「より良い相談会・セッションを提供したい!」社内研修会を行いました

工藤聖子(さとこ)です。

 

昨日は、
『オメオパティア』のホメオパス、セラピスト、
事務局、経理担当などのメンバーが顔を合わせ、
社内の研修会を行いました。

 

 

名古屋、神戸のスタッフは、
ZOOMを使ってオンライン参加^^

 

『オメオパティア』は、
2018年の初めには、
3名だったスタッフが、
現在8名と急激に増えました。

 

それに伴い、
細かいルール作りやシステム作りをするのが急務となり、
これまで事務局長の佐野を中心に、
膨大な時間をかけて、
『仕組み作り』に取り組んで参りました。

 

いざ、大所帯となってみると、
思いがけない事態がたくさんあり、
さらにホメオパシー業界初の取り組みでもあるため、
モデルケースもなく、
試行錯誤の連続でした・・・

(その間、クライアント様には、
ご迷惑もおかけすることもあったと思います。
ご理解・ご協力ありがとうございました。)

 

そして、1年かけて行ってきた『仕組み作り』も、
ようやくひと段落。

 

ホッと一息・・・

 

というところで、
今度は更なる大問題が発生してしまいました。

 

『2010年以来の、
大規模なホメオパシーバッシングが、
また始まるかもしれない!』

 

この問題は、
私たちホメオパスが仕事を続ける上で、
とても大きな死活問題なのです。

 

私たちはすぐにみんなでミーティングを行い、
今後の対応や対策を考えてきました。

 

私も落ち込んだり、迷ったり、悩んだり。

でも、そうは言ってられないと、
色々な所に足を運んだり、
本を読んだりして、
色々と学びました。

 

そして、たどり着いたのは、
どんなにバッシングを受けても、
ホメオパシーの普及を阻止されても、

今、目の前にいるクライアントさん一人一人を、
大切にお迎えし、
より良い相談会やセッションを提供し、
皆さんに喜んでいただきたい!

それが、
巨大な力には到底叶わないけれど、
小さな私たちに今できる精一杯のことだと、
思うに至りました。

 

そこで急遽ほぼ全ての『オメオパティア』メンバーが集い、
より質の高い相談会やセッションを行うための、
研修会を行うことになったのです。

 

研修会では、
私が2010年に間近で見たホメオパシーバッシングのこと、
その後の私の取り組み、
会社を創設した想いをお話しました。

 

そして、相談会を受けた方の感想を聞いたり、
実際のケースなどをお話ししながら、

より良い相談会やセッションを提供するために、
私たちができることを、
みんなで共有していきました。

メンバーからは、
「このような場があって良かった」
「みんなの気持ちが共有できて良かった」
など声が上がっていました。

 

 

私たちは、
東京、千葉、埼玉、愛知、神戸と、
それぞれに活動しています。

毎日細かく連絡は取り合ってはいますが、
顔を合わせる機会があまりないので、
その点も良かったかな♡

 

私たちはみんな、
それぞれが、
ホメオパシーやインチャ癒しで、
病気や悩みを乗り越えてきました。

そんなホメオパシーやインチャ癒しの良さを、
一人でも多くの人に知ってもらい、
同じように悩む方の手伝いがしたいと、
とても高いモチベーションで仕事をしています。

 

その想いを、
より良い形として、
皆様にご提供できるよう、

今後も定期的に、
このような研修会を、
続けていきます。

 

ホメオパス、セラピスト、事務局間の連携も、
しっかり行っていきますし、
個々のケースについて、
私もサポートしていくつもりです。

体のこと、
心のことでお困りでしたら、
ぜひ安心して私たちにご相談くださいね。

 

ホメオパシー健康相談会や、
インナーチャイルドセッションの予約は、
全てネットで行えるようになりました。

 

支払いも、
Paypalを利用したクレジット決済が可能です。

また、相談会やセッションの約半数以上の方が、
zoom(オンライン通信システム)を利用し、
北海道から沖縄、海外と、
全国、世界からご利用いただいております。

「どこで、誰の相談会を受けたらいいのかわからない。。。」

とお悩みの方は、
ぜひ『オメオパティア』に、
ご相談くださいね!

 

体の症状でお困りの方は↓
【ホメオパシー健康相談会】

心のことでお困りの方は↓
【インナーチャイルドセッション】

体・心の両方からアプローチしたい方は↓
【相談会×インチャ癒し6ヶ月コース】

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京千駄ヶ谷・千葉船橋本町・名古屋金山)
代表 工藤聖子

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。