うことは,

最大のピンチは最大のチャンス

だったってことですね^^

(後半,教室で働いてくれていたイタリア人女性(マニュエラ)↑,

雑誌CLUEより)

その他,イタリア人の講師には,最初のうちは生徒一人につき歩合でお給料を払う,

(←イケメン君,どんどん生徒連れてきました(笑))

イタリアに関するイベントや先生を囲んでお食事会をする,

イタリアにまつわる本やCDは無料で貸し出すなど,

色々な工夫をこらすということもしましたよ。

東京の教室と比べるとずっと規模は小さいですが,

それでも札幌では,その当時最も大きなイタリア語教室でした。

(って,その当時は他にほとんどイタリア語教室もなかったんだけどね><)

リクルートの方(けいことまなぶ担当)には,

「さとこさんが今までで一番最小の広告費で,最大限の人を集めました」と

おっしゃっていただきましたv

お金をかけず,効果を出すっていうのが私の得意分野かもしれません(笑)

(ただのケチともいいます・・・)

もちろん授業の質にも自信はありました。

「他でイタリア人の授業を受けたけど,こことは雲泥の差」と言って下さった方もいますし,

講師をやめて6年以上も経つのに,

「やっぱりさとこ先生の授業がわかりやすかったので,

また機会があれば教えてほしい」

と先日,以前の生徒さんからお声をかけていただきました^^

嬉しい限りです!ありがとうございます!

そして生徒さんとの信頼関係もしっかり築けていたと,

勝手に自分では思っています・・・^^;

結婚するとみなさんに伝えたとき,

各クラスの方々が,毎晩のように結婚のお祝いの席を設けてくださいましたし,

花束も20個近くいただきました。

本当にありがたいことだと,今でも思っています。

結婚して札幌を離れるため,教室は知人に譲ることとなりましたが,

それでも20代にイタリア語教室経営で身に着けたことは,今とても役立っています。

個人事業主のやり方,

セミナーの開き方,

広告やHPのこと,

お客様への対応,

あげるとキリがありません。

今はホメオパシーセンターと中身は変わったけれど,

大枠は以前と同じ。

でもこの中身がとってもやっかいなので,

イタリア語のときよりも,数倍・数十倍は努力しなくてはいけないと思っています。

だから,今は試行錯誤の真っただ中にいるわけであります。

ご存じの方も多いと思いますが,

ホメオパシーは4年前の大々的なバッシングで,大きな打撃を受け,

ショップ・学校もどんどん規模を縮小しています。

各ホメオパシーセンターも,一部のセンターは成功していますが,

残念ながら,他に仕事をしなくては成り立たないところがほとんどです。

ホメオパシーそのものが,

最大のピンチ

の渦中にあるということです。

だけど,私はこのピンチをチャンスにできないかな~と思い,

模索の日々を続けております。

少しでもお客様が増え,

ホメオパシーでも仕事が成り立つというケースひとつでもふたつでもできれば,

自然と学校の生徒さんも増え,

そうすれば自然とホメオパシーもまた広がっていくのでは,

なんて考えたりもしますです。

「よくやるね」 「頑張ってるね」と,声をかけていただくことが多いですが,

今はスタート地点に立ったばかりなので,それも仕方ないし,

私はその試行錯誤自体を楽しんでやっているという感じです。

妄想もしながら^^(←これ大事)

そして何より私はホメオパシーが好きで,

ホメオパスであることを誇りに思っているんです!

クライアントさんが自分らしく変わっていく様子を間近で見られることが嬉しいし,

何より単純に楽しいのです!

そんなことで,幸い,私の話を聴いてみたいという方もいらっしゃるので,

私の経験や失敗談をシェアしてみようかなと思っております。

気になる方は直接お声おかけください。(告知はしない予定です・・・)

これで私の“1回目の起業話”は終わりです。

長い間お付き合いいただき,そしてたくさんメッセージもいただき,

皆様,ありがとうございました!

 

7月13日(日) 13:00~16:00

片桐 航ホメオパス 特別セミナー

『子供のためのホメオパシー』

 

8月20日(水)  18:30~20:30   @札幌

高輪クリニック 主任歯科衛生士 井口香織先生

『あなたのお口が教えてくれるインナーチャイルド』

※ 受け付けは7月16日から!

 

8月26日(火)  10:00~12:00  @札幌

『子供はどうしてすぐ病気になるの?

アトピー・喘息・アレルギーの原因と対処法』(仮題)

※ 詳細は近日中に公開します!

 

日本ホメオパシーセンター船橋海神・オメオパティアでは,
皆様の体と心の健康をサポートしています!

ホメオパシー健康相談会の改善例

お問い合わせ・お申込みはこちら★

オメオパティアのHPはこちら

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。