お子さんのPTSDに合うホメオパシーのレメディーと心のケア

工藤聖子(さとこ)です。

今日、
小さな子どもたちが犠牲になる、
とても悲しい事件がありました。

亡くなった小学校6年生のお子さんと、
同じ学年の子を持つ親として、
本当にいたたまれない想いです。

心より御冥福をお祈りいたします。

 

事件に関係した方はもちろん、
近くにお住いの方や、
テレビでニュースを見た方も、
大きなショックを受けていることと思います。

うちの息子も、
「少し怖い」と言っています。

 

とても小さな犯罪ながら、
私も一度巻き込まれたことがあり、
その後しばらく、
同じような場面で、
恐怖を拭うことができませんでした。

 

事件に限らず、
何か大きなショックがあった時のお子さんへの対応を、
ホメオパスとして書いておこうと思います。

まず大事なことは、
恐怖、恐れといった感情を誤魔化したり、
他のことで紛らわせたり、
抑えたりしないこと。

「怖い。」

「恐ろしい。」

どんな気持ちでもいいので、
しっかり感情を出し切るようにしてあげてください。

 

「そんなこと考えなくていいの。」とか、

「いつまでも泣かないの。」などの言葉は、
感情にフタをしてしまうことになるので、
気をつけましょう。

 

そして、次に大事なことは、
お子さんの気持ちに共感してあげること。

「そうか。
そんなに怖かったんだね。」

「そうだね。恐ろしいよね。」

と、お子さんの気持ちを、
肯定してあげてください。

「いや、そうじゃないでしょ。」などと、
否定せず、
気持ちを理解し、
寄り添ってくれることで、
子どもはとても安心感を得ることができます。

 

ホメオパスとして、
たくさんの病気を抱えた方をみていて感じていますが、

親に本当の気持ちを理解してもらえなかったということが、
「愛されていない」という疑いとなり、
やがて症状を作っていきます。

親が子どもの気持ちを理解してあげることが、
子どもの「愛されている」という安心感につながり、
心も安定し、
体も健康になっていきます。

そして、ホメオパシーではトラウマに対するレメディーもあります。

強いショックを受けた直後は、
朝、昼、晩と1日3回1粒ずつとり、
その後も様子を見ながら、
夜に1粒を続けても良いでしょう。

レメディーは時空を超えて、
作用してくれるので、
最近起こったことだけではなく、
過去にあったトラウマに対しても、
お使いいただけますよ。

 

精神面のサポートは、
ホメオパシーが得意とするところです。

精神的なショックに対しても、
ホメオパシーはとても力を発揮してくれますので、
ぜひご活用ください。

 

もし、今回の事件に関係している方で、
ご相談がある場合は、
対応させていただきますので、
どうぞお問い合わせくださいませ。

info@omeopatia.tokyo

 

このような痛ましい事件が、
少しでも減るように、
防犯対策はもちろんですが、

犯罪者を生み出さない社会にしていくことも、
大きな課題ではないでしょうか?

それにはお母さん一人一人が、
まずは自分自身に愛情を持つことが何よりも大切です。

そしてその愛情を子どもに注ぐことで、
愛を受けた子どもたちが育ち、
やがて社会が変わっていくよう、

誠に微力ながら、
『一隅を照らす』という想いで、
今後も活動できたらと、
心より思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

『オメオパティア』
(日本ホメオパシーセンター東京千駄ヶ谷・千葉船橋本町)
代表 工藤聖子

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。